睡眠不足の影響~体にどんな悪影響が起こるの?



日本人の睡眠時間の短さは、世界でもトップクラス

suimin

日本人の睡眠時間は、NHKの
国民生活時間調査(2010年)によると、
平日では7時間14分で、
 
 
中年世代の40~50歳になると
さらに短くなり6時間台だそうです。
 
 
この睡眠時間は、世界の中で
韓国に次いで2番目に短いのです。
 
 
現代社会では24時間営業している店舗も少なくなく、
その影響で深夜も働いている人々が増加してきましたね。
 
 
あなたもそんな一人ではありませんか?
仕事が忙しいからといって睡眠不足になっていませんか?
 
 
睡眠不足が習慣化してくると
身体に様々なトラブルが発生してきます。
 
 
身体にどのような変化が起こるのかを調べてみました。

スポンサーリンク
   
 

睡眠不足による体への影響

睡眠不足の体への影響を知っておくことで、
睡眠不足になった時にすぐに気づいて対応出来るようになります。
 
 
睡眠不足があなたに与える影響は以下のようなものがありますが、
人によって体に与える影響は違うので注意が必要です。
 
 
■睡眠不足が及ぼす影響

  • 思考力、記憶力が落ちる(頭の回転が鈍ってくる)
  • 居眠りをする(どうしようもない眠気に陥る)
  • 肌が荒れる(ホルモンバランスの崩れから)
  • 子供は成長が遅れる(生体時計がずれて悪影響)
  • 免疫力の低下で発病(体を回復する時間が減少)
  • うつ病になりやすくなる(心を回復させる時間が減少)
  • 吐き気、頭痛などの体調不良
  • 些細なことで怒りやすくなる
  • 口臭が強くなる
  • 太りやすくなる

 

一番怖いのは、
死亡率高くなることです!
 
 
4時間睡眠の人は
7~8時間睡眠の3倍の死亡率
 
 
さらに、睡眠不足が体に及ぼす影響には様々なものがあり、
病気怪我だけでなく、注意力散漫によって交通事故などを
起こした場合、他人の命まで危険を及ぼしてしまいます。
 
 
もし、あなたが以上のような睡眠不足による体への影響を感じたら、
どのように解消すればよいのでしょうか?
 
 

睡眠不足を解消する方法

 
質の高い深い睡眠をとる
 
睡眠不足の解消といっても、仕事が忙しい人などの
時間が限られている人にとって睡眠時間を
増やすことは難しいですよね。
 
 
だったら、睡眠の質
高めてみてはいかがでしょうか?
 
 
寝る前に緑茶コーヒー紅茶などは飲んでは駄目ですよ!
寝る前にカフェインを摂ると神経を刺激してしまいますからね。
 
 
飲むなら、睡眠に効果のある
ハーブティーが良いです。
 
 


適度な運動をする
 
会社などで座ってばかりいて、
運動不足になっていませんか?
 
 
運動不足が睡眠不足の
原因なることだってあります。
 
 
運動することで、
ストレス解消にもなりますよ。
 
 


眠くなるまで寝ない
 
無理に寝ようと布団に入っても
眠れないケースが殆どです。
 
 
無理に寝ようとしないで
眠くなったら布団に入って寝ましょう。
 
 
また、決まった時間に起きることによって
就寝時間になると眠くなります。
 
 


睡眠薬は服用しない
 
「どうしても」という方を除いては
睡眠薬はクセになってしまうので、
出来るだけ飲まないほうがいいでしょう。
 
 
心配事をなくし、リラックスした感情を
つくることを心がけましょう。
 
 
また、眠りを誘う
音楽を聴くのも良いですね。
 
 
睡眠不足に悩んでいる方は是非お試し下さいね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ