厄年の男性と女性 厄払いする時期は?


jinjiya2
 
厄年に行なわれる厄払いですが、
絶対しなければいけないのでしょうか?
 
厄年に厄払いをしなかったら「いろいろ悪いことが起きた」、
「厄払いしなかったけれど何もなかった」
いろいろいらっしゃるようです。
 
また、「厄払いは迷信」だと思われる人も多数います。
 
しかし、中には気になる人も多数いますよね。
 
気になるのなら、厄年の厄払いをやらなくて後悔するよりも、
きちんとしてすっきりしたいですよね。
 
今日は男性女性厄年厄払い時期や方法などを
詳しく調べましたのでご紹介します。
 

スポンサーリンク
   
 

厄年とは?

「厄」とは災いや苦しみのことで「厄年」とは字のとおり、
災い苦しみに遭う事が多いとされる年齢をいいます。
 
この厄年には「本厄」、「前厄(本厄の一つ前の年)」、
後厄(本厄の一つ後の年)」があります。
 
また、厄年の年齢は基本的には数え年で考えます。
 
数え年とは生まれた時の年を「1歳」として、
次の元日(1月1日)がくると2歳になります。
 
つまり、元日がくるたびに1歳増えるのです。
 
だから、数え年では同じ年の1月1日に生まれた人も、
12月31日に生まれた人も同じなのです。
 
だから、12月31日に生まれた人は、1月1日になると
数え年では2歳になります。
 

厄年の年齢

厄年の年齢は男性女性では異なり
それぞれ別にあります。

下記の厄年は本厄の年齢で、
厄年には先述のように前厄、本厄、後厄があります。

だから、本厄を挟んで前後各1年、
全部で3年注意が必要です。
 
男性の厄年

男性の厄年は一般的に
25歳42歳61歳とされてます。

特に42歳(シニ)は大厄と言われており、
最も注意が必要と言われている年齢です。

何といっても42歳は現在では働き盛り、
仕事や家庭において忙しい時期で
無理をしがちなので注意が必要です。

 
女性の厄年

女性の厄年は一般的に
19歳33歳37歳とされています。

特に女性は33歳(サンザン)は大厄
言われており、最も注意が必要な年齢です。

ちょうど33歳前後は子育てで大変忙しい時期で、
精神的にも体力的にも大変な思いをしている
女性多いので注意が必要です。

 

厄年の厄払いの時期は?

厄年厄払い時期ですが、
早く厄から逃れたい思う人が多いので、
初詣を兼ねて元旦などに厄払いを
してもらう人が、一番多いようです。
 
しかし、節分祭の時期にする方も多いです。
 
何故かというと、厄年の期間
神社仏閣によって違うからです。
(神社仏閣とは神社と寺のこと)
 
厄年の期間は数え年は生まれた年を1歳とし、
それから新しい年がくるたびに年齢が増えるので
年始~年末までの一年間になります。
 
年始をいつからとするかの解釈の相違により、
次のふたつに分かれるのです。
 
元日から大晦日までの一年間という解釈
 (1月1日~12月31日)

 一般的に多い解釈の期間です。

 有名なところでは明治神宮門戸厄神が、
 これにあたります。
 
立春から節分までの一年間
 (2月4日~来年の2月3日)

 有名なところでは大杉神社でしょうか。
 

厄年の厄払いの時期は行こうとする神社仏閣の
年始がいつにあたるのかを調べて、
その日以降、出来るだけ早いほうがいいですね。
 
年始が元旦なら、初詣を兼ねて、
年始が節分なら2月4日以降です。
 
どうしてもこの時期に厄払いを
しなければいけないということはありません。
 
しかし、厄年を迎える人の殆どが、
出来るだけ早く厄払いをしたいと思うのが
本音でしょうか。
 

厄払いをする場所は?

jinjiya

基本は自分の住んでいる地域の守り神で、
氏神様がある神社で行います。
 
でも、あなたが納得するのなら、どこの
神社仏閣などでも構いません。
 

厄払いの方法

 
厄払いの方法で一般的なのは、
神社お払いをしてもらう方法です。
 
しかし、人によっては神社でのお払いはせずに、
パワーストーンなどの厄除けのグッズを身につけたり、
お払い専門の方に頼まれたりする人もいるようです。
 
神社仏閣での厄払いですが、
どちらも年中受け付けられています。
 
yakubarai

初詣などの人が多い時期は、基本的に予約は不要ですが、
大きな規模の神社以外は予約が必要な場合もあるようですので、
事前に問い合わせをしましょう。
 
厄払いをしてもらうには祈願料などのお礼が必要です。
 
神社の場合は「初穂料(はつほりょう)」、
お寺の場合は「御布施」といいます。
 
金額ですが、金額が明記されているところありますが、
なければ、だいたい¥5,000くらいが妥当でしょう。
 
例えば、神社の場合であれば、社務所に行き、
厄払いを依頼します。
 
すると、所定の用紙をくれるので住所・氏名・生年月日などを
記入して用紙と一緒に初穂料を渡します。
 
初穂料は「のし袋」に入れ、表の上部に「初穂料」、
下部に自分の厄払いしてもらう人の「名前」を、
裏面の下部に横書きで金額を算用数字で書きます。
 
あとは、係員に呼ばれるのを待ち、
それに倣えばよいでしょう。
 
厄払いの時間ですが、約30分くらいです。
 

最後に

 
厄払いですが、あまり気にならない人にとっては不要のようです。
 
絶対しなくてはいけないというものでもありませんし、
厄払いをしないと必ず災いが起こるというものでもないようです。
 
しかし、厄年はちょうど人生の説目で、体調的にも色々と
変化が起こる時期なので気をつけようと気持ちを引き締める意味でも
厄払いをしておいたほうが私はいいと思います。
 
あなたはどうでしょうか?
 
また、自分が気にならなくても、配偶者や父母などの
身内気になさるのなら、納得させる意味でも
厄払いをされてはいかがでしょう。
 


スポンサーリンク

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

Current ye@r *

このページの先頭へ