ヒートショックとは? 原因と症状は?


最近はだんだんと気温も下がってきて、
めっきり寒くなりましたね。
 
12月になればもっと寒くなり、
いよいよ冬本番です。
 
この季節に気を付けなければいけない事の一つに
ヒートショックがあげられますね。
 
冬になれば、トイレ入浴中急死というニュースを
ご覧になったことはございませんか?
 
実はこの原因が、ヒートショックなのです。
 

このヒートショックが原因で亡くなる方は、
一年間に推定一万人以上だそうです。
 
また、高齢者が自宅で亡くなる原因の4分の1が、
ヒートショックとも言われています。
 
ヒートショックになりやすいのは、
特に高齢者高血圧糖尿病の方です。
 
これらの方がいらっしゃる家族の方は、
大切な家族を守るためにヒートショックの
対策予防法を知っておく必要が
ると思いませんか?
 
なので今回はヒートショックの「原因症状」、
対策予防法」などを2回に分けて紹介していこうと思います。
 
まず今日は、ヒートショックの原因や症状についてです。

スポンサーリンク
   
 

ヒートショックとは

大まかなところは多数の方がご存知だと思うのですが、
ヒートショックとは、何なのでしょうか?
 
一言でいうと、
温度の急変によりダメージを受けることです。
 
ちょっと難しい言い方をしてしまいましたが、
例えば、寒い冬にお風呂に入るとします。
 
この時、暖房のよく効いた暖かい部屋から、
暖房の効いていない脱衣部屋で服を脱ぐと
体が急に冷やされます。
 
その後、熱い風呂でお湯につかることで、
また、急に体は温められますね。
 
急に体は冷やされたり、温められたりして、
血圧や心拍数に急激な変化が起こります。
 
この血圧の急激な上昇や下降、心拍数が速くなったり
する状態のことをヒートショックと言います。
 
hitozu2

冬場に温かい部屋から寒い廊下にでた時などに、
体が「ブルブルッ」となったことはありませんか?
 
室温が急激に変化したことにより、体が体温を調節しようと、
血管が収縮し、血圧や脈拍が上昇します。
 
これにより、ヒートショックの症状である
脳出血や脳梗塞などの「脳卒中」、「心筋梗塞」が起こります。
 

ヒートショックの原因

ヒートショックが起こる原因には
どのような事例があるのでしょうか?

ヒートショックが起こりやすい場所で多いのは冬場の
お風呂脱衣室トイレなどのようですが、
例をあげてみましょう。
 
furo2
 

  • 暖房のよく効いた温かいリビングなどの部屋から、
     寒い脱衣室に入り服を脱ぐ。
  • 暖房のよく効いた温かいリビングなどの部屋から、
     寒い廊下やトイレに行く。
  • 寒いトイレで排泄時にいきみすぎたり、
     いきなり立ち上がる。
  • 寒い脱衣室からお風呂場に入り、
     冷えた体を一気に熱いお湯につかる。
  • お風呂で長時間温まった後に脱衣室に移動し、
     冷たい空気にさらされる。
  • 飲酒時の心身がリラックスし、
     血圧が下がっている時に入浴する。
  • 寒い冬だけではありません、
     ヒートショックは真夏にも起こります。
     冷凍倉庫で作業した後や冷房のよく効いた部屋から、
     急に真夏の炎天下に出た場合。
  •  
    温度差があるほどヒートショックが起こる可能性が高くなり、
    10度以上温度差がある場合要注意です。
     

    ヒートショックを起こしやすい人とは?

    ヒートショックは全ての人に起こるわけではありません。
    起こしやすい人と起こしにくい人がいます。

    どのような人がヒートショックを起こしやすいのでしょうか?

  • 65歳以上の高齢者
  • 高血圧、糖尿病、動脈硬化である人
  • 不整脈がある人
  • 肥満気味の人
  • 熱い風呂に入る人
  • 一番風呂に入ることが多い人
  • お風呂に首までつかって入る人
  • 飲酒してお風呂に入る人
  •  

    以上の中で特に注意が必要なのは、
    上二つの「65歳以上の高齢者」と
    高血圧糖尿病動脈硬化の人」です。
     
    特に65歳以上の高齢者は、血管が弱くなっていて血圧の
    上昇幅が大きく、脳出血を起こしやすいので気をつけましょう。
     

    最後に

    これからヒートショック起こしやすい季節
    突入しますが、あなたの家庭では大丈夫でしょうか?
     
    ヒートショックを起こす原因を知って取り除くだけで、
    ヒートショックを起こす確立は著しく下がります。
     
    特に65歳以上の方は、インターネットなどを使用する方が
    少ないと思うのでこういった知識が乏しいように思います。
     
    だから、家族の方の気配りが必要ではないでしょうか?
     
    次回は、今回のヒートショックの原因を
    踏まえたうえでの対策予防法を紹介していきます。


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ