しもやけの原因とは?どんな症状になるの?


季節は移り変わり、しだいに気温も下がり、
寒さもだんだんと厳しくなってきましたね。
 
先日、私の妻が言ってました。
 
「また、イヤな季節がやってくるわ」
 
そうです、いよいよ手足にできるとっても
かゆ~い「あれ」の季節がやってきます。

yuki

「あれ」とは、そう「しもやけ」ですね。
 
「しもやけ」は一度できてしまうと、
やっかいで、かゆくてたまらないですね。
 
最近はしもやけになっている人をあまりみかけませんが、
自分には縁がない」などと思っていませんか?
 
しかし、現代の生活習慣には、しもやけになる要因が、
多く潜んでおり、意外とかかりやすい肌のトラブルなのです。
 
こんな「しもやけ」を治療するには、しもやけの「原因」と
症状」を良く知った上での治療が大事だと思います。
 
今日はしもやけの「原因」と「症状」について、
次回に「予防」と「治療」ついて紹介します。

スポンサーリンク
   
 

しもやけとは

しもやけとは正式には「凍瘡(とうそう)」と呼ばれ、
冷えや寒さで血液の循環が悪くなることが原因で
起こる炎症のことを言います。
 
しもやけになりやすいのは、「手や足の先」など、
末端部位の血行が悪くなりやすい部分や、
耳たぶ」、「鼻先」や「」などの露出度の高い部分です。
 
患部には、腫れ赤い発疹ができ、
かゆみ痛みを伴います。

simoyake

しもやけになりやすい時期ですが、以外に寒さが
厳しい頃よりも、初冬初春に多く発症します。
 
また、男性よりも女性の方がなりやすく、
大人よりも子供の方がなりやすいとされています。
 

しもやけの原因

しもやけの原因を知ることで、しもやけになる前に、
対策をとることが出来て、しもやけの予防にもつながります。
 
しもやけの原因ですが、簡単にいうと
低温による血行障害」です。
 
つまり、冷えや寒さで血管が細い手の指先や
足のつま先などが、血流が悪くなることで、
炎症が起き、しもやけになります。
 
また、冷えや寒さだけでなく、湿度にも関係しており、
湿気が多いところでもしもやけになりやすいです。
 
さらに、ビタミンEの栄養不足によっても影響するようです。
 

しもやけになりやすい人

  • 子供(大人より免疫力や自己調整機能が劣る為)
  • 身内にしもやけ経験者がいる人(遺伝)
  • 血行の悪い冷え性の人
  • 栄養不足の人(主にビタミンE)
  • 仕事で水に触れる機会が多い人
  • 汗かき体質の人(手足に汗をかき体温を奪われる)
  •  

    しもやけになりやすいのはどんなとき?
     (冬の季節)

  • 皮膚が濡れたり、蒸れたりした状態を
     放置したとき。(皮膚が気化熱により表面温度が下がる)
  • 気温が5℃前後で、昼夜の気温差が激しいとき
  • 先が細くなっている靴や高いハイヒールの靴を
     履いているとき(先が圧迫され血行不良に)
  •  
    しもやけは体質的な要素もありますが、
    遺伝的な要素でなりやすい方もいます。
     
    だから、家族などに、しもやけになりやすい方が
    いる場合は注意が必要です。
     
    samui2
     

    しもやけの症状

    しもやけ症状ですが、大きくわけると
    二つの種類があります。

    一つ目は手の先や足の先、鼻の先や耳たぶなどの
    体の末端部分が、赤紫になってはれる「樽柿型

    樽柿型は幼児などの子供に多く
    ゴムのように硬く腫れます。
     
    二つ目は指や足の全体が腫れて膨らむ
    多形滲出性紅斑型」です。

    多形滲出性紅斑型(たけいしんしゅつせいこうはんがた)
    は大人の女性に多く、大きさは様々で、冬から春
    移行する頃に多く発症します。
     
    しもやけの一般的な症状の最初は
    かゆみ」や「腫れ」だけですが、
    症状が進んでくると、広範囲赤く腫れてきます。
     
    普通は、温かい場所に入ると痒(かゆ)く疼(うず)いて、
    寒いところに出ると痛みを感じます。
     
    また、じんじんするような感覚や、むず痒(かゆ)さや痛み、
    熱感などの症状もあります。
     
    では、早速しもやけかどうかチェックしてみましょう。

  • 手足の全体が赤く腫れていませんか?
  • 温かくなるとかゆみを感じ、寒くなると痛みませんか?
  • 歩いたり、靴を履くときに痛くありませんか?
  • 手や足の指や手のひらに赤い発疹がありませんか?
  • 手や足の指が赤黒く変色していませんか?
  •  
    一つでもあてはまる場合はしもやけが疑われます。
     
    しもやけと間違えやすい症状には「ひび」や
    あかぎれ」があります。
     
    しもやけは、「痒い」ですが、「ひび」や「あかぎれ」は
    皮膚がバリアとしての機能を保てなくなり、

    皮膚が亀裂を起こしたり、出血痛みを伴うので、
    区別することができるでしょう。
     


    しもやけは血行良くすることで
    改善するようです。

    カンタンに血流アップする方法として
    入浴がありますが、重炭酸湯を使用することで

    ぬるめのお湯でも体に負担をかけずに
    血行促進できます。

    重炭酸浴」はしもやけにも効くのでおすすめです!

    美容・健康に!ホットタブ重炭酸湯

    最後に

    しもやけですが、ひどい場合は、睡眠を
    損ねる
    ほどの「痛み」や「痒み」があります。
     
    さらにほうっておくとに悪化して腫れた皮膚が
    硬化し、「あかぎれ」、「かさぶた」、「ただれ」が
    できてしまうことにもなり兼ねません。
     
    すると、痒みや痛みが我慢出来ないレベル
    なってしまうので早めの治療が大切です。
     
    こうならない為にには、まず予防が第一ですね。
     
    次回は、しもやけの予防と治療について、
    詳しく紹介します。


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ