しもやけの予防と対策 効果的な治療法は?


最近では、あまり耳にしなくなった「しもやけ」ですが、
まだまだしもやけで悩む女性も多いようですよ。

 simoyakete

「毎年のことだから」といって諦めていませんか?
 
しもやけは、きちんと「予防」と「対策」を
することで、防ぐことができます。
 
今日は、前回のしもやけの原因と症状に引き続き、
「予防」と「対策」について調べましたのでご紹介します。

スポンサーリンク
   
 

しもやけの予防と対策

予防対策をしっかりやっている人と
していない人ではしもやけになる確率が全然違います
 
しもやけの予防と対策きちんとできれば、
治療する必要がないですし、辛い痒(かゆ)み痛みにも
悩まされることはありません。
 
だから、毎年しもやけにかかる方も
そうでない方もきちんとしもやけの
予防対策をやっていきましよう。
 
しもやけの日常生活における予防と対策には
以下のようなものがあります。
 
長時間体を冷やさない
冷えることで血行が悪くなりしもやけの症状が進行します。

最低気温が5度前後になったら、外出時にはマスクや
手袋、厚手の靴下を履いたり、マフラーや耳当てをして、
体の末端部分を冷やさないようにしましょう。

靴下は5本指がオススメです。
 
肌を濡れたままにしておかない
炊事や洗濯などで手などを濡れたままにしておくと、
水分が蒸発するときに体温も奪われてしまって冷え
しもやけになりやすくなります。すぐに水分はふき取る。

また、スポーツなどで汗をかいた場合も手袋や靴下を
湿ったままにしておかないこと。

汗をかいたら、すぐに取り替える
 
水仕事をするときはゴム手袋を着用
素手で食器洗いなどの水仕事をすると、しもやけの原因となります。
また、お湯や洗剤は皮膚の油分を損ない、荒れやすくなるので、
ゴム手袋を着用して水仕事をしましょう。
saraarai

窮屈な靴や靴下は履かない
足先は血液の循環が悪い場所なのに、窮屈な靴や靴下は
更に血行悪くしてしまので、履かないように。
 
血行を改善する効果のある食品を摂取する

ビタミンE
ビタミンEが不足がちな人は体が冷えやすい傾向にあるので、
血行よくする働きがあるビタミンEを多く摂りましょう。

ビタミンEが多く含まれる食材
モロヘイヤ、ウナギ、ナッツ類、植物油、
カボチャ、めんたいこ、ほうれん草など

しかし、ビタミンEは熱に弱く酸化しやすいので
植物油を使用したドレッシングをサラダなどに
かけて食べると効果があります。
 
βカロチンやビタミンC
βカロチンやビタミンCはビタミンEの吸収率高めます。

βカロチンが多く含まれる食材
しそ、にら、わけぎ、味付け海苔

ビタミンCが多く含まれる食材
パセリやブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜

 

マッサージをする
 指から手前の方に撫でるようにマッサージを
 繰り返します。
 そして、足の指、足の甲の骨の間とさらに、
 足首周囲も指で十分に押さえるようにします。
 入浴時や入浴後が効果的でしょう。
masa-ji

汗をかいて、そのままにしておくと
水分が蒸発するときに熱が奪われて冷えやすいです。
 
手袋や靴下は汗をかいたら、すぐに取り替える。

 

しもやけの治療法

しもやけの多くは、季節が変わり気温が
高くなることで自然に治癒するようです。
 
しかし、そのままにしておくと悪化する場合が
あるので、放置することはおすすめはしません。
 
悪化して、痒みが激しくなれば、眠れずに睡眠不足に
なったり、足が腫れて歩くと痛みを覚えたりして、
日常生活が困難になったりもします。
 
また、痒いからといって、患部をかきつづけていると、
余計に悪化して、水疱ただれを起こす場合もあります。
 
だから、しもやけになってしまった場合は、なるべく早期
対策をして、しもやけの悪化を抑えるようにしましょう。

samui

しもやけになってしまった場合の治療法
漢方薬やビタミンE剤を服用する。
血行を改善するため。
 
ビタミンEやヘパリン類似物質が配合されたクリームを塗る。
ヘパリン類似物質が配合されたクリームの市販品
 ●キンカンHPローション 60g 1365円
 ●新メディナースHP クリーム 60g 1449円

simoyakekusuri

かゆみがある場合はステロイド外用剤を使用する。
炎症を抑えて、症状の悪化を防ぐため。

症状が改善しないときは医療機関へ
1週間程度ステロイド外用剤を塗っても症状が
改善しない時は、重症化する場合もあるので、
早めに医療機関を受診しましょう。

 
こんな治療法も

薬ではないのですが、以下の方法でしもやけが
直ったという方が多くいらっしゃるようです。

薬が不要で簡単に実行できるので、
一度試してみる価値があるかも知れませんね。

お風呂に入った時に、お湯に患部を
交互に浸けます。
(お湯はお風呂のお湯で40℃くらいで水は常温)

ピリピリして感覚がなくなるまで繰り返します。

以上の方法を3日も続ければ、かなり良くなるようです。

また、カンタンに血流アップする方法として
入浴がありますが、重炭酸湯を使用することで

ぬるめのお湯でも体に負担をかけずに
血行促進できます。

重炭酸浴」はしもやけにも効くのでおすすめです!

美容・健康に!ホットタブ重炭酸湯

間違った対処法

しもやけの対処法ですが、たまに間違った方法でしもやけを
直そうとしている方がいらっしゃるようです。
 
以下の方法ですが、効果はなく悪化する場合も
ありますので、やらないように!
 
間違い患部を強くこすり、滞った血液を流す
しもやけ周辺をマッサージすることは、血行をよくするために
効果はありますが、しもやけをしている部分を強くこすると
逆に患部が傷ついて、痒みや痛みがひどくなる場合があります。
 
間違い患部を針で突き、黒い血を出す
消毒殺菌した針を使用しても、傷口からばい菌
入る可能性があるために大変危険です。
また、血を出すことは、根本的な改善にはなりません。
 

最後に

いかがでしたでしょうか?
 
しもやけの一番の予防法はこまめに汗を拭いたり
靴下を取り替えたりすることです。
 
もう一つは栄養管理体調管理にあるようです。
 
めんどうくさがらずに、こまめに予防と対策をしていきましょう。
 


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ