子供のアトピー性皮膚炎の原因と治療法



アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

 
子供さんに多いアトピー性皮膚炎ですが、atopy
どんな病気なのでしょうか?
 
 
アトピー性皮膚炎とは皮膚の病気で、
食事や環境などの刺激により、
全身のあちこちにかゆみの激しい湿疹ができます。
 
 
そして、搔くことによって、さらに悪化していきます。
 
 
アトピー性皮膚炎は慢性化することも多く、
長期間続くこともざらです。
 
 
しかし、症状が悪化する時期や快方
向かう時期には個人差があります。

スポンサーリンク
   
 

子供のアトピー性皮膚炎の原因とは?

 
子供のアトピー性皮膚炎の原因で最も多いのは、
ハウスダスト(“ダニの糞”や“ダニの死骸”)です。
 
 
室内の空気中に浮遊しているハウスダストが、
主なアレルゲンとなってアトピー性皮膚炎を引き起こすのです。
 
 
子供の肌はデリケートなので刺激には弱く、
大人に比べると発症しやすいです。
 
 
家族の方にアレルギー体質の方がいらっしゃる場合には、
遺伝で子供もアトピー性皮膚炎になりやすいです。
 
  
他に食物花粉症などのアレルギーであったり、
ストレスなども考えられる原因のひとつでもあります。
 
 
また、上記の原因が複雑に絡み合って関与して、
アトピー性皮膚炎を引き起こしている場合もあるので、
原因の特定は難しい場合もあります。
 
 
また、アトピー性皮膚炎の人は肌が乾燥しやすくなっており、
乾燥しすぎるとひどいかゆみを引き起こすので注意が必要です。
 
 

アトピー性皮膚炎の症状は?

 
アトピー性皮膚炎の症状は乾燥が目立ち、
ザラザラとした皮膚が特徴です。
 
 
症状が出やすいのは、「」、「おでこ」、「」、
」、「肘や膝の関節」などの皮膚が薄い部分や

擦れやすい部分で、「ぶつぶつ」や「カサカサ」など、
鳥肌のような湿疹がでます。
 
 
この湿疹は強い痒みを伴い、
搔けば搔くほど悪化していくのです。
 
 
子供のアトピー性皮膚炎の症状は
皮脂の分泌に差がある為、年齢により違ったり
季節によっても違いがあります。
 
 
季節による症状の違いですが、冬は空気乾燥しているために、
痒みなどの症状が強くなり、悪化しやすいようです。
 
 
夏は乾燥による症状の悪化は
少ないのですが、虫刺されなどによる
細菌感染でひどくなる子もいます。
 
 

アトピー性皮膚炎の診断と検査

 
アトピー性皮膚炎の診断

アトピー性皮膚炎の診断は症状によって決められます。
 
 
診断でよく知られているのが、
ハニフィンとライカの診断基準です。

診断項目は以下の4項目です。
 
 
①慢性、再発性
(慢性的な症状や一時的に良くなっても再発する)

②かゆみ
(皮膚にかゆみをともなっている)

③典型的な湿疹の分布
(子供の場合は、顔面・伸側の皮疹)

④アトピー要因
(家族にアレルギー、アトピー疾患にかかった人がいる)
 
 
以上4項目のうち、3項目以上あてはまれば、
アトピー性皮膚炎となります。
 
 


 

アトピー性皮膚炎の検査

どのような検査をするかは、人によって違いますが、
検査方法は大きく分けて2つあります。
 
それは血液検査と皮膚検査です。
 
 
血液検査

アレルギーの原因となる動物・植物や食物などに対しての抗体が、
血液中にあるかどうかを調べます。
 
 
皮膚検査

原因となる抗原などを皮膚に貼り、数日後に反応をみる
パッチテストなどがあります。
 
 
ちなみにアトピー性皮膚炎の検査ですが、
原因を調べることは、直接役立たない場合が多いです。
 
 

子供のアトピー性皮膚炎の治療法

 
子供のアトピー性皮膚炎の治療法ですが、
主に3つの基本方針があります。
 
 

乾燥肌に対するスキンケア、つまり【保湿】

 
アトピーの症状が悪化する原因のひとつに、 hositu

バリア機能の低下により外部から刺激受けやすくなって、
皮膚炎が起こりやすくなります。
 
 
アトピー性皮膚炎の皮膚は角質層のバランスが
悪く、内部の水分が蒸発しやすいのです。
 
 
保湿することによって角質層を保護でき、
バリア機能を上昇させることが出来るのです。
 
 
バリア機能を上昇には【保湿】が最も重要!
 
 
保湿する時間は肌に水分が多い入浴後が一番です。
 
 
保湿剤にはいろいろな種類がありますから、
お子様に適した保湿剤を選ぶことが重要です。
 
 

抗原除去療法、つまり生活環境の整備

 
アトピー性皮膚炎を治療するには主に食生活での制限が多くなります。
 
つまり、食べてはいけない食品が数多くあるのです。
 
 
食べてはいけないものの代表としてはvalentinesday_itachoco2
チョコレートコーヒーココアです。
 
 
特にチョコレートは最悪で、多くの糖分
脂肪分がアトピー悪化の原因となります。
 
 
また、上記はいずれも豆科で「痒み」を引き起こす
ヒスタミン類似物質が含まれています。
 
 
その他に、食べてはいけないとされるのは、
ラーメン、バター、マーガリン、チーズ、牛乳などの乳製品
マヨネーズ、肉、青魚、ピザなどです。

また、お菓子の食べすぎもよくないので、注意が必要です。
 
 
特に動物性脂肪の含んでいる食品は絶対に食べささないで下さい。
 
 
その他の環境に関してですが、「ホコリ」がアトピー性皮膚炎の
抗原(アレルゲン)の場合も考えられるので、
部屋の掃除をこまめに行い、少しでも「ホコリ」を減らすことです。
 
 
また、セーターなどのけばけばした衣服などは、
皮膚に直接あたらないようにしてあげましょう。
 
 
下着に関しては、良質の木綿
皮膚には刺激が少ないので良いです。
 
 
湿疹ですが搔くことによって、みるみるうちに悪化するので、
短く切って清潔にしておくことも大切です。
 
 
どうしても痒みが激しい時は、
抗ヒスタミン剤を服用することで緩和されます。
 
 

薬物療法、つまりステロイド外用薬などの外用薬で治療

 
アトピー性皮膚炎に効果が期待できる一般的な isilya2
治療薬としてはステロイド剤が有名ですね。
 
 
しかし、ステロイド剤は効き目に段階があり、
使用方法などは医師とよく話し合って決めることが大切です。
 
 
ステロイド剤ですが、症状が改善してきたからといって
ただちに塗布を止めないで、段階的に効果の弱いステロイド剤へ、
時間をかけながらシフトしていくのです。
 
 
このステロイド剤によりホルモンの分泌の
バランスが崩れ、副作用が起こる場合があります。
 
 
しかし、副作用がでたからいって服用を止めてしまうと、
アトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまうので、
その時は医師に相談しましょう。
 


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ