胃カメラの当日に気をつけた事!胃カメラ体験記!


いよいよ、胃カメラを飲む当日の朝になりました。
 
前日の夜は、ぐっすり眠れましたが、
21時以降に何も食べておらず、
空腹で何か食べたい気分です。
 
でも、胃カメラ当日も検査に支障を
きたすので食事摂ることはできません。
 
このように、胃カメラ当日検査前
検査後に注意しないといけないことが、
いろいろあります。
 
今日は私が実際に体験した胃カメラ検査当日の様子と、
注意しなければいけない事を交えながら紹介します。
 
ikamera

スポンサーリンク
   
 


 

胃カメラ検査の当日に注意すること

胃カメラ検査の感想の前に、まずは当日
注意点について紹介します。
 
当日はもちろん絶食です。
(2時間前までは少量の水であれば大丈夫です。)
 
食事がいけない理由は、検査当日に胃の中に
未消化の物が残っていると病変の発見しづらく
かつ、嘔吐起こりやすくなるためです。
 
gohan1
 

喫煙もダメです。
喫煙がいけない理由ですが、胃カメラの目的は胃内部の
穏やかな状況を観察することですが、喫煙によって
血管収縮を起こし、正常な状態が把握できないためです。
tb5
 

薬を服用されている方ですが、
飲んではいけません
 
胃カメラの検査には、麻酔などの薬品使用するため、
薬の種類によっては一緒に飲むことでいろいろ悪い症状
起こる場合があるからです。
(薬については医師に前もって相談しておきましょう。)
 
特に「心臓病」、「緑内障」、「前立腺肥大」の方は、
前もって医師申し出ておきましょう。
(以上の方は、注射薬が通常と異なります)
 
また、抗凝固剤(血液をさらさらにする薬)を服用中の方は、
病理組織検査が行えませんので、注意が必要です。
 

●検査を受ける前には、体を締め付けるものは、
できるだけ外してリラックスしましょう。

●上着は脱いでメガネ入れ歯は外して
ベルトは緩めておきます。

 

胃カメラ検査の当日の流れ

byouin

まずは、口からの胃カメラ検査の当日の流れですが、
簡単に分けると以下の様になります。
 
①胃カメラ検査の前準備

②胃カメラ検査開始

③胃カメラ検査終了後
 
では項目別に胃カメラ体験を
順に紹介していきますね。
 

胃カメラ体験当日の朝

胃カメラ体験当日の朝ですが、空腹や喉の渇きを我慢して、
「これだけ空腹なら、胃の中には何も残っていないだろう」と
思いつつ、身支度を済ませ病院へと車を走らせました。

胃カメラの検査は午前9時でしたが、
15分前に来るように書かれていたので、
病院には約20分前に到着しました。

そして、病院に到着し、受付に診察券をわたして、
緊張しながら名前を呼ばれるのを待っていました。

そして、名前を呼ばれ胃カメラの検査室に
入っていきました。

いよいよ胃カメラを飲む時がやってきたのです。
 

①胃カメラ検査の前準備

覚悟を決めて、検査室に入室すると、
1人の看護師さんがいらっしゃいました。

少し、説明を受けた後、
まず胃をきれいにする薬を飲み、
次に喉の局所麻酔薬を約3分間ほど、
口に含んでいました。

最後に、胃が動いていると検査がしにくいので、
胃の動きを止める薬を注射されました。

それから、しばらくするとマウスピース
渡され、それをくわえました。
 

②胃カメラ検査開始

先生が入室され、横になって、
いよいよ胃カメラを飲む検査の開始です。
 
マウスピースの中央にが空いており、
この穴の中から胃カメラのケーブル挿入されます。
 
先生は「ちょっと辛いですが、辛抱して下さいね、
ごめんね、ごめんね」と言いながら、
マウスピース越しに黒いケーブルを挿入します。
 
ケーブルがの部分を通過する、その時、
私は凄い吐き気をおぼえ、5秒~10秒くらいの間、
「おぇー ぐえっ ぐげぇー ・・・」の状態でした。
 
はでてくるは、つばのようなものはでてくるわで
もう大変でした。
 
唾液は、「飲み込まないで外に出して下さい」と
きいていたので、そのまま垂れ流し状態で、
ちょっと恥ずかしかったです。
 
先生は、「ごめんね、ごめんね」と言って下さり、
看護師さんは、背中をさすってくれたことが、
凄いありがたかったです。
 
ケーブルが喉の部分を通過すると、吐き気は
嘘のようにおさまりました。
 
それから先生は、検査しながら、部分ごと
にいろいろと説明をしてくれました。
 
「今、食道の中を見ています」、
「今から、水分を吸い取ります」、
「胃の中が見やすいように、今から空気を入れて
胃を膨らませます」、
「この辺が、健康診断で疑わしかった部分ですね」
大丈夫ですね」等々。
 
先生の「大丈夫ですね」の言葉を聞いた瞬間、
私は内心「ホッ」と胸をなでおろしたのでした。
 
時間にして5分くらいだったでしょうか、
検査は無事に終了したのでした。
 

③胃カメラ検査終了後

検査終了後、これで終わりでお金を払おうと
待合室で待っていると、しばらくしてから
診察室に呼ばれました。
 
先程の胃カメラの検査の映像が、
DVDに収録されておりました。
 
私に映像を観せながら先生は、
丁寧説明してくれました。

setumei

また、「今日の結果は(健康診断を実施した会社に)、
郵送しておくからね」と言ってくれました。
 
胃カメラの検査が終わったのと、異常がないことが
わかったので私は気分爽快になりました。
 
後は、検査代金の支払いのみで、
金額は、3割負担¥5,250でした。
 
胃カメラを口から飲んで検査を受けた感想ですが、
本当につらいのは、胃カメラが喉を通過する時だけで、
あとはそんなにつらくありませんでした。
 
私は検査の時に全身麻酔(睡眠薬)を使用しなかったので、
麻酔が覚めるまで休む必要はなく、検査後に待ち時間なく、
すぐに帰宅出来ました。
 
また、食道を異物が通っているので、胃カメラが終わって
麻酔が切れた後は、喉に軽い痛みや違和感があるケースが
あるようですが、私の場合はありませんでした。
 
胃カメラを飲むときの吐き気が、どうしても苦手な方は
全身麻酔(睡眠薬)をしてもらうか、鼻からの挿入が良いでしょう。
 
しかし、殆ど苦痛のない麻酔法による胃カメラの検査ですが、
「検査の所要時間が長い」、「麻酔薬の副作用」、
「検査後は、車の運転、機械の操作や重要な仕事ダメ」などの
デメリットがあるので注意が必要です。
 

胃カメラ検査後に注意することは?

胃カメラ検査後注意するべきことは、
局所麻酔の場合と、全身麻酔の場合では、
胃カメラ検査後の注意することが違いますので、
個々に、紹介します。

局所麻酔のみの場合 

●仕事にもよりますが、ほとんどの仕事は可能です。

●胃の麻酔が切れる検査後約1時間~2時間まで、
 飲食することはできません。

 

全身麻酔の場合

車の運転などの危険操作はできません

●目が覚めても、眠気が続くことや、倦怠感が、
 一日中続くこともあるようです。

激しい運動長風呂も控えましょう。

 

また、異常が認められポリープや組織をとられた方は、
飲酒コーヒー刺激のある食事は避けましょう。

逆に、胃が正常でポリープや組織をとっていないのなら、
飲酒なども大丈夫で通常通りに過ごしても問題ないでしょう。
 

最後に

いかがでしたでしょうか?
 
胃カメラの検査ですが、からがあり、
吐き気がほとんどない、全身麻酔からの検査を
病院によっては選ぶことができます。
 
だから、胃カメラ検査をほとんど吐き気なくできることが
可能なことをお分かりいただけたと思います。
 
私も胃カメラの検査を受けるまでは、
いろいろ不安いっぱいで、憂うつでした。
 
しかし、思ったほどの苦痛もなく
無事検査を終えることができました。
 
あなたは、
胃カメラの検査が苦しそうだと思って
罵倒していませんか?
 
また、面倒くさいと思っていませんか?
 
胃カメラは胃ガンなどの早期発見には欠かせないので、
自分の健康のため、面倒くさがらずに検査を受けましょう。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ