インフルエンザ 子供はどんな症状? 注意すべき合併症は?


前回の記事では、インフルエンザの予防策などに
ついて紹介しましたね。
 
このインフルエンザには、季節性新型がありますが、
身体の抵抗力があまりない乳幼児など、10歳未満の
子供
の感染が多いようですね。
 
また、感染してしまった場合、重症化しやすく、
このようなお子様がいるお母さん方には、
大変心配のことと思います。
 
innfuru

では、インフルエンザにかかってしまった場合には、
どのような症状がでるのでしょうか?
 
インフルエンザの症状は、風邪とよく似ているので、
今でも風邪と同じだと思う方もいらっしゃるようです。
 
そこで、今日はインフルエンザにかかると子供は、
どのような症状がでるのか?
 
また、インフルエンザと風邪との症状の違い
などについて詳しく紹介します。
 

スポンサーリンク
   
 

インフルエンザと風邪との症状の違い

まず、「インフルエンザ」と「風邪」の違いですが、
簡単に申しますと、風邪の主な症状は、
発熱咳、鼻水のどの痛みなどで、
全身症状はあまりありません。

kaze
 
これに対し、インフルエンザの症状は、
38℃以上の高熱や関節痛、筋肉痛などの
全身症状が、急激に現れることが特徴です。
 
また、風邪はゆっくりと症状が進むのに対し、
インフルエンザは、症状が急激に進んでいきます。
 
あと、いきなり38℃~40℃の高熱がでることも、
インフルエンザの特徴です。
 
しかし、高熱が特徴のインフルエンザですが、
上がらない場合もあります。
 
また、インフルエンザは一般的に風邪よりもつらく、
重いのですが、症状はどれくらい続くのでしょうか?
 
インフルエンザの潜伏期間はおよそ1日~3日で、
その後に急な発熱、倦怠感や関節痛などの症状
3日~5日ほど続いた後、治癒に向かいます。
 
インフルエンザと風邪との違い

インフルエンザ風邪
発症時期冬に流行年中
初期症状全身にでる喉や鼻
主症状関節痛、筋肉痛、頭痛
全身の倦怠感
喉の痛み、鼻水
鼻づまり、くしゃみ
症状の進行急激に進行ゆっくり進行
発熱38℃~40℃の高熱37℃~38℃の微熱
寒気強い軽い
鼻水、鼻づまり数日後からでる引きはじめからでる
合併症小児ではひきつけ、
脱水症、急性脳症など
少ない

 

子供の場合はここに注意!

高熱が出た場合、普通は解熱剤の使用を
考えますよね。
 
しかし、子供のインフルエンザで解熱剤を
むやみに用いると、「インフルエンザ脳症」を
引き起こす可能性があるから注意が必要です。
 
インフルエンザ脳症は、脳に後遺症が残ったり、
死亡率は約10%程度もあります。
 
だから、子供に高熱が出た場合は、インフルエンザを疑い、
解熱剤を使用するなどの、誤った自己判断は
危険なのでやめましょう。
 
必ず、医療機関へ行き医師の指示に従うことが重要です。
 

子供の体調に変化があった時は、症状の経過(熱など)の
内容を時間とともに「メモ」に残しておくといいですよ。
 
また、子供が飲んだ薬があれば、その内容時間
メモしておき、受診した時に、渡すことで医師も
判断がしやすくなります。

 

子供のインフルエンザ 注意すべき怖い合併症

akatiyan
子供インフルエンザにかかると、怖い合併症
かかる可能性があることをご存知でしょうか?
 
合併症はインフルエンザの症状が重症化した時に
かかる可能性があるのですが、子供のほうが
大人よりもかかる可能性は高いのです。
 
毎年、数百人の子供が発症し、そのうちの
10%~30%が死亡し、約20%の確立で後遺症
でているそうです。
 
子供がかかりやすい合併症には、
どのようなものがあるのでしょうか?
 

危険度の高いインフルエンザの合併症

インフルエンザ脳炎・脳症
中耳炎
熱性けいれん
肺炎
気管支炎

では、順に合併症の特徴を見ていきましょう。
 
インフルエンザ脳炎・脳症
6歳以下の幼児に多く発症し、脳に炎症を
起こし、ぐったりしたり、意識障害、
痙攣(けいれん)などの症状が出ます。

意識障害やけいれんが10分以上続いた場合には、
すぐに医師の診察を受けましょう。
 
中耳炎
ウィルスが、中耳に侵入して炎症を起こし、
中耳に膿(うみ)がたまると耳がひどく痛みます。
 
機嫌が悪く、泣いてばかりいる場合やしきりに
耳を触る場合は、急性中耳炎を疑いましょう。
 
熱性けいれん
熱が上がった時に、手足が突っ張って、全身に
けいれんが起き意識がなくなります。
時には、唇が紫になったり、白目をむいたりすることも
あるようです。

通常は、数分程度で治まりますが、10分以上続く場合や、
何回も繰り返したり、意識が戻らない時は、すぐに
医師の診断を受けて下さい。
 
肺炎
高熱が何日か続いて、ひどい咳が出て、
いつもより荒い呼吸で、息苦しそうにします。

赤ちゃんは、症状の進行が早いために、咳が続いて
苦しそうな場合は、早めに医師の診断を受けましょう。
 
気管支炎
熱が続いて、「コンコン」という軽い咳から、
「ゴホンゴホン」という、たんが絡んだ咳になったら、
気管支炎を疑いましょう。
(ひどい場合は、肺炎のケースもあります。)

気管支炎は、インフルエンザの熱が出た2~3日後に
症状が出るために、咳がひどくなれば再受診しましょう。
 

最後に

私はインフルエンザの合併症について、
今まで全然知らなかったのですが、
調べてみて本当に怖いと思いました。

子供の中でも、特に赤ちゃんは抵抗力が弱いので、
インフルエンザにかかると重症化しやすく、
命にかかわる合併症を起こしやすいです。

また、赤ちゃんは症状の進行が早く、急変しやすいので
合併症が少しでも疑われたら、休日や夜間であっても、
早めに医師の診断を受けましょう。


スポンサーリンク

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

Current ye@r *

このページの先頭へ