おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の予防と治療法は?


おたふく風邪(流行性耳下腺炎)は通常、
からの季節にかかて流行ることが多いようです。
 
しかし、ここ最近、都市圏では時期に関係なく
発症しているようです。
 
だから、季節に関係なく、注意が必要ですね。
 
とういうことで、おたふく風邪にかからないように
予防するには、どのような方法があるのでしょうか?
 
また、運悪くおたふく風邪にかかってしまったら、
どのように治療したらいいのでしょうか?
 
詳しく調べましたので紹介します。
otafuku

スポンサーリンク
   
 

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の予防

おたふく風邪を予防する方法は唯一、
ワクチン接種しかありません。
 
このおたふく風邪の予防接種は満1歳から受けられますが、
任意接種なので費用は自己負担になります。
 
料金ですが、およそ¥3,000~¥7,000程度かかります。
 
yobouseyu

しかし、悲しいかな、予防接種をしたにもかかわらず、
約1割程度の子供が、免疫ができずにおたふく風邪に
かかってしまう場合があるようです。
 
だから、おたふく風邪に似た症状がみられた場合は、
予防接種を受けていても、医師の診察を受けましょう。
 
また、予防接種を受けていると、受けずに感染した人と
比べた場合、症状の程度が軽くなるようですし、
おたふく風邪による合併症を防ぐのにも有効です。
 
おたふく風邪は、歳をとれば、とるほど症状が重くなり、
合併症も併発しやすいので、小学校を卒業するまで
かからなかった場合には、予防接種でしっかり予防しましょう。
 
ワクチン接種の副作用は、少数の人が接種約2週間後くらいに
軽い耳下腺の腫脹や微熱がみられます。

おたふく風邪の原因になるムンプスウイルスに感染しても、
症状が出ずに、いつの間にか免疫ができていることもあります。
 
おたふく風邪の免疫があるかどうかは、
血液検査で抗体を調べてもらえばわかります。

 

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の治療

耳下腺腫れる病気はおたふく風邪が一番多いのですが、
稀に細菌の感染によって化膿性の耳下腺炎の場合もあります。
 
耳下腺の腫れに気づけば、医師の診察を受けましょう。
 
残念ながらおたふく風邪の原因である
ムンプスウイルスに効く薬はありません。
 
だから、痛みや発熱などの症状
和らげる対症療法を行います。
 
耳下腺が腫れて痛む場合は、
患部を冷やしたり、鎮痛剤を服用します。
 
また、熱がある場合は、解熱剤を使用します。
 
少年や成人男性で睾丸の腫脹を伴う睾丸炎を
併発した場合はベッドで安静にする必要があり、
睾丸を冷やすしかないようです。
 

家でのケアは?

kaze
腫れが治まるまでは安静にしましょう!
  他人に感染する可能性があるので、
  自宅から出ないように。

水分は十分に補給しましょう!
  噛むときに痛みを感じるので硬いものや、
  唾液の分泌を促す酸味のあるものは控えるように。

腫れている部位を冷やす
  腫れた耳下腺を冷やすことで、痛みは和らぎます。
  しかし、それでも治まらないときは処方された
  鎮痛剤を使用しましょう。

お風呂は症状が軽くなってから
  熱があるときや耳下腺の痛みが強いときは控えましょう。
  温かいタオルで全身を拭いてあげましょう。

高熱が5日以上続いたら再受診
  合併症を併発している場合もあるので、
  医師の診察を受けましょう。

合併症を予防する
  おたふく風邪に共通する症状を目安にして、
  異常があれば、直ちに再受診して、
  合併症を防ぎましょう。

外出は腫れがひくまで控える
  だいたいの目安ですが、おたふく風邪の
  発病から10日前後です。
 

最後に

おたふく風邪には特効薬がないことを知り、
ちょっと驚きました。
 
これだけ医学が、進んでいるのだから、
ウィルスをやっつける薬があっても、
よさそうですが・・・。
 
おたふく風邪にかかれば、医師の診察を受け、
解熱剤鎮痛剤をもらい、ひたすら安静にし、
快方に向かうのを待つしかないようです。
 
また、成人がかかれば重症化しやすく、
合併症も併発する可能性があるので、
注意が必要ですね。
 
私は、まだおたふく風邪にかかったことはないのですが、
もしかしたら、知らぬ間に感染して、症状がでずに、
免疫ができているかも知れないですね。
 
そうだといいのですが・・・・・。
 
いや、そう思うことにしよう!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ