LEDシーリングライトの失敗しない選び方


最近になって分かったのですが、
我が家の電気代が今年の4月頃から
対前年比を毎月1,000円~2,000円程度
上回っていることがわかったのです。
 
原因を考えてみると、3人の子供達が
中学生になり、自分たちの部屋で
過ごすことが、多くなったからです。
 
このままだと、
ますます電気代が増えてきそうです。
 
なんとか節電する方法はないかと
考えていたところ、思い付いたのが、
シーリングライトの交換でした。
 
「リビングで6~7時間点いている72Wの
シーリングライトLEDに交換しよう!」

lederabitop

「そうすれば、少しは節電になるはずだ!」
 
そして、点灯時間の長い部屋のライト類を
順にLED化していこうと思いました。
 
消費税も来年の春には8%に上がるので、
ちょうど良いタイミングだと思うのです。
 
しかし、どのようなLEDシーリングライト
を選んだらいいか、わかりませんでした。
 
だから、LEDシーリングライト選び方
徹底的に調べてみました。
 

スポンサーリンク
   
 

LED照明の特徴

LEDシーリングライトの選び方の前に、
まずLED照明には、どのような特徴
あるのか紹介しましょう。
 
LED照明の特徴を知ることにより、スムーズ
商品選びができると思うからです。

①長寿命
LED照明の一番の特徴は、
やはり長寿命なところです。

LED照明の寿命はおよそ40,000時間もあります。

だから、ランプ交換の面倒な天井の
シーリングライトや廊下などに適しています。
 
②消費電力の少なさ
LED照明の消費電力は一般的な電球や
ミニクリプトン電球と比べると
約5分の1~8分の1でとても省エネです。

しかし、シーリングライトでは
消費電力だけなら蛍光灯タイプと
それほど変わらないことがあるそうです。
 
③光の色と明るさを変更できる
LED照明は自分の好みに応じて、光の色と
明るさを変更できるものがあります。

だから、リビングのシーリングライトに最適です。
 
④すぐに明るくなる
蛍光灯はスイッチをONしてから点灯するのに、
少し時間がかかりますが、LED照明は
ONした瞬間すぐに明るくなります。

また、頻繁にスイッチを切ったり、
入れたりしても寿命にはあまり影響が
ないので、玄関灯、トイレ、洗面所、
廊下のダウンライトなどに適しています。
 
⑤虫が集まりにくい
LED照明の光は、蛍光灯に比べて
虫が集まりにくいです。
 
⑥色あせしにくい
LED照明の光は、熱がなく紫外線も
あまり含んでいないので写真や
絵画が色あせしにくいです。

⑦ランプだけ交換出来ない
LEDシーリングライトはLEDランプと
器具が一体になっている為に、器具の
寿命がくれば、器具ごとの交換になります。
 

LEDシーリングライトを選ぶ前に

LEDシーリングライトを選ぶ前に、
まずは天井に以下のような配線器具
ついているか、確認をしましょう。

haisenkigu

このような配線器具が付いていれば、
自分で取り付けすることが出来ますよ!
 

器具の重量により、使っている配線器具に
取り付けできない場合があります。
 
古い照明器具などの場合は、直接照明器具に
配線されている場合があります。
 
その場合は、電気店へ配線器具の
取り付けを依頼しましょう。
 

LEDシーリングライトの選び方

最新のLEDシーリングライトは調光
調色など、様々な機能がついたものがあり、
どれを選んだらいいのか、わかりにくいですよね。

しかし、以下に説明するたった4つの
ポイント
を押さえて選べば大丈夫ですよ^^

選び方の4つのポイント

■明るさ「ルーメン(lm)」
■機能
■照明器具の大きさ
■照明器具のデザイン

では、順に説明していきますね。
 
①部屋の畳数に合った明るさのものを選ぶ
最も重要なのが、使用する部屋の大きさに適した
明るさのLEDシーリングライトを選ぶことです。
 
照明が明るすぎたとしても、明るさを調整して
暗くすることは出来ますよね。
 
しかし、購入したLEDシーリングライトの出力が、
部屋の大きさに合致していなくて、暗かった場合には、
どうすることも出来ませんから。
 
だから、LEDシーリングライトの明るさ選びは
慎重にして下さいね。
 
それでは、選ぶときの基準となる「ルーメン」から
説明しますね。
 
LEDシーリングライト全体の明るさを
器具光束と呼び、単位はルーメン(lm)です。
数値が大きいほど明るくなります。
 
日本照明工業会でLEDシーリングライトの
適用畳数の表示基準が制定されています。
 
表示基準では、部屋の大きさに対して、
何ルーメンの明るさが必要か、定められています。
 
だから、この基準を参考にして器具を選べば、
だいたい満足する明るさの器具を選ぶことができるでしょう。

適用畳数 標準定格光束(lm) 定格光束の範囲(lm)
~4.5畳 2700 2200~3200
~6畳 3200 2700~3700
~8畳 3800 3300~4300
~10畳 4400 3900~4900
~12畳 5000 4500~5500
~14畳 5600 5100~6100

出典:日本照明器具工業会ガイド121:2011
「住宅用カタログにおける適用畳数表示基準」
 
★ポイント

明るさは人により感じ方が違いますよね。

一般的に高齢者は比較的若い人と比べると、
より明るいのを好むようです。

だから、高齢者の方は、実際の畳数よりも
1ランク上畳数表示の器具を選びましょう。

たとえば、6畳で使用する場合には、
8畳タイプのものを選ぶのです。

また、部屋の内装色が濃い場合も同様に、
1ランク上の畳数表示の器具を選びましょう。

 

②欲しい機能がついたものを選ぶ
LEDシーリングライトにはいろいろな機能
ついたものがあります。
 
自分が欲しい機能が付いたものを選びましょう。
 
調光機能
生活のシーンによって明るさ変えることが、
できる機能です。
 
調光機能は機種によって、4段階~無段階まで
調節できるものがあります。
 
そして、明るさを調整することにより、
省エネにもつながりますね。
 
調色機能
生活シーンによって光の色を変えることが、
できる機能です。
 
光の色は一般的には、「昼光色」、「昼光色
電球色」などがあります。
 
昼光色はすがすがしい爽やかな光です。
青白い光が、部屋をすっきり明るくしてくれます。
 
昼光色はいきいきとした明るい光です。
白い自然な光が、部屋を明るくしてくれます。
 
電球色は落ち着いた温かみのある光です。
リラックスができ、和室にぴったりの色です。
 
この他にも、以下のような便利な機能がある
LEDシーリングライトがあります。
 
部屋の明るさをセンサーが感知して、
自動で調光して、部屋の明るさを一定に保つ、
自動調色・調光」機能。
 
自分の好みの明るさや色合いを記憶することが
できる「明るさメモリ」機能。
 
10分間や30分間の設定でだんだんと暗くなり、
自動で消灯する「おやすみタイマー」機能
 
留守中に自動で点灯や消灯して、在宅を装う
留守番」機能
 
いろいろな便利な機能がついたものが、
ありますね。
 

③照明器具の大きさ
古い器具と交換する場合ですが、
新しく選ぶ器具のほうが小さいと、
天井面に古い器具の跡が残ってしまいます。
 
付け替える場合は、
器具の大きさに注意が必要です。
 
raitokei

カタログに記載の器具の寸法の単位は「mm」ですので、
注意して大きさを選びましょう。
 

④照明器具のデザイン
LEDシーリングライトにも様々なデザインがあるので、
部屋に合ったデザインの器具を選ぶようにしましょう。
 
大きくわけると、以下の4つのタイプになります。
■スタンダードタイプ
■シンプルタイプ
■薄型タイプ
■スクエアタイプ

では、タイプ別に特徴を見ていきましょう。

スタンダードタイプ
sutanda-do
どのような部屋にも馴染む、
いわゆる普通のタイプです。
  
シンプルタイプ
 sinpuru
機能や操作を簡略化されたタイプで、
子供部屋などに最適です。

薄型タイプ
usugata
天井の圧迫感がなく、部屋がすっきりします。

スクエアタイプ
sukuea
和室によく馴染みます
 

最近では様々なデザインの
LEDシーリングライトが、発売されているので、
自分の好きなデザインのものを選ぶといいですよ。
 
演色評価数(Ra指数)について

色の見え方演色と言い、太陽の光に近い
演色のライトが、目に優しいライトとされています。
 
太陽の光を演色評価数Ra100とされていて、
Ra80以上あれば、色を忠実に
再現
するといわれています。
 
主要メーカーのLEDシーリングライトであれば、
Ra85前後あるので、まずは問題ないでしょう。
 
しかし、あまり聞きなれないメーカーなどの場合は、
演色評価数(Ra指数)がRa80以上あるか確認しましょう。

 

楽天市場のLEDシーリングライトの売れ筋商品はこちら
 
Amazon.co.jpのLEDシーリングライトの売れ筋商品はこちら
 
 

最後に

いかがでしたでしょうか?
 
LEDシーリングライトの選び方ですが、
まずは明るさを選び、次に機能
選び、次に大きさを確認して
あとは好みのデザインの器具を選ぶだけ!
 
例えば、「○○ルーメン」くらいの明るさで、
「調光」と「調色」の機能が付いていて、
大きさは現在付いているより少し大きめの
径が「○○mm」くらいで、「スタンダード」
タイプにしようという感じですね。
 
選ぶポイントを覚えてしまえば、
意外と簡単だと思いませんか?


スポンサーリンク

 

あわせて読みたい関連記事

“LEDシーリングライトの失敗しない選び方” への2件のフィードバック

  1. 二階堂 より:

    LEDシーリングライトが我が家がリビングが14畳ですが二つついています、洋風ですが、一つが何畳用が良い出か、

    • martha より:

      リビングが14畳で二つ照明があるとのことですが、
      部屋のタイプはLD(リビングダイニング)として、
      お答え致します。
      ダイニングのテーブル上の照明は、補助照明と
      考えて、点灯している時間も短いので
      普通の蛍光灯でも十分かと思います。
      また、リビング上のメイン照明は余裕をもって、
      14畳が良いかと思います。
      もし、ダイングのテーブル上も長時間使用するのであれば、
      こちらは、6畳用くらいのLEDシーリングライトに
      なさってはいかがでしょうか。
      どちらも調光機能のついたものを選べば、
      明るさを調節できるので好みの明るさできますよ。

二階堂 にコメントする

*

Current ye@r *

このページの先頭へ