ノロウイルスの感染予防 家庭でのポイントは?



いよいよ、冬季を中心に発生する
ノロウイルス(感染性胃腸炎)の
季節がやってきましたね。
 
小さなお子様がいらっしゃるお母様方は、
心配なのではないでしょうか?

rotanoro01
 
では、ノロウイルスによる感染を予防するには、
どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。
 
今日は、ノロウイルスの感染予防
家庭で気をつけないといけないポイントを
まとめました。
 
また、もし、家族でかかった方がいた場合の
感染を防ぐポイントなどを紹介します。

スポンサーリンク
   
 

ノロウイルスとは?

ulirusu
では、ノロウイルスって、どのような
ウイルスなのでしょうか?
 
簡単にまとめてみました。
 
ノロウイルスは、冬場に多く発生する
感染性胃腸炎の原因となるウイルスです。
 
菌やウイルスのついた食品を食べたり
患者さんの便おう吐物から人の手を
介して感染します。
 
感染力が大変強いので、二次感染して
集団感染をおこしやすいです。
 
症状は、24~48時間の潜伏期間を経て、
おう吐、下痢、腹痛、発熱などの症状が、
1~2日間続いた後、治癒します。
 
小さい子どもお年寄りなどは抵抗力が
弱く、死に至るケースがあるので
注意が必要です。
 
症状によっては大人もつらいようです。

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスの感染経路ですが、
以下のようなものがあります。

  • 2枚貝などのノロウイルスに汚染された食品を
    加熱不十分で食べて感染。
  • 感染した人のおう吐物やふん便を介し感染。
  •  
    以上のことを踏まえたうえで、
    感染予防のポイントを紹介していきます。
     

    ノロウイルスの感染予防のポイント

    家庭内でのノロウイルス感染予防
    気をつけるべきポイントをまとめました。
     

    ①せっけんで手をよく洗う

    tn_tearai01
     
    まずは石鹸で手を洗うことが大切です。

    手洗い前のポイント
    ・時計や指輪を外しておく
    ・爪は短く切っておく

     
    効果的な手洗いの方法

    ①石鹸をつけて、手のひらを
    よくすりあわせる。

    ②手の甲をよくこすり洗う。

    ③指先と爪の間を丹念にこすり洗う。

    ④指と指の間をこすり洗う。

    ⑤親指と手の平をねじり洗いする。

    ⑥手首をこすり洗う。

    ⑦丹念に水で洗い流す。

    ⑧清潔なタオルやペーパータオルなどで、
    完全に拭き取る。

     

    家庭では、タオルを家族で使いまわしてはダメ!
    一人ひとり、タオルをわけて使いましょう

     

    ②おう吐物やふん便は正しく処理する

    すぐに処理できるように、以下のものを
    日頃から用意しておくといいでしょう。

    ・バケツ
    ・塩素系消毒液(ハイター、キッチンハイターなど)
     ※ワイドハイターは酸素系漂白剤なのでダメです。waidohaita
    ・ビニール製手袋かゴム製手袋
    ・エプロン
    ・マスク
    ・ナイロン袋
    ・ペーパータオル

     

    ノロウイルスは、ごく少量でも手などを介して
    感染してしまう場合があるようです。
     
    処理をする人自身が感染しないようにするには、
    正しく処理する必要があります。

     
    おう吐物・便の処理の仕方

    処理は一人でして、他の人は近づかない。
     
    マスク、エプロン、手袋を着用し、
    部屋の窓をあけて換気をよくする。
     
    汚物(おう吐物・便)のおよそ1m手前
    ペーパータオルをかぶせ、
    次亜塩素酸ナトリウム消毒液をかける。
     
    汚物にペーパータオルをかぶせ、
    消毒液をかけ、飛び散るのを抑える

    汚物はペーパータオルで外側から内側に
    向けて、汚れた面を中に折り込みながら
    ゆっくりと拭い取る。

    同一面でこすると汚染を拡散
    してしまうので注意して下さいね。

    使ったペーパータオルは、すぐに
    ナイロン袋に入れて処分します。

    0.1%次亜塩素酸ナトリウムをしみ込む程に
    ナイロン袋内に入れて消毒することが好ましいです。

    拭き取った場所やその周辺を0.1%次亜塩素酸ナトリウムを
    しみ込ませたペーパータオルで覆うか、あるいは
    浸すように拭いてから、10分後に水拭きします。
     
    ※0.1%次亜塩素酸ナトリウム液の作り方は
    後述しています。
     
    使用した着衣は廃棄するのが望ましいです。
    消毒する場合は0.02%の希釈液に30~60分浸しておく。
     
    ※0.02%次亜塩素酸ナトリウム液の作り方は
    後述しています。
     
    手袋は付いた汚物が飛び散らないように、
    表面を包み込むように裏返して外します。
     
    使ったペーパータオルと同じように
    ナイロン袋に入れて処分します。
     
    処理後は手洗いをします。

    出来れば、処理後にシャワーを
    浴びるのが望ましいです。

     
    下痢をしている人がいれば、
    トイレのドアノブなども消毒します。

     
    下記の動画で、実際に処理している様子が説明されています。

     

    ③食品の取り扱いに注意する

    食べ物は生もの和え物は控え、
    しっかりと中心部まで加熱した食品だけにする。

    加熱は中心温度85℃1分以上

     
    下痢おう吐などの症状がある人は、
    食品を取り扱ってはいけません。
     

    ④調理器具はよく洗浄し、殺菌する

    使った包丁まな板などの調理器具は十分に洗浄する。

    その後、次にあげるどちらかのやり方で殺菌する。

  • 熱湯消毒⇒85℃で1分間以上
  • 0.02%の次亜塩素酸ナトリウムに浸す
  •  

    次亜塩素酸ナトリウム希釈液の作り方

    ノロウイルスには次亜塩素酸ナトリウムが有効です!
     
    次亜塩素酸ナトリウムには「ハイター」や
    キッインハイター」「ピューラックス」などがあります。
     

    ※用途によって濃度が違います。
    ※作り置きしたものは効果がないので注意して下さい。

     
    以下は次亜塩素酸ナトリウムの原液濃度5%の場合です。

    0.1%次亜塩素酸ナトリウム溶液
    用途 ⇒ おう吐物・ふん便
     
    500mlのペットボトルに5%塩素系漂白剤の
    キャップ1杯分(約25ml)を混ぜます。
     
    ※手指などの消毒には絶対使用しないこと!

     

    0.02%次亜塩素酸ナトリウム溶液
    用途 ⇒ 衣類、調理器具の消毒、殺菌
     
    水5L入りのバケツに5%塩素系漂白剤の
    キャップ2杯分(約50ml)を混ぜます。

     

    塩素系漂白剤のキャップ1杯の容量は
    メーカーにより、多少違いますが、約22~25mlです。
     
    ペットボトルのキャップなら
    1杯の容量は約5mlです。

     

    最後に

    いかがでしたでしょうか?
     
    ノロウイルスを予防するポイントは
    十分な加熱手洗いにあるようですね。
     
    最悪、発症してしまった場合は、
    正しいおう吐物などの処理が必要のようです。
     
    我が家の家族は、幸いにして、ノロウイルスによる
    感染性胃腸炎にはかかったことはありません。
     
    しかし、今後もかからないように、食材には
    しっかりと火をとおしてもらいきっちりとした
    手洗い
    をやっていこうと思います。
     
    なにせ、ノロウイルスに感染して発症して、
    動画のようになると「めちゃくちゃ」辛そうでしたから。
     
    あなたに、小さいお子様がいらっしゃるのなら、
    きっちりとした手洗いをしてあげて、
    ノロウイルスの感染予防をしてあげて下さいね。


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ