節分と豆まき 由来と正しい作法は?


正月が過ぎ、もうすぐ節分がやってきますね。
 
節分といったら豆まきですが、よく小さい頃に
豆まきをした記憶があります。
 
あの頃は、何も思わずに「鬼は~外」、「福は~内」と
楽しく豆まきをやったものです。
 
setubuntop
 
しかし、今になって疑問に思うのですが、
どうして節分には豆をまくのでしょうか?
 
まわりの人に訊いても、たぶん知っている人は
いないと思うのでちょっと調べてみました。
 
ということで、今回は節分豆まき由来
正しい豆まき作法について紹介します。

スポンサーリンク
   
 

節分の由来

節分とは立春の前日のことですが、
どうしてそうなったのか、その由来を紹介します。
 
2月3日は節分ですが、節分とは「季節を分ける」、
つまり季節の分かれ目の意味で
立春・立夏・立秋・立冬の前日を指します。
 
だから、立春・立夏・立秋・立冬おのおのの、
前日に一年に4回あったのです。
 
 
それが、何故立春の前日だけを節分と
呼ばれるようになったのでしょうか?
 
 
それは日本では冬から春になる時期を1年の境として、
立春を1年の始まりとして、特に重んじたために
徐々に節分といえば春の節分だけを示すようになったそうです。
 
 
立春を1年の始まりである新年と考えることで、
節分は大晦日(おおみそか)にあたります。
 
平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らが「追儺(ついな)」と
呼ばれる旧年の厄や災難を祓(はら)い清める儀式をしていました。
 
また、室町時代以降には、豆をまき鬼を追い払う行事へと
変わっていき、民衆にも伸展していったのです。
 

豆まきの由来

mamemaki
 
節分には、どうして豆をまくのでしょうか?
これは、中国の風習が伝わったとされているようです。
 
豆は「魔滅(まめ)」とかけ、無病息災を祈る旨趣があります。
 
また、京都の鞍馬に鬼が出没したときに、毘沙門天の
お告げにより、豆を鬼の目に投げつけて、鬼を
やっつけることができたという話が残っています。
 
魔の目(魔目⇒まめ)」に豆を投げつけて
魔を滅する(魔滅⇒まめ)」ということです。
 
豆まきは、世間一般では「年男(その年の干支生まれの人)」や
家の世帯主が、豆をまくとされています。
 
しかし、今では家族全員で豆をまく家庭も多いようです。
 
また、自分の数え年の数だけ豆を食べることで、
病気をせず、健康になるとされています。
 

豆まきの作法

節分の豆まきの作法ですが、いくつかのしきたりがあります。
 

豆まきのしきたり

  • まく豆は「炒った豆」を使用する
  • 掛け声をかけながら豆をまく
  • 豆をまくのは、本来主人あるいはその年の干支生まれの人
  • まかれた豆を自分の数え年分だけ食べる
  • 焼嗅(やいかがし)を飾る⇒これは気分の問題です(任意)
  •  
    節分の豆まきの作法で気をつけるポイントを一つひとつみていきましょう。
     
     
    まく豆は「炒った豆」を使用する
    豆まきに使う豆ですが、炒った豆を使用しなくてはいけません。
     
    何故かというと、生の豆を使って拾い忘れた豆があると、
    その豆から芽が出ると縁起が悪いからです。
     
    また、「炒る」は「射る」とかけて、鬼や大豆は陰陽五行説の
    「木・火・土・金・水」の五行の【金】を意味します。
     
    この【金】の作用を滅ぼすとされる「火」で大豆を炒ることで、
    鬼を封じるという意味があるようです。
     
    最終的には、豆を人が食べることによって、
    鬼を退治したということになるのです。
     
     
    掛け声をかけながら豆をまく
    普通は「鬼は外」「福は内」ですが、鬼を祭神としている
    寺社などは「鬼も内」と言う場合もあります。
    (鬼の字が苗字に使われている家庭も同じです。)
     
     
    まかれた豆を自分の数え年分だけ食べる
    自分の年よりも1個余分に食べる地域もあります。
    これは、風邪をひかないなど、体が丈夫になる
    いい伝えがあることによるそうです。
     
     
    玄関に焼嗅(やいかがし)を飾る
    hiragiiwasi

    まずは、鬼が入ってくるのを防ぐ為に、柊(ひいらぎ)の小枝に
    焼いた鰯(いわし)の頭を挿した焼嗅(やいかがし)を玄関先に飾る。
     
    柊(ひいらぎ)の葉の棘(とげ)が鬼の目を刺すので門口から
    鬼が入ることができず、また鰯(いわし)の臭いで鬼が
    近づかないとされています。
     
     

    豆まきのやり方

    mamemakiirsuto
     
    しきたりが、わかったところで、豆まきやり方(作法)の例を紹介します。
     
    節分の豆まきをする時間ですが、鬼は夜に出てくると
    言われているので、節分の日の夜に行います。
     
    ①まずは玄関の内側から
    玄関の内側から外に向かって「鬼は~外」と言いながら3回まきます。
    豆をまく人以外は、少し後ろで掛け声だけをかけます。
    掛け声は思いっきり元気よくだしましょう!
     
     
    ②各部屋の窓から
    次は、各部屋の窓から外へさっきと同じ要領で
    「鬼は~外」と3回づつ言いながら豆をまきます。
    この時も、豆をまく人以外は、少し後ろで掛け声だけをかけます。
     
     
    ③玄関の外側から
    各部屋の窓から外への豆まきが終わったら、玄関に戻って、
    玄関の外から家の中へ向かい「福は~内」と言いながら3回まきます。
    同じように豆をまく人以外は、少し後ろで掛け声だけをかけます。
     
     
    ④各部屋をまわる
    部屋にまくときは、部屋の入り口から部屋の中に向かい
    「福は~内」と言いながら3回まきます。
    豆をまく人以外は、少し後ろで掛け声だけをかけます。
     
    このようにして、各部屋を順番にまわります。
    (お風呂やトイレもまくことが、望ましいです。)
     
     
    ⑤豆を食べる
    豆まきが終わったら、自分の数え年(自分の満年齢+1)の
    数の豆を無言で静かに食べます。

    豆の数が多すぎて食べきれない場合は、茶碗に豆を入れ
    熱いお茶を注いでお茶だけ飲んでもいいとされています。
    また、取っておいてから、おやつ代わりに食べるのもありです。
     
     
    ⑥片付ける
    食べ終わったら、掃除機や箒(ほうき)で豆まきした豆を片付けます。
     
     

    最後に

    いかがでしたでしょうか?
     
    節分の豆まきの正しい作法を紹介してきたのですが、
    作法にこだわることなく、子供達も一緒に楽しく豆まき
    されたらいいと私は思います。
     
    だって、子供達も豆まきをしたいはずですから!
     
    家族で一緒に楽しい豆まきをして下さいね^^
     
    子供達の笑顔が、鬼を追い出し清清(すがすが)しい立春を
    迎えることができると思いますよ \(☆^〇^☆)/
     


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ