姫路城!見学の再開はいつ?今はどれだけ見れる?


2009年10月から始まった姫路城の「平成の大修理」も
いよいよ大詰め段階にはいり、完成まであと1年と少しです。
 
2014年1月15日には姫路城大天守修理見学施設「天空の白鷺」も
閉館してしまいましたね (-_-#)
 
DSCF128
 
なかには、姫路城内部の見学が再開される日が待ち遠しい方も
いらっしゃると思いますが、意外と再開される日を
知らない方が多いようですね。
 
ということで、今日は姫路城内部の見学再開される日を紹介します。
 
また、「天空の白鷺」が閉館したので、姫路城周辺の敷地内に入れないと
思っている方がいらっしゃるようですが、そうではありません。
 
「天空の白鷺」は終了しましたが、「二の丸」などに入場できますよー!
 
危険防止の為に、一定期間、大天守とその周辺には
立ち入り出来ませんが、その他の場所の見学は可能なのです。

スポンサーリンク
   
 

姫路城!天守群の見学再開日はいつ?

姫路城の天守群の見学再開日ですが、
 
平成27年3月27日から一般公開をされます。
 
再開にあたっては、城内の「連立天守群」、「西の丸周辺」、
リの一渡櫓周辺」の3エリアで展示が一新される予定です。
 
どんなのが出来るか、楽しみですね☆(^▽⌒)
 
そして、一般公開前日の3月26日には完成記念式典が行われ、
4月以降には祝賀行事も予定されています。
 
また、余談になりますが、
平成26年1月12日には姫路城大手門前の家老屋敷跡公園(姫路市本町)に、
ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館」がオープンしました!
 
このパビリオン「黒田官兵衛 大河ドラマ館」は現在放送中の
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で主な舞台となる姫路の観光客を
もてなそうと約一年間の期間限定で公開されたのだそうです。
 
「軍師官兵衛」の大河ドラマの視聴率もまあまあいいので、
大河ドラマ館も人気がでるのではないでしょうか?
 

姫路城の現在の見学制限エリア

実を言うと、お恥ずかしい話なのですが、地元民の私もつい先日まで
「天空の白鷺」が閉館したから全く見学できないと思っていました。
 
だから、私のように見学できないと思われている方が、
多勢いらっしゃるのではないでしょうか?
 
先述のように「天空の白鷺」が閉館したのですが、
天守群」、「備前丸」、「大天守北側東側」は入れないものの、
その他に入場できるところがあります。
 
見学できる所は西の丸、二の丸、三国堀やお菊井戸などです。
 
◆平成26年1月16日から平成27年3月26日までの見学制限エリア
 
2013112511193
出典:探検 姫路城http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/_7507.html

※上記の赤色部分は見学出来ません。
※天候や工事の進捗状況で、日程や場所が変更になることがあります。
 

姫路城の天守閣はいつごろ見れる?

現在の天守閣の様子ですが、天守閣に工事用建屋が覆いかぶさっているため
残念ながら観ることは出来ないようです。
 
しかし、東西や北面の覆いが徐々に撤去されていき、
少しずつではありますが内部の鉄骨が見えてきています。
 
時期的には、3月中旬頃に素屋根の解体が始まって、5月中旬頃にかけて
少しずつではありますが、天守閣鉄骨ごしに見えてくるようです。
 
さらに、6月中旬頃になると鉄骨が撤去され始め、
天守閣の上部から徐々に美しい姫路城が現われてくるでしょう。
 
8月くらいには石垣から上の部分の素屋根の解体工事完了する予定です。
 
そうすれば、化粧直しをした綺麗な姫路城全体の様子が
見られるようになるでしょう。
 
himejijyo
 

最後に

いかがでしたでしょうか?
 
私は姫路城から少し離れた町に住んでいますが、天守群を見学したのは
約10年以上も前になります。
 
2013年4月の花見の時期に姫路城大天守修理見学施設「天空の白鷺」には
行ってきたのですが、漆喰(しっくい)塗りの屋根はなかなか見事でしたよ(〃^∇^)
 
それを観て、また天守群の見学に行きたいと思いました。
 
姫路城の天守群の見学再開まで、1年と少々となりましたが、
「姫路城」が化粧直しをされ、綺麗な姿を現す日が待ち遠しいですね。
 
工事が進んでいくにつれて姫路城は、だんだんとその綺麗な姿を
現していき、大河ドラマ館オープンしたので今後の姫路城と
その周辺はますます賑わっていくかも知れないですね。
 
大河ドラマ館についてはまた後日紹介しようと思いますのでお楽しみに!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ