入学祝いに添える手紙!文例集はココ!


前回の記事で「入学祝いの書き方」を紹介したのですが、いかがでしたか?
 
参考になりましたでしょうか?
 
「あんなのじゃ、いちいち考えなくてはいけないいけないから
面倒くさいや」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
tegami2top
 
手紙を簡単に書くには、やはり文例を利用するのが一番簡単ですね。
 
文例なら、ちょこっと何箇所かを変更するだけで、
簡単に入学祝いの手紙書けますよね (*^_^)
 
ということで今日は入学祝いに添える手紙文例をお届けします。
 
「親宛」、「本人宛」、「友人宛」、「知人宛」、「知人の娘宛」などの
入学祝いの手紙の文例を用意しましたので参考にどうぞ!

スポンサーリンク
   
 

入学祝いの手紙の文例集

入学を祝う手紙は、お祝いの金品を送るとき
添えるケースがほとんどです。
 
小学校の入学祝いの手紙は親宛に出すのが自然です。
 
しかし、中学入学以降は、本人を一人前に扱うという
敬意を込めて本人宛に書くのがいいでしょう。
 
それでは親宛の手紙から順に入学祝いの文例を紹介しましょう。
 
pen
 

入学祝いの手紙「親宛」の文例

◆親宛の入学祝いの手紙の文例①

梅のつぼみもほころぶ季節となりました。
4月からは、いよいよ○○くんも小学生ですね。
御入学おめでとうございます。
まだ幼く可愛らしかった○○くんがご立派に成長され月日が
たつ早さに驚くばかりです。
ご家族の皆様のお喜びと感慨もひとしおのことでしょう。
○○くんもさぞご入学を楽しみにしているのでしょうね。
たくさんのお友達といっしょに、元気に毎日をお過ごしに
なることをお祈りしています。
心ばかりではございますが、お祝いのしるしを同封させていただきます。
入学の準備品に使っていただければ幸いです。
末筆ながら皆様のご健勝をお祈りいたしまして、
まずはお祝い申し上げます。

 

◆親宛の入学祝いの手紙の文例②

ようやく春らしい暖かな日ざしも感じられるようになりました。
聞くところによりますと、○○さんにはこのほど○○高校に
見事合格なさったとのこと、本当におめでとうございます。
かわいくよちよち歩きをしていたのが、つい昨日のように感じられますが、
年月が過ぎるのは本当に早いものです。
ご家族の皆様のお喜びと感慨もひとしおのことと思います。
○○さんが、新しいお友達をいっぱいつくって
楽しく過ごせることをお祈りしています。
気持ちばかりではございますが、お祝いのしるしを
同封いたしましたので、どうかお納めください。
入学式の晴天を願いつつ、まずはお祝い申し上げます。

 


入園・入学祝いに一緒に文具セット
贈ると喜ばれるのではないでしょうか?

楽天市場の「入学祝い 文具セット」の検索結果はこちら

Amazon.co.jpの「入学祝い 文具セット」の検索結果はこちら

入学祝いの手紙「本人宛」の文例

 
◆本人宛入学祝いの手紙の文例①

○○ちゃん、ご入学おめでとう。
お友だちをたくさんつくって、まいにち元気にすごしてくださいね。
○○ちゃんのお祝いにささやかですが図書カードをお送りいたしました。
また、すきな本でも買ってよんでください。
お父さん、お母さんにもよろしくお伝えくださいね。
本当におめでとう。

 

◆本人宛入学祝いの手紙の文例②

○○ちゃん、合格おめでとう!
これまでのご努力が実を結び、私も自分のことのように嬉しく思っています。
また、今までいろいろと支えてくださったご両親も、
さぞご安心なさってお喜びのことと存じます。
○○ちゃんは将来○○(職業など)になりたいとの希望をお持ちとのこと、
その夢の実現に向けて楽しく充実した高校生活をお送りになることを
心からお祈りしています。
そんな応援の気落ちを込めて、ささやかなお祝いに図書券をお送りします。
お受け取りください。
ご両親にもどうぞよろしくお伝えくださいね。

 

入学祝いの手紙「友人・知人宛など」の文例

◆友人宛の入学祝の手紙の文例①

南のほうからは花の便りも聞かれるような季節になりましたね。
○○ちゃんのご入学おめでとうございます。
小さいときから利巧な坊ちゃんでしたから、これからが楽しみですね。
○○ちゃんのお祝いに○○をお送りしました。お役に立てば幸いです。
○○ちゃんにも健康に気をつけて頑張られるようお伝え下さい。

 

◆友人宛の入学祝の手紙の文例②

若草の萌え立つ季節になりました。
皆様お変わりありませんか。
このたびは、○○ちゃんのご入学、おめでとうございます。
初々しいランドセル姿の○○ちゃんを思うと、
我がことのように心浮き立つ思いでおります。
○○さんはもちろん、ご家族の皆様もさぞお喜びのことでしょう。
希望に満ちた有意義な学校生活を送ることができますよう
お祈りいたしております。
お祝いのしるしに○○を別送しましたので、どうかお納めください。
取り急ぎ、お祝いまで

 

◆知人宛の入学祝の手紙の文例

拝啓 貴家ますますご清祥のことと存じます。
さて、ご長男○○君にはこのほど○○大学に見事合格なさったとのこと、
まことにおめでとうございます。
承るところによれば、倍率の高い難関の大学とか、やはり○○さまの
お子様と納得いたしました。
失礼とは存じますが、心ばかりのお祝いをお送りいたしましたので、
なにとぞお納めください。
末筆ながら奥様にもよろしくお伝えください。
                             敬具

 

◆知人の娘宛の入学祝の手紙の文例

○○さん、貴女がご希望の○○大学へ合格なさったこと、
お母さんからうかがいました。
本当におめでとうございます。
これからはいよいよ本格的なお勉強で大変でしょうけど、
張り合いもありますね。
私も応援していますので、是非頑張ってくださいね。
お祝い少しお贈りしますのでお受け取りください。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
 
私の親戚はみな、近くに住んでいましたので、
子どもへの入学祝いは家に持ってきてくれました。
 
その時は、本人だけでなく私も希望に満ち嬉しかったのを覚えています。
 
私も、甥や姪に入学祝いを持っていったことがあるのですが、
しゃべるのがあまり得意ではないので、
ただ「入学おめでとう」と言っただけでした。
 
今から思えば、お祝いの品に簡単なメッセージでも添えて渡せば、
もっと気持ちが通じて喜んでもらえたのではないかと後悔しています。
 
あなたも入学祝いを送る場合だけでなく、手渡しするときも簡単な手紙
添えてわたしてみてはいかがでしょうか?
 
言葉だけよりも手紙も添えることで相手の喜びもぐっと増しますよ!
 
手紙は後々残るので、そのメッセージを見るたびにあなたのことを
思い出してくれるかもしれませんね^^


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ