ワイン初心者の為のおすすめワインの選び方は?


ワインには様々な種類があり、
価格も数百円と安いものから、white_wine
時には数万円もするものがあります。
 
 
ワイン初心者だったら、いったいどれを
選べばいいのか迷ってしまいますよね。
 
 
今回はワイン初心者におすすめのワインの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク
   
 

ワインの種類

ワインの種類には赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン
などがあるのはご存知ですよね
 
 
では、その違いは何かわかりますでしょうか?

それは原料と製造方法などにあります。
 
 
赤ワイン
 
redwin
 
赤ワインは赤い皮の葡萄(業界用語では黒葡萄)から造られます。
 
 
そして、赤ワインの製造方法は、
果汁を一緒にして発酵させます。
 
 
そうすると、アルコールが生成されてきた時に
赤い色素が溶け出して色がついてきます。
 
 
赤色が薄いほど若く、
熟成されていくと濃い赤色になります。
 
 
また、一般的に赤ワインは渋味があり、
アルコール度数が高いものが多いです。
 
 
白ワイン
 
sirowain

白ワインは白い皮の葡萄から造られます。
 
 
白ワインは葡萄から果汁だけを先に絞ってから、
その果汁だけを発酵させて醸造されますから、
皮の色は白、黒関係はありません。
 
 
白ワインはアルコール度数低いものが多く、
味はフルーツに例えると林檎などに似た味のものが多いです。
 
 

一般的には赤が辛口、白が甘口と言われますが、
必ずしもそうではありません。

 
 
ロゼワイン

簡単に言えば、赤と白の中間のワインですが、
赤ワインと白ワインを混ぜて造るのではありません。
 
 
造り方は、赤ワインと同じ葡萄、製法で熟成期間短くする、
又は赤用と白用の葡萄を混ぜて醸造する方法があります。
 
 
また、赤、白半分づつのワインと思われがちですが、
本当は白ワインに近いワインなのです。
 
 
スパークリングワイン

スパークリングワインは簡単にいうと
発泡性(泡立つ)のワインのことをいいます。
 
 
ちなみに「スパークリングワイン」と「シャンパン」との違いですが、
スパークリングワイン」のうちの
カテゴリのひとつが、「シャンパン」なのです。
 
 
この「シャンパン」はフランスのシャンパニュー地方で、
瓶内二次発酵法」により作られた
スパークリングワインのことをいいます。
 
 

ワイン初心者のおすすめのワインの選び方

 
wainirasuto
 
ワイン初心者が好みのワイン選ぶのに
一番簡単な方法、それは裏ラベルにあります。
 
  
裏ラベルの「味わい」について書かれたところを見ます。
 
 
赤ワインであれば、『ボディ』について書かれたところ
を見ると「ライトボディ」・「ミディアムボディ」・「フルボディ」の
どれかが書かれています。
 
この中でワイン初心者におすすめで飲みやすいのは
「ライトボディ」・「ミディアムボディ」です。
 
 
白ワインの場合は、甘辛度で選ぶと良いでしょう。

一緒に食べる料理によっても違いますが、
一般的に飲みやすいのは甘口ですね。
 
 
 もう一つの選択肢、ロゼ&スパークリングワイン

ロゼワインは赤ワインの渋みや白ワインの酸味が苦手な方に
おすすめのワインで、料理にも合わせやすいです。
 
 
スパークリングワインは、炭酸が入っているので、
爽やかな味わいでワイン初心者も飲みやすく、
どのような料理にもマッチしやすいです!
 
 

 初めて選ぶワインの価格帯は?

ワイン初心者が最初に選ぶ、ワインの価格帯は、
およそ¥1,500以上のものをおすすめします。
 
 
¥1,000以下でも美味しいワインもありますが、
「安い」にも限界があり、¥1,500以上のワインと
比べるとワンランク下がります。
 
 
また、最初から低価格帯のワインを飲んでしまったら、
美味しくない」と思い込み、
もう飲まなくなってしまうかも知れないからです。
 
 
だから、ワイン初心者の最初の1本は
¥1,500以上のものをおすすめします。
 
 

ワインの味の決め手は“ぶどうの品種 ”

budou

なんといっても、
ワインの味は「ぶどうの品種」で決まると
言っても過言ではありません。
 
 
ここでは、ワイン初心者におすすめの
代表的なぶどうの品種を紹介しましょう。
 
 
白ワイン
 

ソーヴィニヨン・ブラン
白ぶどう品種の中でクセのない味わいが特徴のポピュラーな品種
 
 
シャルドネ
辛口ワインでは最もポピュラーな白ぶどうの王道品種
 
 
赤ワイン
 
 
ピノ・ノワール
フルーティーでとても繊細な味わいが特徴
食事なしでもワインだけで楽しめます。
 
 
カベルネ・ソーヴィニヨン
期待を裏切らない、しっかりとした味わいが特徴。
 
 
メルロー
酸味が低く、ソフトでコクがあり親しみやすい。
 
 
ぶどうの品種はボトルのラベルに記載されているので、
ワイン選びの参考にしましょう。
 
 
しかし、フランス産などの本場のワインは
ラベルの表示を見てもぶどうの品種が
わかりにくいものが多いようです。
 
 
ワイン初心者におすすめなのは、ぶどうの品種が
わかり易い「新世界ワイン」と呼ばれる
ニュージーランド産」、「アメリカ産」のワインです。
 
 
これらはおよそ\1,500~¥2,000程度で
購入することができるのでおすすめです。
 
 
■初心者の方にオススメなのが、
ワイン通販の人気ショップ【京橋ワイン
 
【京橋ワイン】ではそれぞれのシーン
シチュエーション別に合わせたワインを探せるので
あなたの欲しい素敵なワインがきっと見つかるはず!
 
きっと欲しいワインが見つかる!京橋ワイン 【1万円(税込)以上お買上で送料無料!!】

 
 

次回からのワイン選びが楽になる!

仮に今回飲んだワインが美味しかったとしましょう。

でも、なかなか銘柄など覚えられないのではないでしょうか?
 
 
そのような時の為にワイン選びの3つのコツがあります。

このポイントを抑えるだけでワイン選びが楽になりますよ!
 
 
1番目は“

 赤ワイン、白ワイン、ロゼワインのどれかを覚えておきましょう。

 また、スパークリングワインの場合でも、
 白ワイン、ロゼワインがありますよ。
 
  
2番目は“価格

  およその価格でいいので覚えておきましょう。

  「何百円だった」という程度で構いません。
 
 
3番目は“産地

  産地(原産国)を覚えておきましょう。

  一般的には造られた国を示します。

sekaichizu

覚え方としては、「フランスの白ワインで、
1,000円くらいで購入したのが美味しかった」

のような感じでチェックしておけばいいのです。
 
 
そうすれば、次に購入する時にも

同じ産地の同じ色のワインで価格も同じくらいのもの
を選べば、前回と同じようなワインが買えるはずです。
 
 
また、今回は「産地を変えて、オーストラリアの白ワインで
1,000円程度のものにしてみよう」とか、
 
 
「同じフランスの白ワインで、価格をちょっと落として
800円程度のものにしてみよう」といろいろ試してみるといいでしょう。
 
 


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ