エアコンの能力表示の見方!6畳~8畳表記の落とし穴とは?


エアコン能力表示見方分かりますか?
 
nouryokumoto
 
家電量販店のエアコン売り場ではよく「6~8畳用」などと、
畳数表示がされていますよね。
 
多勢の方が、「6畳から8畳の部屋向けのエアコン」という意味だと
思っているようですが、実は違うということをあなたは知っていますか?
 
また、能力表示を見るとよく「2.2kw」などと書いてありますが、
この数値は何なのかを知っている方は少ないように思います。
 
このエアコンの能力表示見方が分からないと、何を基準に
選んだらいいのか分かりませんよね。
 
そこで、今回はエアコンの能力表示の見方を紹介します。
 

スポンサーリンク
   
 

8~10畳表記の落とし穴

あなたが、エアコン選ぶときに一番参考にするのは何でしょうか?
 
8~10畳用」などと書いてある「畳数の目安」ではないでしょうか?
 
冒頭でも書きましたが、この「8~10畳用」と書いてある畳数の目安は
8~10畳の部屋に適しているということではありません。
 
「8~10畳用」と書いてあった場合ですが、冷暖房を利用する際に適した
部屋の広さが、「木造住宅なら8畳」、「鉄筋住宅なら10畳」という意味です。
 
だから、木造住宅に住んでいる人が、10畳の部屋に使用するために
8~10畳用」のエアコンを購入しても、実際の冷暖房の目安よりも広いために
思うように効かない場合があります。
 

エアコンの能力表示の見方

では、次にエアコンの能力(性能)表の見方について説明しましょう。
seinouhyouji
 
上の画像はパナソニック製エアコンの性能表の例です。
 
畳数の目安は先に説明したので省きます。
 
 
◆能力について

nouryokukw
 
暖房の能力を見ると「2.5」と書かれていますよね。
 
この数値は定格出力」の数値を表します。
(定格出力とは、そのエアコンの標準出力のことです。)
 
そして、(0.3~5.9)の数値は能力の範囲を表しています。
 
最小の数値が小さいほど、きめ細やかな温度管理ができ、
最大の数値が大きいほど、パワーが大きく、素早く暖房することが可能です。
 


◆消費電力について

nouryokusyouhi
 
暖房の消費電力(W)のところを見ると「420」と書かれていますよね。
 
この数値は定格出力で運転したときの「消費電力」を表しています。
 
暖房の定格出力が「2.5」なので、「暖房2.5」の能力を発揮するときには、
420W」の電力を消費するということです。
 
(105~1,480)の数値は
最小出力運転時の消費電力が「105W」、
最大能力運転時の消費電力が「1,480W」であることを表しています。
 


◆電気代の目安について

nouryokumotokikan
 
期間消費電力量のところを見ると「586kWh」と書かれていますよね。
 
この数値は一年間に冷暖房を使用した場合に消費する電力量を表しています。
 
これは、冷凍空調工業会規格で定められた以下のような計測方法に
従って計測された、暖房・冷房期間の年間消費電量量です。
 
(社)日本冷凍空調工業会規格に基づいた条件

外気温度 東京をモデルとしています。
設定室内温度 冷房時27℃ / 暖房20℃
期間 冷房期間6月2日~9月21日の3.6ヶ月間
暖房期間10月28日~4月14日の5.5ヶ月間
使用時間 6:00~24:00の18時間
住宅 JIS C9612による平均的な木造住宅(南向)
部屋の広さ 機種に見合った部屋の広さ(下記による)
冷房能力ランク(kW) ~2.2 2.5 2.8 ~3.6 ~4.5 5.0 5.6 6.3
畳数 6 8 10 12 14 16 18 20

  
例えば、
期間消費電力量が「586kWh」だとして、年間電気代を計算してみると・・・・・

年間電気代の計算方法
期間消費電力量(kWh) × 電気料金(円) = 年間電気代
 
上記の式に当てはめて、
仮に1kWhあたりの電気料金を22円として計算してみると、
 
586kWh × 22円 = 12,892円
(期間消費電力量)×(1kWhあたりの電気料金)=(年間電気代)
 
だから、この期間消費電力量586kWhのエアコンは一年間で
電気代がおよそ12,900円ほどかかりますということです。

 


◆暖房能力について
 
nouryokumototeion
 
「低温暖房能力」のところを見ると「4.5kW」と書かれていますよね。
 
これは、外気温が2度の時には最大能力が4.5kWになることを表しています。
 
この数値はエアコンで暖房能力を重視するときに
欠かせない重要な数値です。
 
この数値が大きいほど、寒い地域での暖房運転に
適しているエアコンと言えます。
 

⇒楽天市場の「エアコン 工事費込」のおすすめランキングはこちら
 

余談になりますが、

能力表示には記載されていませんが、寒冷地でエアコンを使用するには、
ノンストップ暖房」機能のついたエアコンが便利です。
 
従来のエアコンは外気温がある温度を下回ると室外機についた霜を
とるために、数分の霜取り運転をします。
 
この時は暖房運転をしていないので暖まった部屋の温度が
下がってしまいます。
 
しかし、「ノンストップ暖房」機能の付いたエアコンなら、
霜取り運転している間も暖房運転が続けられるので、
部屋の温度も下がりにくいです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
 
エアコンの能力表示の見方は分かりましたでしょうか?
 
部屋の広さに比べて能力の低いエアコンを買ってしまうと、
冷暖房が効きにくいです。
 
また、仮に設定温度になったとしても、常時フルパワーとなってしまい、
故障の原因寿命を短くしてしまうので、部屋の広さに合った
適正なエアコンを選びましょう。
 
とは言ったものの・・・・・、

「部屋の広さに合った適正なエアコンってどのように選べばいいの?」、
「同じ6畳用でもいろいろ種類があるので、どれを選べばいいのか分からない」と
あなたは思っていませんか?
 
エアコンの能力表示などについてある程度分かったと思うので、
次回はこれらの表示を元にしてエアコンの正しい選び方
ポイントを紹介しますのでお楽しみに!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ