ミニランドセル工房赤とんぼでリメイクしてもらったレビュー 感想


ほた~るのひ~かぁ~り、ま~どのゆ~ぅ~き~」と
蛍の光の歌がもうすぐ、あちこちの小学校から
聴こえてきそうですね。
 
小学校卒業されるお子さんをお持ちのお母さん
卒業おめでとうございます!
 
1sotugyousyoyso
 
私の下の娘達は現在中学1年生で、もうすぐ2年生に
なろうとしているのですが、小学校を卒業したのが、
ついこの間のように感じられます。
 
また、小学校の6年間は長いようで短く
あっという間に終わってしまったような気がします。
 
子ども達が6年間使ってきた思い出のランドセルも、
卒業後は使うこともなくなってしまいますよね
 
ランドセルは子ども達の思い出が詰まっているので、
捨てるのはちょっともったいないような気がしませんか?
 
しかし、ランドセルは大きさもそこそこあるので、
保管場所にも困ってしまいますよね。
 
そんなときに、元のランドセルの形を出来るだけ変えずに
ミニランドセルにしてくれるサービスがあるのを
ご存知でしょうか?
 
ミニランドセル工房赤とんぼ」さんでは、子ども達の6年間の
思い出を詰め込んだランドセルを手のひらサイズの
ミニランドセルリメイクしてくれます。
 
手のひらサイズのミニランドセルだったら、子ども部屋に
飾っておいても場所はとらないので邪魔にはならないですよね。
 
そこで、今日は私がミニランドセル工房「赤とんぼ」さんに、
子ども達のランドセルをリメイクをお願いしたときの
感想レビューを紹介します。

スポンサーリンク
   
 

ミニランドセルとは?

ミニランドセルとは、子ども達が6年間使用したランドセルを使って、
大きさが約4分1と、手のひらに乗るくらいのミニチュアサイズ
リメイクしたランドセルです。
 
大事なランドセルを残しておきたいけれど、大きいので
どうしようかと迷っている方は、ミニランドセルリメイク
してあげることも考えればいいと思います。
 
ミニランドセルのパーツは元のランドセルをミニチュア用に
小さくして使うので、小さくても子どもの思い出がギュッと
詰まったミニランドセルになります!
 
だから、新しい皮で作るものとは違い6年の間にできた
キズ」まで生かして再現してくれますよ \(☆^〇^☆)/
 

ミニランドセルを赤とんぼでリメイク!のレビュー・感想

ミニランドセル工房赤とんぼとは?

1akatonnbotoha
 
赤とんぼ」さんはミニランドセルにリメイクする専用の工房で、
分解から仕上げまでをすべて手づくりで行われています。
 
そして、6年間の思い出がより多く残るように、私たちの意見
要望応えてくれるよう努力してくれます。
 
インターネットFAXで申し込みをしてからランドセルを
赤とんぼさんに発送して、出来上がればミニランドセルを
自宅まで送ってくれます。
 
ちなみに、ランドセルがなくてもミニランドセルを
作ってくれますよ。
 
◆テレビ・新聞・雑誌で紹介されました
「赤とんぼ」さんはミニランドセルのリメイクで
テレビ・新聞・雑誌で紹介されたことがあります。

紹介された新聞

  • 神戸新聞 :平成24年
  • 中国新聞 :平成24年
  •  
    紹介されたテレビ局と番組

  • サンテレビ : SIGNAL「マンデーヒット」 平成22年
  • 関西テレビ :「スーパーニュースアンカー」 平成19年
  • NHKテレビ:「とっておき兵庫」、「ぐるっと関西おひるまえ」
  • 関西テレビ :「ミヤネ屋」 平成18年
  •  

    赤とんぼさんにミニランドセルのリメイクを依頼

    私は今回、兵庫県姫路市にあるミニランドセル工房「赤とんぼ」さんに
    ミニランドセルのリメイクをお願いしました。
     
    赤とんぼさんに選んだ理由は、場所が近かったので
    荷造りして発送する必要がなく、直接持っていけたからです。
     

    申し込みから完成までの流れ

    ◆2013年11月18日
    赤とんぼさんに電話をし、ランドセルを持っていっていいかの
    問い合わせをする。
     
    ◆2013年11月23日
    2randoserumoto
     
    ランドセルを3個持っていき、ミニランドセルのリメイクを依頼。
     
    ミニランドセルの存在はもっと前より知っていたのですが、
    ついつい忘れてしまっていました。
     
    何かの拍子で思い出し、早くもっていかないと、繁忙期にはいれば、
    余計に出来上がりが遅くなると思い持っていきました。
     
    その時に出来上がりは2014年1月の下旬から2月の上旬と言われ、
    出来上がったらFAXか電話をしますとのことでした。
     
    ◆2014年2月下旬
    なかなか連絡がこないなぁと思いながら待つ。
     
    ◆2014年3月3日
    4fax
     
    そろそろ催促の電話をしようと思っていたらFAXが届きました。
     
    最初の予定より1カ月遅れでした・・・(-_-#)
     
    1カ月も遅れるなら連絡がほしかったですね。

    ◆2014年3月6日
    3月8日(土)にミニランドセルを引き取りにいく旨を連絡。

    ◆2014年3月8日
    3minirandoseru
     
    5minirandoseru
     
    6minirandoseru
     
    今日、赤とんぼさんに引き取りに行き、もらって帰ってきました。
     

    リメイクされたミニランドセルのレビュー・感想

    出来上がったミニランドセルは計3個
     
    おまけにランドセルの素材で作ったちっちゃな「ストラップ」と
    飾っておくのに最適な「透明ケース」までもらっちゃいました。
     
    7minirandoser
     
    ミニランドセルがなんで3個なのかというと、
    一つはもうすぐ高校生になる長女ので、
    もう二つはもうすぐ中二になる双子の娘達の分です。

    出来上がりを見て、これは見事としか言いようがないですね!

    子ども達の6年間の思い出が詰まったランドセルが見事に、
    手のひらサイズリメイクされていました。
     
    このミニランドセルは6年間の思い出と共に、
    子ども達の大切な宝物になるでしょう。
     

    ミニランドセル工房「赤とんぼ」さんの詳細

    加工料金:ランドセル、幼稚園カバン⇒¥8,800
        :高校生カバン⇒11,800
         (どちらも消費税、片道送料、代引手数料を含みます)
         ※4月に以降は消費税が上がるので代金も上がると思います

    注文  :インターネット・FAX
    納期  :ランドセル受け取り後、約1ケ月半(2014年3月8日現在)

    アクセス
    akatonbobasyo
    出典:http://www.akatonbo.jp/annai.htm
     
    ミニランドセル工房 赤とんぼの所在地
    〒672-8071
    兵庫県姫路市飾磨区構1-33
    TEL & FAX 079-234-2939
     
    公式ホームページ:http://www.akatonbo.jp/index.htm

     

    最後に

    いかがでしたでしょうか?
     
    子ども達が小学校生活で6年間使用した思い出のランドセルが
    ミニランドセルになって蘇るとは素敵だと思いませんか?
     
    持って帰ってきたミニランドセルを子ども達に見せるも
    あまり関心がないような感じでした。
     
    しかし、嫁に行くときになって(売れ残るかもしれませんが・・・笑)
    ミニランドセルを見て、小学校の時思い出してくれれば嬉しいです^^
     
    あなたも、少しでも気になるのであれば、後悔するまえに
    お子さんのランドセルをミニランドセルに
    リメイクされてはいかがでしょうか?
     
    ミニランドセルを眺めていると、
    小学校のときの楽しい思い出蘇ってきますよ!
     
    次回は「赤とんぼ」さん以外のランドセルをリメイクしてくれる
    おすすめのショップを紹介しますね。


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ