カーネーションを母の日に贈る由来とは?色は関係あるの?


5月の第2日曜日は母の日ですが、
カーネーションを贈る方って多いですよね。
 
そして、何気なくカーネーションを
贈っている方が多いと思いますが、
何故カーネーションを贈るのでしょうね?
 
kanesyotop
 
私も、つい先日までは気にも留めなかったのですが、
母の日の事を調べているうちにふと気になりました。
 
そこで、カーネーション母の日に贈る由来
などについて詳しく調べてみたので紹介しますね。
 

スポンサーリンク
   
 

母の日の由来

母の日にカーネーションを贈る由来の前に、まず、
母の日の由来を紹介しましょう。
 
◆古代ローマ時代
神々の母リーアに感謝する春祭りが行われていて、
この春祭りから発祥したという説。
 
◆17世紀のイギリス
イギリスでイースターと呼ばれた「復活祭」の40日前の
日曜日を「Mothering Sunday(マザーズ・サンデー)」と定め、
出稼ぎ労働者を母親と過ごすために家に里帰りさせていたそうです。

この時、母への贈り物を用意してこれから発祥したという説。
 

母の日の由来には、以上のような2つの説もありますが、
確定的な説は1900年代の「アメリカ・ウェストバージニア州」が
起源となっています。
 

母の日の由来(確定的な説)

●1905年5月9日
ウェストバージニア州に住む「アンナ・ジャービス」という人の
母親「ミセス・ジャービス」が亡くなります
 
●1908年5月10日
娘の「アンナ・ジャービス」は亡き母追悼しようと
フィラデルフィアの協会で母の好きだった
白いカーネーションを配りました。
 
これがアメリカでの最初の母の日だったのですが、
この日が5月の第2日曜だったのです。
 
この風習が次第に広まっていき、
アメリカのほとんどの州に普及していきました。
 
●1914年
この時のアメリカ大統領であるウィルソンが、
5月の第2日曜日を「母の日」と制定したのです。
 
母の日は一人の少女の母への思いから、
始まったとは驚きですね。
 

カーネーションを母の日に贈る由来と色について

母の日に何故カーネーションを贈るように
なったのでしょうか?
 
それは、先述のようにアンナ・ジャービスが
亡き母を追悼するために、カーネーションを祭壇に飾って
出席者にもカーネーションを配ったからです。
 
このことが広まって、母の日にカーネーション
贈る習慣ができたのです。
 
最初は自身の服に飾っていたのが、
だんだんと母親本人宛にカーネーションを贈る
風習へと変わっていったのでした。
 

最初は白色のカーネーション

sirokanesyon
 
母の日に贈るカーネーションですが、
初め白色のカーネーションだったと知ってました?
 
アンナ・ジャービスが祭壇に飾ったのも、
出席者に配ったのも全て白色のカーネーションだったからです。
 
何故、白色のカーネーションだったのでしょうか?
 
それは、白色のカーネーションを
彼女の亡きお母さんが生前好きだったからです。
 
だから、最初は母親が亡くなっている人は、
白いカーネーション」を、母親が健在の人は
赤いカーネーション」を自身の服に飾っていたようです。
 
このようなことから、母の日の習慣が日本に伝えられた当時は、
白いカーネーションと赤いカーネーションを使い分けていました。
 
しかし、母親がいる子といない子を区別することは、
いけないということで赤いカーネーションが
一般的になっていきました。
 
近頃は、様々な色のカーネーションがでてきているので、
カーネーションの色はあまり気にしないという人が多いようです。
 
それでも、白色のカーネーションは先述の理由から、
贈らないほうが無難です。
  

では、日本ではどのような母の日の
由来があるのかを見ていきましょう。
 

日本の「母の日」の由来

日本の母の日の由来は以下のようになります。
 
●1913年頃
「母の日」がキリスト教会や日曜学校などで始まりました。
 
●1915年
アレキサンダー女史(青山学院教授)が導入し、
キリスト教の関連団体などが主となり紹介し始めます。
 
●1931年
昭和天皇の皇后である香淳皇后の誕生日である
3月6日を母の日と制定されます。
 
●1937年
森永製菓が告知を始めたことにより、
一般に広がり始めました。
 
●1949年頃
アメリカにあわせて、日本でも
5月の第2日曜日が母の日となりました。
 
このようにして、日本に母の日が定着していきました。
 
現在のような日本の「母の日」の由来は、
アメリカからの説からなのです。
 

最後に

調べてみて分かったのですが母の日って、
日本で生れたものではなかったようです。
 
今まで、何気なくカーネーションを贈っていたのが、
母の日にこのような由来があったとは驚きですね。
 
現在では、カーネーションだけでなく、他の花洋服
スイーツなどをプレゼントする方も多くなっています。
 
要はお母さんに「ありがとう」の気持ちが
伝わればいいと思います。
 
そういうことであれば、物だけ贈るのではなく
日頃の感謝の気持ちをメッセージに託して
一緒に贈れば、一番喜んでくれるでしょう。
 
母の日の由来が分かったので、次回は父の日
由来について調べてみようと思いますので、
お楽しみに!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ