父の日の由来とは?日本で贈る花はコレ!


母の日が終われば父の日ということで、
前回の記事の「母の日の由来」に引き続き、
今日は父の日由来日本贈る花についてです。
 
chichinohi_present
 
母の日の由来はカーネーションが関係していたのですが、
父の日の由来では、何かの花が関係しているのでしょうか?
 
父の日では、花よりも物を贈ることのほうが多いですよね。
 
でも、母の日に贈る花があるように、父の日にも
贈る花があるのではないでしょうか?
 
そこで今日は父の日の由来と日本で贈るべき花
何かあるのかを調べてみましたので紹介します。
 

スポンサーリンク
   
 

父の日の由来

父の日の由来ですが、
これもまたアメリカが起源になります。
 
ワシントン州に住む「ジョン・ブルース・ドット夫人」の
父に対する気持ちから生れたのです。
 
ドット夫人である「ウイリアム・ジャクソン・スマート」は
南北戦争に軍人として動員されました。
 
父親がいない間には、母親一人で男5人、女1人の計6人の
子どもを女手一つで育てたのですが、父親の復員の後には
過労亡くなってしまいました。
 
父親は6人が成人するまで、男手一つで残った子どもを
育てましたが、その後に亡くなってしまいました。
 
その時、子ども達は大変な戦後の時期を一生懸命に働いていた
父親の姿を見ながら大きくなりました。
 
その家族で一番下である「ドット」が、父を称賛して「父の日」を
提言したのが最初で、父親の誕生月6月だったので、
父の日は6月になりました。
 

父の日ができるまでを分かりやすく

父の日はドット夫人により提言されましたが、
世間に広まる過程には母の日も関係しているようですので、
その様子を順に紹介しましょう。

①アンナ・ジャービスが1908年に母の日を広める

②ジョン・ブルース・ドットが1909年に母の日の存在を知り、
父の日も作ってもらいたいと牧師協会に頼みこむ。

③そして、父の日の祝典が1910年に開催されました。

④1916年にアメリカ合衆国第28代大統領が演説をし、
父の日が広く知れ渡る。

⑤1923年に第30代大統領が父の日の意義を提言する。

⑥1966年に第36代大統領が父の日を6月の第3日曜日に制定する。

⑦1972年には正式に父の日を6月の第3日曜日に制定して、
国民の休日とする。

 

日本での父の日の由来

父の日は、日本ではどのようにして広まったのでしょうか?
 
日本で父の日が広まり始めたのは1950年頃ですが、
全体にはあまり知れわたっていませんでした。
 
大衆的な行事として定着したのは、
1980年代になってからです。
 
1981年に日本ファザーズ・ディ委員会というのが設立され、
その翌年には「黄色いリボンキャンペーン」が催され、
日本では黄色の贈り物が用いられるようになったそうです。
 

父の日に日本で贈る花は?

母の日にはカーネーションを贈るのが一般的ですが、
父の日に贈る花何なのでしょうか?
 
父の日に贈るのは「バラの花」が一般的なようです。
 
その由来ですが、ドット夫人が父の墓白いバラ
供えたためとされています。
 
日本では、黄色の贈り物が用いられるようになったことから、
黄色いバラ」を贈るのが一般的です。
 
kirobara
 
また、この他にも「ひまわり」や「ユリ」なども
贈られています。
 

父の日はいつ?

父の日ですが、母の日ほど存在が大きくないので、
つい、忘れ去られがちですよね。
 
父の日は母の日の次の月なのですが、
母の日が第二日曜日に対して、父の日は第三日曜日なんです。
 
だから、父の日は年々「6月の第三日曜日」なんです!
 
同じ、第二日曜日にしてくれたら、覚えやすくていいのにね!
 
ちなみに、今年の父の日はいつかというと
2014年6月15日(日)です。
 
ついでに来年以降の父の日

2015年6月21日
2016年6月19日
2017年6月18日
2018年6月17日
2019年6月16日

 

最後に

父の日って母の日ほど存在感はないかもしれませんが、
お父さんにしてみれば、楽しみにしているはずです。
 
実際のところ、私も楽しみにしているのですから(*^_^)
 
物を貰うのも嬉しいのですが、私の本音を言えば、
やっぱり「ありがとう」の言葉手紙をもらうと
メチャ嬉しいと思います。
 
言葉で言うのが照れくさいのなら、メモ用紙でもいいので
お父さん、いつもありがとう」のメッセージ
プレゼントに添えて贈りましょう
 
お父さんは泣いて喜びますよ!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ