コカコーラ&キリンビバレッジからホット炭酸新発売 今冬の流行に!?


コカコーラシステムキリンビバレッジから、

ホット炭酸の発売について相次いで発表されましたね。

tansan
 
 
 
 
 
 
 
この温かい炭酸飲料は
コカコーラシステムが約4年

キリンビバレッジは約3年の開発期間を
かけて商品化にこぎつけたそうです。
 
 
「ホットの炭酸ってまずそう!」って、
思う方もいらっしゃるようですが、
一度飲んでみたいとは思いませんか?
 
 
気になるホット炭酸の

発売日は?

価格は?
 

スポンサーリンク
   
 

コカ・コーラシステムのホット炭酸飲料

hotkoka

コカ・コーラ史上初「ホット炭酸飲料」の商品名は

“カナダドライ ホットジンジャーエール”
 
 
発売日は2013年10月21日(月)
 
メーカー希望小売価格:120円(消費税込)
 
内容量:180ml
 
販売場所ですが、全国で発売とだけ買いてありましたが、
あくまで想像ですが、ホットな炭酸飲料なので、
おそらく、コンビニと自動販売機でしょうね。
 
 
気になる味ですが、メーカーサイトによると、
一言では「寒い季節の為に設計されたさっぱりとした
飲みやすい飲料」とあります。
 
 
うーん?、一言ではどんな味か想像できませんね。

具体的にはどうなのでしょうか?
 
 
ジンジャーエキス、アップルフレーバーそしてシナモンフレーバー
加えることで豊かな味わいになり、フルーツとスパイスの

フレーバーのブレンドが、本来の味と繊細な炭酸の刺激に
さらなる美味しさをプラスしているそうです。
 
 
味わいですが、「クールな炭酸飲料よりもソフトで、
さっぱりとした飲みやすさ」とされています。
 
 
生姜の味にスパイス・・・?
 
 
うーん?やっぱり、
どのような味かまったく想像できませんでした (>_<)
 
 
どのような味なのかは、発売日を待って
飲んでみるしかないですね。
 
 
あと、ダイエット中の方には気になるホット炭酸の
カロリーですが、100ml当り46kcalということは、
180mlに換算すると82.8kcalです。
 
 
82.8kcalくらいだったら飲んでも大丈夫ですよね。
 
 

キリンビバレッジのホット炭酸飲料

kirinhot

キリンビバレッジから新発売の「ホット炭酸飲料」の商品名は
“キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ”
 
 
発売日は2013年11月5日(火)
 
 
メーカー希望小売価格:124円(消費税別)

内容量:275ml
 
 
キリンビバレッジから新発売のホット炭酸飲料の
発売場所は全国のコンビニエンスストア限定です。
 
 
気になるキリンのホット炭酸飲料の味ですが、
「蜜入りりんごを連想させる芳醇なアップルと、

ほんのりとしたホップの香りグレープフルーツのキレ味
組み合わせた微炭酸で、やわらかな泡の舌ざわり」
となっています。
 
 
「リンゴの味とグレープフルーツの味で、
炭酸はちょっと弱め・・・ふむふむ」
 
 
キリンのホット炭酸飲料の味は、なんとなく想像がつき
炭酸が丸みを帯びて美味しいような感じがします。
 
 
※別に私はキリンビバレッジの回し者ではありません (^^)
 
 
また、こちらの商品は、女性を意識して創られいて、
持ち運びしやすいように、
リキャップ型のボトルが採用されています。
 
 
最後にダイエット中の方が気になるキリンのホット炭酸飲料の
カロリーはやはり女性向けの商品のためか、
なんと、100mlあたり19kcalとカナダドライと比べて半分以下でした。
 
 
内容量:275mlでは、52.25kcalになります。
 
 
コカ・コーラのホット炭酸飲料と比べると、
かなり少ないですね !(^^)!
 
 

勝手な想像ですが・・・

 

コカ・コーラシステムのホット炭酸飲料dansei

“カナダドライ ホットジンジャーエール”
男性向け
 
 
キリンビバレッジのホット炭酸飲料stand_woman

“キリンの泡 ホット芳醇アップル&ホップ”
女性向け
 
といったところでしょうか?
 
 
ホット炭酸飲料は「まずそう」、「飲みたくねぇー」って、
思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
 
 
喫茶店でも「ホットコーラ」ってあるし、
大手飲料メーカーが3~4年の開発期間を要した商品なので、
 
 
「まずい」ことはないのでは?

もちろん、好みにもよりますが・・・。
 
 
発売日が待ち遠しいですね (^v^)

皆さんは、どうでしょうか?
 
 


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ