VDT症候群とは?原因は何?この症状がでたら要注意!


最近は仕事や日常生活でパソコンスマホなどの
情報端末を使う機会が増えましたね。
 
さて、あなたはパソコンやスマホなどの端末の画面
1日のうちどれくらいの時間、見ていますか?
 
長時間パソコンワークをしている方などは、
目の疲れイライラなどの症状はありませんか?
 
vdttop
 
もし、目や身体、精神に異常を感じたら、
それは「VDT症候群」の可能性が大です。
 
近年は、パソコンやスマホなどの普及により、
日常生活が変化し、VDT症候群の方が増えています。
 
また、大人だけでなく、長時間ゲームをしている
お子様にも注意が必要です。
 
そこで、今日は「VDT症候群とは」、
その「原因は何なのか?」、そして、
「どのような症状」が表れるのかを詳しく紹介しますね。
 

スポンサーリンク
   
 

VDT症候群とは?

VDT症候群とは、簡単に言うとパソコン情報端末などの
VDT長時間使用することにより、「」・「身体」・「精神」に
障害が起こる状態のことです。
 
●VDTとは

「Visual Display Terminals(ビジュアル ディスプレイ ターミナル」の
略で、パソコンのモニターやスマートフォンなどの液晶画面、
さらに、携帯ゲーム機の画面やテレビなどのことをいいます。

 

先述のように、仕事や家庭で日常的にこれらの
ディスプレイに接する機会が長くなっているために、
近年VDT症候群の方が増えています。
 
平成20年の厚生労働省の調査によりますと、
仕事でVDT作業を行う人のおよそ70%近くが
疲労症状を訴えています。

また、そのうちの約90%目の疲れや痛み
75%首や肩の凝りや痛みを訴えています。
 
vdtsyojyo
 
そして、主な症状であるドライアイに関しては、
中高年女性に多く、目の疲れなどが感じたら
一度検査してみることをおすすめします。
 

VDT症候群の原因

vdt2
 
VDT症候群の原因は、
簡単にいうとVDT作業が原因です。

●VDT作業とは

ディスプレイやキーボードなどの
Visual Display Terminalsを使った作業を言います。
 
一般的には、パソコンなどのコンピュータ
使った作業のことです。

 
このVDT作業によってVDT症候群になる原因は
以下のようなものがあります。
 
◆長時間パソコンを使う
パソコンを使う際に、ディスプレイと
キーボードの間で目を激しく動かしますよね。
 
これによって大変疲れやすくなり、また、
集中してディスプレーを見るのでまばたきの回数が
少なくなり涙が減ってしまいます。
 
そして、目の表面が乾燥してドライアイ
症状が出やすくなります。
 
このように目に大きな負担がかかってしまうと
眼精疲労となってしまいます。
 

◆長時間同じ姿勢でいる
長時間、無理な姿勢や同じ姿勢を続けることで、
肩や首の凝り、だるさ、腰痛、背中の痛みなどを
引き起こします。

また、視機能自律神経にも関係があるので、
個人差もありますが、不安感やイライラ、
睡眠障害といった精神症状がみられる場合もあります。

椅子の高さやディスプレイの位置などを調整し、
無理な姿勢にならないように注意して作業をしましょう。
 

VDT症候群の症状

VDT症候群ですが、先述のように大きく分けて
」・「身体」・「精神」に症状が表れます。
 
では、順に症状を紹介していきましょう。
 
◆目の症状

  • ドライアイ(目の乾燥)
  • 物がぼやけて見える
  • 目が疲れる
  • 目が痛む
  • 目がかすむ
  • 視力低下
  • 目の充血
  •  

    ◆身体の症状

  • 首・方・背中がこる
  • 足や腰などがだるい
  • 首、肩、腕などが痛む
  •  

    ◆精神の症状

  • めまい
  • イライラ
  • 不眠
  • 頭痛
  • 疲労感
  • 食欲不振
  • 抑うつ症状
  •  

    最後に

    いかがでしたでしょうか?
     
    あなたにあてはまるVDT症候群
    症状はありましたでしょうか?
     
    症候群は生命に関わることはありませんが、
    慢性化することでいろいろな病気
    かかる可能性があります。
     
    だから、常日頃からのケアが大切なんです。
     
    VDT作業をしている方は、先述のような症状が
    ないかどうか、確認してみましょう。
     
    もし、VDT症候群のあてはまる症状がみられた場合は、
    早めに眼科医や精神科医を受診して検査を受けましょう。
     
    次回は、VDT症候群の検査法治療法
    そして日常生活において注意すべきこと
    などについて紹介します。


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ