VDT症候群の治療方法とは?日常で注意すべきことはコレ!


前回の記事では、VDT症候群原因症状などについて
紹介しましたが、分かりましたでしょうか?
 
vdt2top
 
VDT症候群は、それ自体生命に関わる影響は
ないのですが、放っておくと慢性化して、
様々な病気につながる可能性があります。
   
だから、日頃から、そうならないように
注意しておく必要があります。
 
そこで今日はVDT症候群治療法検査方法
日常で注意しなければいけないことなどについて紹介します。
 

スポンサーリンク
   
 

VDT症候群の検査方法

2002年に厚生労働省が出したガイドラインによると、
VDT症候群は以下のような検査方法があります。
 
◆眼科による検査

  • 視力検査
  • 遠方視力測定および近方視力測定

  • 屈折検査
  • 遠視、強度近視、乱視の状態を調べる

  • 眼位検査
  • 左右の目の位置のずれを調べる

  • 調節機能検査
  • 近点距離の測定

     

    ◆VDT検診

  • 既往歴
  • 過去にどんな病気にかかったか?

  • パソコンワーク作業の業務暦
  • 自覚症状の有無の確認
  • 握力検査
  •  
    以上のような検査を行って、健康状態を把握し、
    予防治療につなげていきます。
     

    VDT症候群の治療法

    VDT症候群の治療法ですが、主に日常生活で注意をする
    対処法を行うことになります。
     
    仕事や日常生活において、VDTを使う機会は
    どんどん増えているので、作業時間調整し、
    以下のようなことに注意して予防や改善に努めましょう。
     

    ●日常生活で注意すべきこと

    適度な休憩
    作業環境の改善
    画面の設置場所
    眼鏡などによる矯正
    まばたき
    目を温める

     
    では、順に一つ一つ紹介していきましょう。

    ◆適度な休憩
    vdt3
     
    1時間の連続作業に対して休憩は、
    10分~15分の休憩を必ずとりましょう。
     
    長時間のディスプレイの凝視による眼精疲労の
    防止の為に休憩は必要です。
     

    ◆作業環境の改善
    VDT作業にとって、部屋の湿度室温
    明るさなどの作業環境は重要です。
     
    部屋を以下のような作業環境に調整しましょう。

    ①湿度は40%~70%
    目の乾燥を防ぐため
     
    ②室温は18℃~27℃
     
    ③作業面の照度は300ルクス~500ルクス
    ディスプレイと書類、キーボードなど、
    作業視野の明るさを同じレベルにする。

     

    明るくしすぎない

     

    ◆画面の設置場所
    画面は視線がやや下向きになる角度で、
    画面と目との距離は最低でも
    40cm~50cm以上あけましょう。
     
    直射日光が入る場所は避けるとともに、
    照明の映りこみも避けましょう。
     
    また、書類と目の距離も画面からの距離と
    同じくらいの距離にします。
     
    イスには深く腰かけて、背筋を伸ばし
    足の裏全体が床に付くように座ります。
     

    ◆眼鏡などによる矯正
    vdt4
     
    40歳以上になれば老視によって調節力の低下が
    進行するので、近くを見るのが多いときには
    適切な眼鏡を装着しなければいけません。
     
    また、VDT作業とその他のデスクワークでの
    作業する距離が違う場合は、
    距離に合わせた眼鏡が必要です。
     

    ◆まばたき
    まばたきは意識して行い、何度かに1回は
    完全にまぶたを閉じるようにしましょう。
     

    ◆目を温める
    目のまわりを温めると眼表面の油分泌が
    活発になり調節力も改善できます。
     

    以上のようなことに注意し、
    VDT作業をする時は適切な環境で、
    リラックスして作業をしましょう。

    また、適度な休憩や体を動かしたりして、
    自分で調整するようにしましょう!
     

    最後に

    VDT症候群は症状が軽いときに作業環境や
    作業のやり方などを改善して対処するようにしましょう。
     
    何故かというとVDT関連の病気は、一度かかってしまうと
    治りにくく、治療などに長い時間を要してしまうからです。
     
    だから、VDT作業をしている方は、ちょっと目や身体など、
    ちょっと異常を感じたら早め医師の診断をうけましょう。


    スポンサーリンク

     

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    Current ye@r *

    このページの先頭へ