端午の節句に兜を飾る意味とは?飾り方はコレ!


もうすぐこどもの日がやってきますが、
こどもの日と聞けば何を連想されるでしょうか?
 
やはり多いのは鯉のぼりだと思いますが、
こどもの日(5月5日)は端午の節句でもあるのです。
 
kabutotop
 
端午の節句といえば、「」や「5月人形」を
連想される方は多いと思います。
 
しかし、端午の節句に何故を飾るのでしょうか?
 
そこで今日は、端午の節句を飾る意味と、
飾り方などについて調べてみたので紹介します。
 

スポンサーリンク
   
 

端午の節句の由来

端午の節句で兜を飾る意味の前に、ちょっとだけ
端午の節句の「端午」の言葉の意味由来
ついて紹介しますね。
 

端午の言葉の意味

まず、端午の節句の「端午」という言葉の元は
月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味でした。
 
つまり、「月の最初の午の日」のことでした。
 
だから、5月だけではなかったのです。
 
しかし、午(ご)五(ご)の音が同じだから、
毎月5日とされるようになって、その後に
語呂あわせ5月5日となったとされています。
 

端午の節句の由来

端午の節句の由来ですが、江戸時代になって、
貴族から武家へと勢力の主が代わっていきました。
 
そして、中国では蓬(よもぎ)や菖蒲(しょうぶ)
用いて邪気祓(はら)ったのが始まりとされています。
 
そこで「菖蒲(しょうぶ)」の読みが
武を尊重する「尚武(しょうぶ)」と一緒だから、
端午の節句「尚武(しょうぶ)」の節句となり、
武家が盛んに祝うようになりました。
 
その後、端午の節句は家の跡継ぎの男の子無事
成長するのを願う大切な行事と変化していきました。
 

端午の節句に兜を飾る意味

鎧や兜飾る風習ですが、武家社会から生れました。
 
鎧や兜は、戦争の道具と考えられがちですが、
武家(特に男子)にとっては
戦場で自分の身を護る大事な道具でした。
 
つまり、鎧や兜は象徴的な意味がある
大事な宝物だったのです。
 
このようなことから、鎧や兜は「身体を守るもの」とされ、
男の子を病気や交通事故、災害などから守ってくれますように、
という思い込め飾るようになりました。
 

端午の節句の兜の飾り方

端午の節句に飾る五月人形の
兜の飾り方の基本を紹介します。
 
◆飾りつけの方角
まずは、飾り付けの方角を気にされる方も
いらっしゃるようですが、兜を飾るのに
不向きな方角はありません。
 
方角考えないで、自由に飾りましょう。
 

◆兜の飾り方(平飾り)
五月人形の飾り方ですが、
下の画像のように飾ります。
 

kabutokazari
 
①中央に「櫃(ひつ)」の上に「袱紗(ふくさ)」を敷いて
兜飾り」を飾ります。
 
「櫃」とは兜が入っていた箱のことで、
袱紗は黒い四角の布のことです。
 
②兜の後ろに「屏風」を置く。
 
③兜の両側に「太刀」と「」を置きます。
 
弓は向かって左側に、太刀は向かって右側に
柄を下にして置きます。
 
を向かって右側手前に置く。
 (札は必ずしも必要ではありません)
 

弓と太刀を飾る意味

兜の両側には「」と「太刀」を飾ってありましたね。
 
この「弓」と「太刀」のそれぞれに
意味があるのを知ってますか?
 
◆弓
弓と矢は「破魔」としての、
魔除けのための大事な道具です。
 
初詣で神社に行くと魔除けの為に
破魔矢を頂けますよね。

これと同じように、この弓と矢は戦いで
使用するものではなく、事故や災害、病気などに
合わないようにというお守りの意味があるのですよ
 

◆太刀
「太刀」と「刀」は同じだと思われていますが、
太刀」と「」は違うんです。
 
刀は戦いに使用される道具ですが、
太刀は主に儀式のときに使われるものなんです。
 
古くから日本では、「刀」には魂が宿ると思われていて、
神事などの儀式にも使われてきました。
 
この兜についている「太刀」には刀に宿っている
身を守ってくれ、繁栄をもたらしてくれるという
意味があるのです。
 

最後に

いかがでしたでしょうか?
 
私も調べてみるまでは、「なんで兜を飾るんやろ?」と
思っていたのですが、端午の節句の兜に
このような意味があるとは知りませんでした。
 
私が小さいときには、家が貧乏(笑)だったからか、
どうかは知りませんが、端午の節句に兜なんかを
飾ってもらったことはありません。
 
私の子どもも娘ばかりなので、兜は飾りませんでしたが、
娘が結婚し、男の子ができたら端午の節句
五月人形の兜を買ってやりたいと思いました。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ