端午の節句の飾りの時期!いつからいつまで飾るの?



私の住んでいる地域では花見の時期が
もうすぐ終わろうとしています。
 
花見の季節が終われば、すぐに
ゴールデンウィークがやってきますよね。
 
ゴールデンウィークのイベントのひとつに、
5月5日こどもの日(端午の節句)があります。
 
男の子のお子様がいらっしゃる家庭では、
鯉のぼりなどを飾られるのではないでしょうか。
 
koinoboritop
 
ひな人形は「ひなまつりの日が終わればすぐにしまう」と
いう俗説があるようですが、兜や鯉のぼりなどを飾る時期に
決まりはあるのでしょうか?
 
そこで、今日は端午の節句飾り時期は、
いつからいつまで飾るものなのかを調べてみました。
 
また、端午の節句の飾りのその他の事柄についても
触れているので参考にして下さいね。

スポンサーリンク
   
 

端午の節句の飾りの時期はいつから?

端午の節句といえば、「こいのぼり」や
「兜や鎧などの5月人形」を飾りますよね。
 
「いつからいつまで」という飾りの時期は、
特に決まりごとはないようですが、
飾りを出す時期は以下の3つの説があります。
 
①出来るだけ早く飾る
端午の節句の飾りの時期ですが、地域によっては
早ければ早いほど良いというところがあります。
 
このことは、先手必勝という言葉からきているようで、
武将と関連性があるようです。
 

②端午の節句の約1週間前に飾る
「こいのぼり」や「兜や鎧などの5月人形」は
端午の節句に飾るものだから、
その1週間前の4月末くらいに飾るという説。
 
でも、これだと飾りの時期が1週間ほどなので、
ちょっと期間が短く、出したと思えば、
すぐにしまわなくてはいけないので少し忙しいかも。
 

③春分の日が終わってから飾り始める
一般的には、この時期に飾る方が一番多いです。
 
端午の節句も説目なので、その前の春分
終わった後から飾るという説です。
 
縁起をかつぐ方だと大安の日
飾り始める方もいらっしゃいますが、
まぁ、そこまで気にしなくてもいいでしょう。
 
理想は4月の初旬から中旬までで、
自分の都合に合わせてだせばいいですよ。
 
遅くても、4月下旬には飾り終えておくようにしましょう。
 
また、初めての端午の節句を迎える時には、
3月下旬に飾り、飾っている期間が
少し長くなるようにしてもいいですね。
 

端午の節句の飾りはいつまでにしまうの?

端午の節句の飾りは5月5日過ぎてしまえば、
あまり意味のないものという考え方もあります。
 
だから、端午の節句が過ぎたら、
飾りは早くしまっても構いません。
 
しかし、雛人形と違って、しまうのが遅れても
嫁に行き遅れることはないので、
あわててしまう必要はありません。
 
だいたい、5月の中旬までに天気の良い日を選び、
ホコリ湿気取り除いてからしまうようにしましょう。
 
これも、縁起をかつぐ方は、「大安」を選んで飾りを
片付けるようですが、「大安」でなくても、
友引」でもいいですよ。
 

端午の節句の飾りは何歳まで?

端午の節句の飾りは、男の子が無事
成長するのを願って飾るものなので、
何歳までという決まりごとはありません
 
しかし、10歳を過ぎると恥ずかしがる子も多くなるようです。
 
だから、だいたい小学校から中学校くらいまで
飾っている方が多いです。
 
もし、可能ならお守りの意味で年ごと
出して飾るのが望ましいですね。
 

飾りは受け継ぐことが出来るの?

kazari1
 
結論から言うと、端午の節句の飾りは、
受け継ぐことができません
 
何故かと言うと、飾りは1人につき一つ基本なんです。
 
端午の節句の飾りである五月人形は、お子様を守ってくれる、
一人一人のお守りなので兼用はできないのです。
 
だから、次男や三男ができた場合は、
その人数分五月人形を用意しましょう。
 
本来なら、長男と同等の五月人形を飾りたいところですが、
次男や三男の場合は、少し小さい兜などの飾りでもいいでしょう。
 

年中飾っておいてもいいの?

五月人形ですが、端午の節句だけでなく、
年中飾っている地域があるように、
飾りの時期は気にしなくても構いません。
 
端午の節句の時期にだけ飾り、終わればしまう場合もあり、
また、年中ずっと飾っておく場合もあり、
どちらでも構わないのです。
 
ただ、年中ずっと飾っておく場合は
五月人形をだして飾る楽しみなくなります。
 
しかし、五月人形はお子様を守ってくれる「お守り」と
いう意味とするならば、年中飾っておくほうが望ましいです。
 

最後に

いかがでしたでしょうか?
 
端午の節句の飾りですが、時期にこれといった決まりは
あまりないようですが、初節句のときには、少し早めに飾り、
その後は4月の初旬頃に飾ったらいいと思います。
 
その後ですが、あまり邪魔にならないようでしたら、
年中飾っておくのもいいのではないでしょうか。
 
その辺は、両親などに相談するのもいいでしょう。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ