初節句の内祝い!お返しはいつ?のしの書き方はコレ!


3月3日は桃の節句、5月5日は端午の節句、
生れて初めてむかえる節句なら初節句です。
 
himamaturitop
 
初節句の当日か前日の晩に両家の両親や
親戚、知人などを招いて、縁起物のご馳走で
おもてなしされることでしょう。
 
お祝いでいろいろな飾りや現金を贈ってもらい
内祝いのお返しはどうしたらいいのかと
あなたは悩んでいませんか?
 
そこで今日は、初節句内祝いのお返しは
いつしたらいいのか」や「のし」の書き方などについて
いろいろ調べてみたので紹介します。
 

スポンサーリンク
   
 

初節句の内祝い(お返し)はいつするの?

家庭の都合や風習などにより初節句お祝いの席を
設けなかった場合や招待したのに欠席された方などには、
内祝い」として頂いたお祝いのお返しをする必要があります。
 
このお返しは、いつするのかというと、
基本的にはそのお祝いの日から1週間以内
内祝い」としてお返しします。
 
遅くとも、桃の節句なら3月中に、
端午の節句なら5月中にお返しして下さい。
 

初節句の内祝いの「のし」の書き方

初節句の内祝いには下図のような、
紅白蝶結び」の「のし紙」を使用します。
 
●表書きは「内祝い」、「初節句内祝い」とします。
 
●下は「お子様の名前のみ」で名字は書きません。
 
nosikakikata

 
宅急便などで送る場合の
差出人は親の名前を書きます。
 

初節句の内祝い!お返しの相場はどれくらい?

また、初節句のお祝いの席に招待するのが、
内祝い(お返し)になりますから、招待している方への
内祝いは基本的に必要ありません
 
内祝いとしてお返しをする場合の相場ですが、
だいたい、頂いたお祝いの金額(品)の
3分の1から半額程度の祝い菓子を贈るのが多いです。
 

初節句の内祝いのお返しの品はコレ!

初節句の内祝いのお返しの品を贈る相手別の
オススメは以下のとおりです。
 
できれば礼状写真を一緒に贈りましょう。
 
◆高価な節句飾りを頂いた祖父母などへ
先述のようにお祝いの席に招待している方への
お返しは不要ですが、高価な節句飾りなどをいただき、
お礼をしたい場合があると思います。
 
そんなときは購入してもらった飾りと子ども
一緒に撮った記念写真をお子さんの名前を入れた
フォトフレームに入れて贈ると喜ばれると思います。
 
あとは、商品券ギフト券
お土産がわりにわたせばいいでしょう。
 

◆お祝いの席に出席して頂いた方へ
お土産がわりの祝い菓子ですが、
名入れ」のカステラなどに人気があります。
 
名入れは「初節句」の文字と「お子様の名前」を
入れるのが一般的になっています。
 
初節句の内祝いのお返しの金額は比較的に
高額になりやすいので、一生に一度の記念に
名入れはいいかもしれませんね。
 

◆お祝いの席を欠席された遠方の方
遠方の方への内祝いは宅急便などで送る必要が
あるので食べ物にするなら、日持ちするものにします。
 
人気があるのは「紅白の角砂糖」ですね。
 
他には、「かつおぶし」や「タオル」などに
人気があります。
 

初節句のお返し品を選ぶなら、
人気ランキングを見てから決めましょう。

初節句内祝い(初節句祝いのお返し)人気ランキングはこちら

 
 

初節句の礼状

初節句の内祝い、つまり「お返し」には
頂いた品物と一緒に撮ったお子様の写真
手紙を同封すると喜んでいただけるでしょう。
 
親しい間柄への礼状は、正式な手紙ではなく、
簡単なメッセージカードでも構いません。
 
写真を同封したことと、お祝いを頂いたお礼
書かれていれば問題ないですよ。
 
但し、目上の方などへの礼状はかしこまった
正式な手紙の礼状にしましょう。
 

初節句の礼状の簡単な文例

①メッセージカード

この度は、まことに結構なお祝いを
いただきまして、本当にありがとうございました。
ささやかではございますが、
お礼の品をお送りさせていただきました。
また、初節句を迎えた子どもの写真も
同封させていただきました。

お体には、くれぐれもお気をつけて
ますますご活躍ください。

○○ ○男
   ○子

 

②目上の方への礼状

拝啓 皆様におかれましては、おかわりなく
お過ごしのことと思います。
この度は、長女○○の初節句に際し、心のこもった
お祝いをいただき、ありがとうございました。
おかげさまで、○○も同封させていただいた写真の
ように元気に育っております。
皆様のご期待にこたえて、○○も健やかで
健康な子に育ってほしいと願っています。
ささやかではございますが、心ばかりの
内祝いを贈らせていただきます。
まだまだ寒い日がありますので、どうか皆様
お体にお気をつけてください。

                 敬具

平成○年○月○日

○○ ○男
   ○子

〒000-0000 ○○県○○市○○町○番○号

 

最後に

初節句の内祝い、つまりお返しはあなたにとっても
初めてのことで色々と不安はあると思います。
 
しかし、相手に失礼のないように、内祝いは
適切な時期に贈りたいですね。
 
それには、贈る日から逆算して、
前もってお返しにするのかなどを
決めておかないといけません。
 
初節句が近づいてきたら、その準備などで
忙しくなるので、内祝い準備
早めにしておきましょう。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ