お中元を贈る時期はいつから?関西と関東では違う!


日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを
込めて贈るお中元ですが、もうしばらくすると、
百貨店などでお中元商戦がはじまりますよね。
 
otyugentop
 
お中元ですが、私は「お盆前に贈ればいいや」っていう感じで、
贈る時期をあまり気にしたことはありませんでした。
 
ほとんど、実家の両親にくらいしか贈ったことがなく、
近くの大型スーパーなどがお中元商品販売を始めたら
そろそろお中元を贈る時期がきたなという感じでした。
 
しかし、本当にお盆前に贈るのが正式なマナーなのか、
ちょっと心配になったので調べてみました。
 
すると、お中元を贈る時期関西関東など、
地域によって違うことが分かりました。
 
そこで今日は、関西や関東などへお中元を
贈る時期は「いつから、いつまでに贈るべきか」や
マナーなどについて調べてみたので紹介します。
 

スポンサーリンク
   
 

●この記事で紹介している事(紹介順)

  • お中元を贈る時期は?
  • 贈るべき時期を過ぎてしまったら?
  • 喪中の場合は?
  • のしは内のし、外のし?
  • お中元とお歳暮の両方贈るのか?
  • 誰に贈る?
  •  
    では早速紹介していきますね。
     

    お中元を贈る時期

    先述のとおり、お中元を贈る時期は
    関西や関東など、地域によって違います。
     
    ◆一般的なお中元を贈る時期

    関東では6月下旬~7月15日までに届くように贈る

    関西では7月上旬~8月15日までに届くように贈る

     
    近頃では、関西、関東の地域差がなくなってきているのか、
    地域に関係なく、6月下旬から8月15日の時期で
    贈られる場合もあるようです。
     
    お中元を贈る時期で、どうしても心配ならば、
    関西と関東の時期が重なる7月10日頃
    お中元が着くようにすれば間違いないです。
     

    関西と関東でお中元の時期が違う理由
    関西には、旧盆(月遅れ)の習慣があり、
    お中元についても月遅れで贈る習慣があるため。

     

    お中元を贈る時期を過ぎてしまったら?

    つい、うっかりしていてお中元を贈るべき時期を
    過ぎてしまった場合もあると思います。
     
    このような場合は、「お中元」と書く「のしの表書き」を
    下記のように換えて贈ればいいのです。
     

    ◆関東地方

    6月下旬~7月15日  ⇒ 【お中元

    7月16日~8月7日頃 ⇒ 【暑中御見舞】【暑中御伺

    8月7日頃~8月31日頃⇒ 【残暑御見舞

     

    ◆関西地方

    7月上旬~8月15日 ⇒ 【お中元

    8月16日~8月31日頃⇒ 【残暑御見舞

     

    喪中の場合のお中元はどうする?

    お中元は、日頃お世話になっている人や
    上司などに感謝のしるしとして贈るものです。
     
    だから、喪中の方が贈ることも、
    喪中の方へ贈ることも問題はありません
     
    但し、初七日が済んでいないのに贈ることや、
    法要の日に一緒に持参するのは避けるべきです。
     

    お中元の「のし」は「内のし」、「外のし」のどっち?

    お中元ですが、本来は「外のし」が正式なマナーです。
     
    しかし、最近では宅急便で送る場合が多いので、
    内のし」が一般的になっています。
     
    ただ、持参する場合には「外のし」が多いです。
     

    ◆「内のし」と「外のし」とは?

    内のしはお中元の品に「のし」をかけ、その上から
    包装紙で包むことをいいます。
     
    つまり、のしが包装紙の内側(下)になっているので、
    のし紙が見えないようになっています。
     
    外のしは、お中元の品を包装紙で包み、その上から
    のしをかけることをいいます。

     

    お中元とお歳暮、どちらも贈らなければいけないのか?

    doltutimo
     
    お中元お歳暮は本来意味が違うので、
    必ずしも両方贈る必要はありません
     
    基本的には1回で十分なのです。
     
    1回の場合は年の最後に「一年間お世話になりました」と
    いう意味で「お歳暮」を贈ります。
     

    お中元は誰に贈るの?

    お中元を贈るのは、
    半年間お世話になりました」という意味ですから、
    人それぞれ贈るべき相手は違います。
     
    しかし、若い世代ではお中元を贈る習慣があまりなく
    必ずしも贈らなければいけないというわけではありません。
     
    一般的にお中元を贈る相手で多いのは
    以下のような方です。
     
    ●親戚
    親戚だからといってお中元を贈る必要はなく、
    お世話になっていれば、贈るといいでしょう。
     
    ●両親
    両親には、子どもの面倒をみてもらったりと、
    いろいろお世話になっているのではないでしょうか?
    遠方の場合は元気にしている印として贈るのもいいでしょう。
     
    ●職場の上司
    職場関係ですが、会社にはいろいろと取り決めが
    ある場合があるので、よく確認してから贈りましょう。
     
    ●恩師や先輩
    大学のゼミや研究室で特にお世話になったなどで、
    今後も先生と関わっていたいという場合は
    お中元などを贈る方がいるようです。
     
    ●仲人
    一般的には、仲人をしてもらってから3年間は
    お中元とお歳暮は贈るのがマナーです。
     
    3年過ぎた後は、あなたと仲人さんの関係により、
    決めればいいと思います。
     

    最後に

    いかがでしたでしょうか?
     
    私は調べるまでは、お中元を贈る時期
    関西と関東では違うことを知りませんでした。
     
    でも、私は毎年、お中元を贈っていて、
    送り先は私と同じ関西だったのです。
     
    だから、贈る時期は盆前だったのですが、8月15日まで
    着くので失礼にはあたらなかったようです。
     
    しかし、これがもし、関東の方へ贈るのだったら、
    お盆前の時期だと約1ヶ月も過ぎており、
    大変失礼になったでしょう。
     
    これからは、何を贈るにしても相手方に
    失礼のないよう、よく調べてから適切な時期に
    贈る必要があると思いました。
     
    あなたも、遠方の親戚などに贈り物をする時は、
    贈る時期に気をつけてくださいね。


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    このページの先頭へ