紫外線アレルギーの症状と原因とは?検査方法はコレ!


春がきて、ようやく暖かくなってきたので、
薄着で外出する機会が多くなったのではないでしょうか。
 
しかし、この時期に外出されている方達をみると、
紫外線対策の日傘などはまだ、さしていませんよね。
 
日差しがあまり強くないので、「日傘はもうちょっとしてから」
などと思っていらっしゃる方が多いようです。
 
紫外線は夏が強いイメージがありますが、
本当は、注意必要なのはこの時期からなんですよ。
 
sigaisentuki
出典:気象庁 日最大UVインデックスの年間推移グラフ(つくば)
 
上のグラフを見ると4月くらいから夏
にかけて紫外線が強くなっていますよね。
 
日焼けやシミの原因となることで知られる紫外線ですが、
この季節になどに湿疹ができたり、
赤くはれたりしていませんか?
 
そうであれば、それは
紫外線アレルギー」かもしれないです。
 
そこで、今日は紫外線アレルギーの症状原因について、
また、検査方法についても調べましたので紹介しますね。
 

スポンサーリンク
   
 

紫外線とは?

紫外線アレルギーを紹介する前に、
まず紫外線について説明しますね。
 
地球上に届く太陽光は暖かさを感じる「赤外線」と
目に見える「可視光線」と目に見えなくて、
何も感じない「紫外線」があります。
 
このなかで紫外線(UV=UltraViolet)は、
波長が短く、エネルギー強い光なので
物質に化学変化起こさせやすい性質があります。
 
この紫外線は波長の長さの違いにより下図のように
「UV-A」、「UV-B」、「UV-C」に分けられます。
 
2sigaisentoha
出典:気象庁 紫外線とは http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-40uv.html
 
この3つの紫外線のなかで、地球に
届いているのが「UV-A」と「UV-B」です。

●UV-A
UV-Bほどの害はありませんが、
長時間浴びる健康被害の原因になります。
 
●UV-B
皮膚に有害で、日焼けを起こしたり、
皮膚がんの原因となります。
 
●UV-C
大気層で吸収されるために
地表には到達しません。
 

紫外線アレルギーの症状と原因

紫外線アレルギーとは?

紫外線アレルギーの原因と症状を説明する前に、
紫外線アレルギーについて少し紹介します。
 
紫外線アレルギーは日光アレルギー
日光過敏症日光性皮膚炎とも呼ばれています。
 
日光や日光の紫外線原因で引き起こされる
アレルギー反応のことをいいます。
 
普通の人が浴びても問題のないほどの紫外線照射
皮膚に異常反応が起こります。
 

紫外線アレルギーの症状

紫外線アレルギーの症状ですが、一般的には
日に当たった部分だけに表れる皮膚の症状が多いです。
 
しかし、頭痛などの全身症状
引き起こす場合もあります。
 

◆皮膚に表れる紫外線アレルギー症状

  • 赤くなる(発赤)
  • 発疹(じんましん、みずぶくれ、丘疹)
  • 腫れ
  • かぶれ
  •  

    ◆目に表れる紫外線アレルギー症状

  • 目の充血
  • 涙がでる
  • 異物感がある
  •  

    ◆全身に表れる紫外線アレルギー症状

  • 頭痛
  • 発熱
  • 吐き気
  •  

    紫外線アレルギーの原因

    sigaisenjyosei
     
    紫外線アレルギーの原因ですが、
    内因性」のものと「外因性」のものに分けられます。
     
    ◆内因性による原因
    紫外線を浴び続けてから、紫外線に対する抗体量
    超えることによって紫外線アレルギーを発症します。
     
    この抗体量によって違い
    少しの量を浴びただけでも発症する人もいます。
     
    これは、代謝障害や遺伝子異常など生体内
    異常が関係しています。
     

    ◆外因性による原因
    服用した日焼け止めの成分などが
    原因となって紫外線アレルギーを
    引き起こすことがあります。
     
    薬を飲んだり、日焼け止めを塗ったりした後に
    ほんの少しの量の紫外線を浴びただけでも
    発症することがあります。
     
    この原因は、服用したものや塗ったものが
    紫外線を吸収し、光毒性を持ったことによります。
     

    紫外線アレルギーの検査方法

    紫外線アレルギーの検査方法ですが、
    大学病院や専門医の皮膚科などで
    光線過敏症テスト」を受けます。
     
    日光を浴びた後に先述のような症状を発症し、
    病院を受診した場合には、ほとんどが
    紫外線アレルギーと診断されます。
     

    <PR>
    塗るだけでは防ぎきれなかった紫外線による
    害を防ぐことが出来る「飲む日焼け止め」が
    人気急上昇中!

    飲む日焼け止めサプリ「ヘリオケア」が
    一番の人気みたいです。

    楽天市場の「ヘリオケア」 の検索結果一覧はこちら

     

    最後に

    紫外線アレルギーですが、花粉症などと同じように
    ある日、急に発症する可能性があります。
     
    紫外線アレルギーは一度発症してしまうと
    治りにくい方が多いようです。
     
    だから、現在なっていないからといって油断せず、
    できるだけ紫外線浴びすぎないように、
    常日頃から気をつけてくださいね。
     
    次回は、紫外線アレルギーの対策治療について
    紹介しますのでお楽しみに。


    スポンサーリンク

     

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    Current ye@r *

    このページの先頭へ