ハローワークインターネットサービスで求人を探すには!


ハローワークの求人はインターネットで探せる!

ハローワークとは働き口を探す方に仕事を
斡旋・仲介するための、公共機関で「公共職業安定所」の
愛称であることはみなさんはご存知ですよね。
 
 
このハローワークの求人をインターネットで探すことが出来る
「ハローワークインターネットサービス」があるのをご存知でしょうか?
 
 
また、「ハローワークインターネットサービス」では
求人検索だけでなく、ハローワークへの求職申し込みの手続き、
雇用保険などの各種手続きなどの情報が提供されています。
 
 

スポンサーリンク
   
 

「ハローワークインターネットサービス」を利用する前に、
まずはハローワークについて知っておいた方が良いと思われる、
いろいろなサービスなどを紹介しますね。
246_original

ハローワークの基礎知識

ハローワークは厚生労働省が設置している行政機関で、
「職業の斡旋」だけしか、やっていないと思われがちですが、
以下のようなサービスを提供しています。
 
 
■求職者向けのサービス

職業斡旋
職業紹介や職業相談、応募書類や面接などの具体的な相談も。

雇用保険の手続き
失業給付や能力開発に取り組む場合の教育訓練給付

職業訓練コースの情報提供
就職に必要な能力を身につけるための資格取得に関する情報提供

 

■事業者向けのサービス

求職者の紹介
求人を受理して、その仕事に向いている人材を紹介。

助成金や給付金の支給
雇用の安定を図る為に助成金や給付金を支給しています。

雇用保険の適用
雇用保険被保険者の取得・喪失の手続き

雇用の管理
募集や採用などの相談や高齢者・障害者の適切な雇用管理が
行われるための援助。

 
 

ハローワークの種類

ハローワークプラザ 
幅広い求人情報等を検索できる求人自己検索装置があり、
迅速かつ効率的な情報提供が行われている。

ハートバンク
パートタイム希望者用の各種情報提供、職業紹介などのサービスの提供

人材銀行
だいたい40歳以上の管理的、専門的、技術的職業に
従事してきた方用の雇用相談など。

キャリア交流プラザ
ホワイトカラー(事務職、公務員など)への就職を希望する
約30歳以上45歳未満の概ね1年以上の
長期失業者への職業紹介サービスなど。

マザーズハローワーク
子育てをしながら早期就職を希望している方の為のサービスを提供。

ヤングワークプラザ
別名「若年者特別支援実施公共職業安定所」と呼ばれ、
若者の就職を支援するサービスを提供しています。

学生職業センター、学生職業相談室、学生職業総合支援センター
大学、短期大学、高等専門学校、専修学校等の学生などを対象とした、
就職支援の専門窓口です。

地方就職支援センター
東京にあり、地方への就職希望者へ、
雇用や生活関連情報を提供しています。

地域職業相談室
公共職業安定所が設置されていない市町村で、
職業紹介などを行っています。

高年齢者職業相談室
概ね55歳以上の高齢者を対象とした、職業紹介などを行っています。
 
 

ハローワークインターネットで求人を探す時の注意

ハローワークインターネットサービスはインターネットで
手軽に求人情報を見れるサービスですが、
利用するには注意しなければいけないことがあります。
 
 
求職者登録をしないと応募出来ない
 
ハローワークインターネットサービス自体は
誰でも閲覧できるのですが、その求人に応募するには、
ハローワークの窓口に行き求職者登録が必要です。
 
 
更新頻度
 
求人情報
毎日PM9時30分時点の求人情報が、翌日AM6時頃に更新されます。
 
雇用関連情報
毎日AM3時時点の雇用関連情報が、当日AM4時頃に更新されます。
 
 
全ての求人情報が閲覧出来る訳ではありません。

企業側の希望により、インターネットへの掲載を拒否されている
求人情報はハローワークインターネットの求人情報では閲覧出来ません
 
 
全てを閲覧しようと思えば、窓口が一番ですね。
 
 
悪質なブラック企業の求人も・・・

他の求職者から苦情があった求人情報だとしても、
ハローワーク側は求人を受理する為に時にはブラック企業
求人が混じっていることもあるのです。
 
 
また、絶対採用されることのない「空求人」も
存在するらしいので注意が必要です。
 


スポンサーリンク

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

Current ye@r *

このページの先頭へ