残暑見舞いの書き方!小学生から先生宛の例文はコレ!


近頃、夏休みに小学生の生徒へ暑中見舞い
出す担任の先生が増えているようです。
 
私の娘達が小学生の頃にも、
夏休みに担任の先生から暑中見舞い
着ていたのを覚えています。
 
返事は必ずしも出さなければ
ならないというものではありません。

でも、先生も返事をもらったら嬉しいと思うし、
手紙を書く練習にもなるので、
返事を書いたほうがいいですよね。
 
zansyomimai2top
 
多くの場合、夏休みの中間前後に暑中見舞いが
届くのが多いと思うので、返事を書くなら、
残暑見舞いになるでしょう。
 

しかし、小学生が残暑見舞いを一人で書くのは
難しいと思います。
 
そこで、今日は小学生から先生宛の
残暑見舞いの簡単な書き方例文を紹介します。
 
お子様と一緒に考えてあげて下さいね。
 

スポンサーリンク
   
 

小学生の残暑見舞いの簡単な書き方

残暑見舞いといっても、ほとんどの小学生は
書くのが初めてだと思います。
 
そこで、小学生でも書ける残暑見舞い
簡単な書き方を紹介します。
 
残暑見舞いを書くには、以下のような順序で
進めていきますが、全部一度に言っても理解できないと
思うので、一つ一つ教えながら完成させていきましょう。

①暑中見舞いや残暑見舞いについて理解させる
実際に届いた暑中見舞いを見せて、
暑中見舞いや残暑見舞いについて理解させましょう。

●暑中見舞いとは
「あなたは元気にしていますか?私は元気にしていますよ、
このような感じで毎日を過ごしていますよ、
などと相手に伝えるはがきです。」

 

②残暑見舞いの下書きをする
残暑見舞いの構成を教えて、
文章を考えてもらい下書きを作りましょう。
 

③残暑見舞いを清書する
下書きの文章で問題がなければ
下書きを見ながら丁寧にはがきに書きましょう。
 

残暑見舞いの構成

残暑見舞い構成は、
ざっと以下のようになります。

①季節の言葉
②気候のことと、相手が元気でいるか訊く言葉
③自分のことについて書く
④相手の健康を祈る言葉
⑤日付

 

では、順に例をあげて紹介しましょう。
 

①季節の言葉

zansyomimai3
 
立秋(8/7)を過ぎて出すなら、
残暑見舞いになります。
 
だから、季節の言葉は
ざんしょおみまいもうしあげます(残暑お見舞い申し上げます)」になります。
 

②気候のことと、相手が元気でいるか訊く言葉

ここ数日の気候のことと、
先生が元気でいるかを訊く言葉を書きます。
 

「あついまいにちがつづいていますが、おげんきですか」
「まだ毎日がとてもあついですね。先生はお元気ですか」
「きびしいあつさがつづいていますが、先生はいかがおすごしですか」など
 

③自分のことについて書く

自分の毎日の様子やどこかに
おでかけしたことなどについて書きます。
 

「ぼく(わたし)はまいにちプールに行っておよいでいます」
「ぼく(わたし)はかぞくで○○へりょこうに行き、
はじめてひこうきにのり、とてもわくわくしました」
「ぼく(わたし)はなつまつりに行き、はなびをみてきました
とても大きなはなびがあがり、ちょっとびっくりしました」など
 

④相手の健康を祈る言葉

先生の健康を祈る言葉を書きます。
 

「先生もげんきにすごしてください」
「おからだをたいせつになさってください」
「おからだに気をつけてください」など
 
後に「2がっきもよろしくおねがいします」と
付け加えてもいいでしょう。
 

⑤日付

日付は一行あけて書きます。
 

へいせい○○年○月 ばんか(晩夏)
 

残暑見舞いの例文「小学生から先生宛」

seitokrasenesi
 
小学生から先生への残暑見舞いの例文を
いくつか紹介します。
 
お子様に見せて、「このような感じに書くのだよ」と
例を見せましょう。

◆残暑見舞いの例文①(小学生低学年)

ざんしょおみまいもうしあげます

あついまいにちがつづいていますが、せんせいはおげんきですか。
ぼく(わたし)はまいにちげんきにプールへいっています。
せんせいもげんきにすごしてください。

へいせい○○ねん ○がつ ばんか

 

◆残暑見舞いの例文②(小学生低学年)

ざんしょおみまいもうしあげます

まだまいにちがあついですね。
せんせいはおげんきですか。
ぼく(わたし)はまいにちラジオたいそうにいき、げんきにすごしています。
せんせいもげんきにすごしてください。

へいせい○○ねん はちがつ

 

◆残暑見舞いの例文③(小学生高学年)

残暑お見舞い申し上げます

きびしい暑さがつづいていますが、先生はいかがおすごしですか。
私は、ゆかたをきて花火を見てきました。
いろいろな花火を見れてとても楽しかったです。
まだしばらくは暑いと思うので、おからだに気をつけてください。

平成○○年 晩夏

 

◆残暑見舞いの例文④(小学生高学年)

残暑お見舞い申し上げます

暑い毎日が続いていますが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。
私は今、読書に夢中になっていて、夏休みには多くの本を読みました。
○○先生、お体を大切になさってください。

平成○○年 八月   晩夏

 

◆残暑見舞いの例文⑤(小学生高学年)

残暑お見舞い申し上げます

まだ毎日が大変暑いですね。
先生はお元気ですか。
私は、プールに行き真っ黒に日焼けしてしまいました。
くれぐれもお体に気を付けてください。
2学期もよろしくお願いします。

平成○○年 八月

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
 
基本の構成に従い順番に文章を考えて、
書いていくだけなので、意外と簡単に
書けたのではないでしょうか。
 

残暑見舞いを書くことは、お子様がはがきを
書く楽しみも味わえると思います。
 
また、自分以外の人に対する気遣い
気持ちを覚えることも大切なことです。
 

今年の夏休みは、お子様と一緒に
残暑見舞いを書いてみてはいかがですか?


スポンサーリンク

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

Current ye@r *

このページの先頭へ