梅雨時期の洗濯物!部屋干しで早く乾かす方法はコレ!


梅雨の時期に雨が降り続くと洗濯物は
外には干せず、仕方なく部屋干し・・・。
 
heyaboshitop
 
洗濯物を普通に部屋干ししても
梅雨の時期は、がなかなか乾かないので、
困っている方は多いと思います。
 
洗濯物を少しでも早く乾かす方法があれば、
知りたいとは思いませんか?
 

そこで今日は、梅雨の時期に洗濯物部屋干し
早く乾かす方法を紹介します。

スポンサーリンク
   
 

洗濯物が早く乾く干し方

梅雨の時期に洗濯物を早く乾かすには、
干し方もかなり重要になってきます。
 

いくら効果のある乾かし方を用いても、
間隔をあけずに干すなど、干し方間違えれば、
洗濯物はなかなか乾かないからです。
 

そこで、洗濯物が早く乾く干し方には
どのような方法があるか、
簡単に紹介します。
 

洗濯物が早く乾かす干し方

◆洗濯物どうしの間隔はなるべく広くとる
洗濯物は風が当たる部分が広いほど早く乾きますから、
洗濯物どうしの間隔は最低でも10cmくらいは空けましょう。
 

◆厚手と薄手の洗濯物は交互に干す
厚手と薄手の洗濯物を交互に干すことにより、
すき間が空きやすくなります。
 
また、長いものと短いものも
交互に干すようにしましょう。
 

◆ハンガーは太目のものを使う
細いハンガーだと衣類の前後の生地が
触れ合ってしまい乾きにくくなります。
 
太いハンガーを使用することにより、前後の生地の間に
すき間ができて乾きやすくなります。
 

◆タオルなどは片方を長くして干す
タオルなどの長いものは、半分にして干すよりも
風の当たる部分を長く垂らして干すほうが
早く乾きます。
 

◆ジーンズは立体的に干す
生地が厚くて乾きにくいジーンズなどは、
立体的に干すと空気の通り道ができて
奥まで乾きやすくなります。
 
また、裏返して干すのもオススメです。
 

◆長袖やフード付きは逆さに干す
長袖やフード付きの服は、そのまま干すと
袖やフードが重なって乾きにくくなります。
 
逆さにして干せば、重なる部分がなくなり
早く乾きます。
 
また、靴下も口側を下にして干します。
 

◆カーテンレールに干すのはダメ!
カーテンレールに干すとカーテンに
触れている側が半乾きになりやすいです。
 
また、カーテンの汚れが洗濯物についたり、
カーテンが痛んだりするのでやめましょう。
 

以上のような干し方をすることで、
より洗濯物乾きやすくなります。
 
さらに早く乾かすには、
洗濯物に風をあてるなどの方法が必要です。
 

梅雨時期の洗濯物を部屋干しで早く乾かすには?

洗濯物を部屋干しして乾かすには3つのポイントがあります。
 
洗濯物を乾かすポイント

  • 風を当てる
  • 除湿をする
  • 室温を上げる
  •  

    以上のポイントを踏まえたうえで、
    具体的にどのような方法があるのか、
    紹介していきましょう。
     

    洗濯物を「扇風機」と「除湿機」で乾かす

    私が一番オススメする「梅雨時期の洗濯物が
    部屋干しで早く乾き、かつ、経済的」なのは
    扇風機除湿機を組み合わせて乾かす方法です。
     

    扇風機と除湿機が必要になりますが、
    なければ扇風機エアコンでもいいでしょう。
    (エアコンの方が少し電気代が高くなります)
     
    ◆洗濯物を「扇風機」と「除湿機」で乾かす方法
    まず最初に洗濯物を部屋干しする部屋の
    ドアを全て閉めます。
     
    そして、下図のように扇風機の風を首振り(できれば)にして、
    洗濯物にあて、洗濯物の近くに除湿機を置きます。
     
    kawakasuhohou
     
    この時注意することは、扇風機の風向きと
    洗濯物の向きです。
     
    扇風機の風の向きを、洗濯物と平行にすると、
    扇風機の風が、洗濯物のすき間をとおり、
    早く乾かすことができます。
     

    但し、除湿機を運転すると運転音がしますし、
    室温が2℃~6℃くらい上昇しますので、
    人が就寝する部屋での使用には適しません。
     

    気になる電気代ですが、除湿機の消費電力を300W、
    扇風機の消費電力を30Wと仮定して計算(単価22円)すると
    1時間の運転費用は約7.26円となります。
     

    扇風機と除湿機を組み合わせて使うことで
    洗濯物が乾く時間も約2~3時間
    短縮できるようです。
     
    だから、電気代もあまりかからないので
    オススメです。
     

    洗濯物を「換気扇」と「扇風機」で乾かす

     
    kankisen
     
    除湿機がないお宅やエアコンの除湿の電気代が
    気になるという方には換気扇扇風機
    使う方法もあります。
     

    この方法はお風呂場で洗濯物を乾かす方法なので、
    あまり多くの洗濯物を干せません
     
    でも、使うのは換気扇と扇風機だけなので、
    簡単に実行できますよね。
     

    気になる電気代ですが、換気扇と扇風機の
    両方を合わせても1時間2~3円程度で済みます。
     

    洗濯物の量にもよりますが、
    だいたい4~5時間乾きます。
     

    ◆洗濯物を「換気扇」と「扇風機」で乾かす方法
     
    まずは、お風呂場に洗濯物を干します。
    (お風呂場に突っ張り棒を設置しておくと、
    すぐに干せるので便利ですよ)
     
    お風呂場の換気扇を回します。
     
    最後に、扇風機の風を洗濯物に向けてあてます。
     

    だいたい乾く時間が分かって、
    扇風機にタイマー機能があれば利用しましょう。
     

    洗濯物を「浴室乾燥機」や「洗濯乾燥機」で乾かす

    昔からよくある浴室乾燥機は、
    浴室に洗濯物を干すから、
    邪魔にはならず便利なのですが・・・
     
    浴室乾燥機を使用すると、
    電気代は意外とかかってしまいます。
     

    髪を乾かすのにドライヤーを使っている方は
    多いと思いますが、標準的なドライヤーで
    消費電力は1200Wくらいあります。
     
    浴室乾燥機はドライヤーと同じ温風を
    出すので、大きなドライヤーの温風
    出しっぱなしにしているようなものなのです。
     

    浴室乾燥機を使うと電気料金がどれくらいかかるのか
    というと、約6kgの洗濯物を乾燥させるのに
    1回あたり約40円~100円くらいかかるそうです。
     

    1ヶ月に換算すると約1200円~3000円
    電気代が高くなってしまいます。
     

    また、洗濯乾燥機もヒーター式やヒートポンプ式の
    どちらでも浴室乾燥機と同じような電気代が、
    かかってしまいます。

    この金額を「安い」、「高い」と考える方は、
    それぞれいらっしゃるでしょう。
     

    でも、これらを日常的に使って洗濯物を
    乾かしていたら、電気代の請求書が届いて、
    驚くかもしれないでしょう。
     

    たまに使用するならいいかもしれませんが、
    日常的に使うのはちょっともったいないような気がします。
     
    ただ、オール電化の家庭では、深夜の時間帯
    電気代が安いので、深夜に使用すればいいかも!?
     

    ちなみに我が家で部屋干しするときに
    利用しているのは「pid4M」という商品です。
     
    使いたいときだけ引き出せて使えるので
    お部屋もすっきりして良いです。
     
    楽天市場の「pid4M」の商品ページはこちら
     
    Amazon.co.jpの「pid4M」の商品ページはこちら
     
     

    最後に

    いかがでしたでしょうか?
     

    洗濯物の干し方や早く乾かす方法などにについて
    いろいろ紹介しましたが、洗濯物の
    部屋の大きさなど、条件がいろいろ違うと思います。
     
    今回紹介した乾かす方法いろいろ試してみることで、
    きっとあなたの家に合った方法が見つかるハズ。
     

    ジメジメした梅雨の時期でもちょっと工夫をして、
    快適なエコライフを過ごしましょう。


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ