炊飯器の選び方!一番のポイントは内釜にあり!


日本人の食生活に欠かせないのは、
なんといっても主食のご飯ですよね!
 

そして、そのご飯を炊くために
欠かせないのが炊飯器
 
suihankitop
 
購入するのなら、美味しいご飯が炊ける
炊飯器を選びたいですよね。
 
炊飯器は各メーカーから発売されていますが、
種類たくさんありすぎて、どれを選んだら
いいのかわからないですよね。
 

そこで、今日は炊飯器選び方
ポイントを分かりやすくまとめました。
 

スポンサーリンク
   
 

炊飯器の加熱方式

炊飯器の加熱方式ですが、
主に次の4つのタイプに分けられます。

  • マイコン炊飯器
  • IH炊飯器
  • 圧力IH炊飯器
  • ガス炊飯器
  •  
    ●マイコン炊飯器
    炊飯器の底部にあるヒーターで加熱する方式です。

    火力は弱いですが、消費電力は少ないです。

    また、3合までの少量炊き用の主流の方式で、
    低価格の商品が多く種類が豊富です。
     

    ●IH炊飯器
    電磁力によるヒーターで加熱するタイプで、
    内釜全体が発熱するのでお米全体にむらなく
    加熱することができます。

    だから、高火力で短時間に炊くことができます。
     

    ●圧力IH炊飯器
    加熱方式はIH炊飯と同じで内釜全体を加熱し、
    さらに内釜へ圧力をかけることで沸点を高めて、
    お米の芯まで熱を伝えます。

    これにより、ふっくらとしたご飯が炊けます。
     

    ●ガス炊飯器
    字のごとく、ガスの火力で炊飯するタイプ。

    LPガスや都市ガス用がありますが、
    機種の種類は少ないようです。
     

    マイコン炊飯器とIH炊飯器の違い

    マイコン炊飯器は釜底のヒーターだけで加熱しますが、
    IH炊飯器は内釜全体で加熱します。
     
    だから、IH炊飯器のほうがむらなくまんべんに
    加熱するので早く美味しく炊き上げることができます。
     
    また、保温時の黄ばみも抑制されますよ。
     

    IH炊飯器と圧力IH炊飯器の炊き上がりの違い

    IH炊飯器では内釜に圧力を加えることはできませんが、
    圧力IH炊飯では、内釜に圧力を加えることができる。
     
    内釜に圧力を加えることによって沸点変わり
    その違いにより以下のようになります。
     
    圧力IH炊飯器
    粘りがあるもっちりとしたご飯を炊き上がる
     
    IH炊飯器
    しっかりとした粒感のある食感に炊き上がる
     

    炊飯器を内釜で選ぶ

    utigama
     
    炊飯器の加熱方式を紹介しましたが、
    それぞれのメーカーが競って独自の技術をいろいろと
    開発していて選択肢が多く迷ってしまいますよね。
     
    近頃、多くのメーカーが力を注いでいるのは
    内釜なのですが、実はこれがお米をふっくら
    おいしく炊き上げる大切なポイントなのです。
     

    昔からかまどで炊いたごはんが
    おいしいと言われますよね。
     
    この理由は、釜内に広がったが外に
    逃げにくいからなんです。
     

    そんなかまどで炊いたときと同じような
    おいしいお米が炊けるように各メーカーから
    いろいろな内釜を使った炊飯器が発売されています。
     

    炊飯器の価格は1万円くらいのものから、
    高級なものは10万円以上もしますが、
    この価格の違い内釜によるところが大きいのです。
     

    では、この炊飯器の内釜の種類には
    どのようなものがあるのか紹介していきましょう。

    内釜の種類

    内釜の種類は主に「素材」や「構造」の
    違いにより分けることができます。
     
    ◆素材
    内釜の価格を大きく左右するのが素材で、
    主に以下の4つの素材が使われています。
     
    鉄釜
    ステンレス内釜よりも発熱性があり、
    大きな火力で炊くことができます。

    銅釜
    釜全体を均一に素早く加熱することができる
    熱伝導の高さが特徴です。

    炭釜
    熱伝導率も高く、遠赤外線の効果で
    むらなく加熱することができます。

    土鍋
    ゆっくりと熱が伝わるので蒸らし効果があるのと、
    高い蓄熱性で冷めにくい特徴があります。
     

    この他に熱伝導効率の良い素材を
    混ぜているものもあります。
     

    一般的には上位機種になるほど特殊な素材が
    多く使われ、内釜の厚み増す傾向にあります。
     
    メーカー間で簡単に内釜の厚さでの比較はできませんが、
    メーカーごとに厚さで価格が違い、中間くらいの
    機種でも内釜の厚いお得なモデルもあります。
     

    ◆構造
    内釜の構造には一般的に
    以下の3つの構造があります。
     
    厚釜
    釜を厚くすることによって、
    熱を蓄え包み込むように炊くことができます。
     
    一般的にはだいたい2.3mm以上の厚みがあると
    「厚釜」と呼ばれています。
     

    多層釜
    銅・金・ダイヤモンドなどの熱伝導効率の高い素材を
    7層・8層・9層などと層状に重ね合わせて、
    より熱伝導を高めています。
     

    真空釜
    魔法瓶のように真空層を持つタイプで、熱が逃げにくく、
    熱を早く内部に伝えることができます。
     
    また、厚釜や多層釜と比べると重量が軽くて
    扱いやすいのが特徴です。
     

    蒸気の有無

    jyouki
     
    炊飯器には、炊飯時に蒸気口から蒸気を出す機種と
    蒸気を出さない機種があります。
     

    蒸気を出さない機種なら、炊飯器の本体の上部
    スペースをあける必要がないので設置もラクです。
     
    また、なかには蒸気を出す機種のうち、
    蒸気の排出量を少なくする機能がついたものあります。
     

    内釜洗米が可能か?どうか

    最近の内釜洗米できるタイプが多いようですが、
    中には洗米できないタイプもあります。
     
    なるべく手間を省きたい方は、
    内釜で洗米できる炊飯器を選びましょう。
     

    内釜を長持ちさせたいのなら洗米は別容器で!

    内釜を長持ちさせたい方は、
    お米を別容器で洗うことをオススメします。
     
    また、洗米による磨耗だけでなく、洗米時に指輪や時計が
    内釜にあたりキズが付いたりすることも防げますし、
    傷からフッ素などがはがれることも防げます。
     

    炊飯器の容量と消費電力

    炊飯器の容量にはだいたい
    3合」、「5.5合」、「1升」があります。
     
    人数に合った容量の炊飯器を選ぶことで、
    余分な消費電力も抑えられます。
     

    2人くらいまでなら「3合炊き」、
    3人~5人くらいまでなら「5.5合炊き」、
    それ以上なら「1升炊き」を選びましょう。
     

    最後に

    炊飯器を選ぶには、内釜が一番のポイントだと
    思うのですが、素材や構造といっても
    いまひとつ分からないと思います。
     
    だから、炊飯器を選ぶには、その内釜を使った炊飯器で
    どういった炊き上がりになるのかが、カタログに
    書いてあるので、それを参考にします。
     
    そして、自分の好みにより近い炊き上がり
    炊飯器を選びましょう。


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ