初盆の香典の相場はいくら?表書きの書き方はコレ!



今日から子供たちは長い夏休みに入りますが、
働いている方々にとって長期連休といえば、
お盆休みがあります。
 
お盆といえば、「初盆」という言葉を
あなたは耳にしたことがあると思いますが、
どのような意味か、ご存知でしょうか。
 
簡単に言えば、初盆とは故人が亡くなってから、
初めて迎えるのことをいいます。
 
hatubontop
 
詳しいことは後述しますが、初盆に呼ばれたら
伺うときに香典を包みます。
 

そこで、今日は初盆香典相場はいくらくらいなのか、
また、表書き書き方を紹介します。

スポンサーリンク
   
 

初盆とは?

先述のように初盆とは、故人が亡くなり
最初に迎えるのことを言います。
 
しかし、正確には、四十九日の法要が終わってから、
最初に迎えるお盆のことです。
 

地域によっては「新盆(しんぼん・にいぼん)」とも呼び、
故人が初めて自分の家に帰って、
家族と一緒に過ごすとされています。
 
この初盆の日は、地域や故人が亡くなられた日
よって変わるので注意が必要です。
 

初盆の日を調べるには?

先述のように初盆の日は地域と亡くなられた日により、
変わるのですが、簡単に初盆の日調べ方
紹介しましょう。
 

初盆の日を調べるには、次の二つの日を
調べる必要があります。
 

①故人の地域の盆の日
全国的に盆の日といえば8月15日になりますが、
一部の地域では異なります。
 
東京や横浜、函館のほうでは7月15日
また沖縄のほうでは旧暦の7月15日
盆になります。
 

②忌明けの日
忌明けとは故人の冥福を祈り、喪に服す期間が
終わる日をいいます。
 
この喪に服す期間は宗教によって異なり、
仏式の場合は四十九日で、
神式の場合は五十日になります。
 
この四十九日は満中陰と呼ばれ
「満中陰法要」・「仕上げ法要」を勤めます。
 
ただ、この四十九日の法要はご家族僧侶の都合で
日が変更されることが多いです。
 

◆初盆の日は?

初盆とは故人が亡くなり、忌明けして向かえる初めての
 
つまり忌明けしてその年のお盆まだであれば、
その年のお盆が初盆になります。
 
しかし、忌明けした日がその年のお盆過ぎていれば、
翌年のお盆が初盆になります。

 

初盆の香典(御仏前)の相場はいくら

初盆香典(御仏前)って、あまり包むことがないので、
いくらくらいすればいいのか、わからないですよね。
 
そこで、包むだいたいの相場
調べましたので紹介します。
 
以下の金額は一人で参列した場合の相場です。

自分からみた故人との関係 相場金額(食事あり) 相場金額(食事なし)
父母 ¥10,000~¥20,000
+兄弟で提灯かお供え
¥3,000程度
祖父母 ¥10,000
+お供え¥3,000程度
¥5,000
+お供え¥3,000程度
兄姉 ¥10,000~¥20,000
+お供え¥3,000程度
¥5,000~¥10,000
+お供え¥3,000程度
友人の父親 ¥5,000~¥10,000 ¥5,000

 

初盆の香典の相場ですが、
地域宗派などによっても違ってきます。
 

故人が祖父母でご両親が健在なら、ご両親
いくらくらいすべきかお伺いするのがいいです。
 
また、兄弟がいる場合は、兄弟相談して
金額を決めるのもいいでしょう。
 

お供え物も忘れずに!
楽天市場の「初盆 お供え物」 の検索結果一覧はこちら

初盆の香典の表書きの書き方

初盆の香典の表書きですが、一般的には
御仏前」、「御佛前」、「御供物料」と書きます。
 
また、お供えの品には「御供」と書きます。
 
初盆の際に提灯代としてお金を包むときに
表書きは「おちょうちん(提灯)代」と書きます。
 

●のし袋は?
aiginsouginkigin
のし袋の水引は「藍銀」か「双銀」で、
できれば蓮絵が入っていないもの
または、「黄銀」で5本か7本のものを選びましょう。
 
●水引の結び目は?
musubikiri
 
awabimusubi
また、水引の結び方は「結切り」か「鮑(あわび)結び」の
のし袋を使いましょう。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ