非常食の備蓄法!実践しやすい「ローリングストック法」とは?


非常食といえば大抵の方が、普通に3~5年
消費期限がある食料を大量に買い込んで
備蓄されているのではないでしょうか。
 
hijyousyokutop
 
3~5年も長期保存が効くことは一見、最適のように
思われがちですが、保存できる期間が長ければ長いほど
非常食のことを忘れてしまいます。
 

そして、「気付いたら消費期限過ぎてしまっていた」、
また、「もうすぐ消費期限がきれる乾パン缶詰
毎日食べなければいけない」といったことも多々あるようです。
 
捨てるのはもったいないし、乾パンや缶詰を
毎日食べるのはちょっと飽きてしまいますよね。
 

そこで最近注目を浴びているのが今回紹介する
新たな非常食備蓄法ローリングストック法」です。
 

★TOPICS

  • 非常食の備蓄法!ローリングストック法とは?
  • ローリングストック法のメリット
  • ローリングストック法のやり方
  •  
     

    スポンサーリンク
       
     

    非常食の備蓄法!ローリングストック法とは?

    ローリングストック法は非常食の新しい考え方の
    備蓄法2013年の春頃からテレビや雑誌などで
    紹介され始めました。
     

    何も考えないで普通に非常食を備蓄していると
    消費期限がバラバラで、どの食べ物がいつ、
    消費期限を迎えるのかの把握が難しいですよね。
     

    長期保存であればあるほど、その存在を忘れてしまい
    先述のように気が付いたときには、「消費期限を過ぎていた」と
    いうふうなことが多々あるようです。
     

    そこで考え出されたのが、非常食を消費期限まで食べないで
    置いておくのではなく、日頃から非常食を食べて
    食べたら食べた分を買って補充をしていくという方法です。
     

    つまり、ローリングストック法とは簡単に説明すると
    定期的に備蓄している非常食を食べて、食べた分を
    買い足していくという行為を繰り返していく方法です。
     

    ローリングストック法のメリット

    ローリングストック法のメリットには
    以下のようなものがあります。
     

    消費期限が切れる前に消費することができる
    定期的に非常食を消費していくために
    消費期限が切れる前に食べることができる。
     
    このため、非常食の消費期限が
    切れるのを回避できる。
     
     
    消費期限は1年でも大丈夫
    この備蓄法では必ず1年以内にその食品を
    消費することができるので、消費期限は
    1年もあれば十分です。
     
    長期保存の非常食は種類が少ないが、この方法では
    日常的食べているものを選ぶことができ、
    いろいろな非常食を試すことができる
     
    普段の食事で備蓄した食品を食べるので
    美味しい非常食を選ぶことができます。
     
     
    非常食が日常化される
    ローリングストック法を使うと定期的(月に1~2回)に
    非常食食べることになります。
     
    ということは、日常的に非常食を
    食べることになります。
     
    だから災害の時にも食べ慣れた非常食を
    食べることが可能です。
     

    日頃食べ慣れない長期保存の非常食よりも
    食べ慣れた食事のほうが良いですよね。
     
     

    ローリングストック法のやり方

    ローリングストック法のやり方ですが、
    まずは「12食分」の非常食
    準備するところから始まります。
     
    ローリングストック法の非常食の備蓄

    4日分(12食)×家族の人数

    一般的に非常食の備蓄は「1人最低3日分(9食)」と
    されていますが、ローリングストック法は
    もう3食プラスして「1人4日分(12食)」となります。

     

    ローリングストック法のやり方

    ①家族の人数×12食分の非常食を用意する
     
    ②すぐに出せて食べられるところに保管する
    押入れなどはすぐに出せないのでダメです。
     
    ③毎月「非常食」を食べる日を決めてその日に食べる
    備蓄している12食のうちの1食を
    毎月の「非常食の日」に食べる。
     
    例えば、毎月「第一金曜日」を非常食の日と
    家族で決め、その日に食べます。
     
    ④食べた1食分を補充する
    食べた翌日などに、1食分を買い足し補充します。
     
    ⑤以上のことを繰り返していく
     
    画像はクリックで拡大します
    roringusutoku
    出典:非常食の新たな備蓄法「ローリングストック法」を実践する
     http://www.nhk.or.jp/sonae/column/20130217.html

     
     

    飲料水もローリングストック法を使えば
    市販飲料水を備蓄することができます。
     
    また、少し大きめのウォーターサーバー
    利用すれば循環するので備蓄にもなりますよ。

    楽天市場の「非常食」のランキングはこちら

    Amazon.co.jpの「非常食・保存食」の商品ページはこちら

    最後に

    いかがでしたでしょうか?
     

    非常食の備蓄法を変えるだけで、多くの
    レトルト食品などが対象になり、より家族の
    好みに合った非常食を備蓄することができます。
     

    それだけでなく、防災についても
    考える機会増えるでしょう。
     

    防災の日「9月1日」まで約1ヶ月ほどありますが、
    もしもの備えについて考え直してみては
    いかがでしょう。


    スポンサーリンク

     

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    Current ye@r *

    このページの先頭へ