お彼岸におはぎはいつ食べる?その由来はコレ!


お彼岸といえば、墓参りをして供養をしますが、
おはぎ」をお供えしますよね。
 
ohagi
 
お彼岸でお供えした後のおはぎ食べますが、
お彼岸の期間は7日間あります。
 

そうなると、「おはぎはいつ食べる?」って
あなたは疑問に思ったことはありませんか?
 
そこで今日は「お彼岸におはぎはいつ食べるのか」、
「お彼岸におはぎを食べる由来」などを紹介します。

★TOPICS

  • お彼岸におはぎはいつ食べる?
  • お彼岸におはぎを食べる理由は?
  • おはぎとぼたもちの違いは?
  • お彼岸とお盆の違いとは?
  •  
     

    スポンサーリンク
       
     

    お彼岸におはぎはいつ食べる?

    地域によって異なると思いますが、
    お彼岸入りには仏壇にお団子を供えます。
     

    そして、お彼岸の中日おはぎを供えますが、
    毎日備える必要はありません。
     
    一度だけ供えればOKです。
     

    その供えたおはぎですが、
    いつ食べたらいいのでしょうか?
     

    お彼岸の中日である秋分の日におはぎを
    食べることが最もご先祖様へのお供え物と
    しての意義があるといえるでしょう。
     

    しかし、そうは言っても、やはり気持ち
    一番大事だと思います。
     

    彼岸の中日にお供えができなかったら、
    別におはぎを供えるのは日が前後しても
    いい
    と思いますよ。
     
    早くお供えして、おはぎが傷むのなら、
    お彼岸の中日を待たずして、
    傷むまえ食べても大丈夫です。
     

    基本的にお彼岸のおはぎは、
    お彼岸の期間内であれば、
    いつ食べても構いません
     
     

    お彼岸におはぎを食べる理由は?

    お彼岸おはぎを食べる理由ですが、
    いろいろな説があります。
     

    お米あんこの二つのものを「合わせる」ので、
    ご先祖様と「」と「」を合わせるという
    意味から始まったとされる説。
     

    小豆は古くから邪気を払う効果がある食べ物と
    されており、それが先祖の供養になるという説。
     

    甘いものは貴重だった時代、特別な日には
    先祖におはぎを供えて近所にふるまったという説。
     

    以上のような色々な理由があるようですが、
    お彼岸に何故おはぎなのかは、
    はっきりと分かっていないようです。
      
     

    おはぎとぼたもちの違いは?

    一般的にのお彼岸には「ぼたもち」、
    のお彼岸には「おはぎ」と呼ばれますが、
    何が違うのでしょうか?
     

    実を言うと、「おはぎ」も「ぼたもち」も
    餅米と小豆で作られた同じ食べ物なのです。
     
    しかし、同じお彼岸でも食べる時期が違うために
    呼び名変えられているのです。
     
     
    ◆春のお彼岸に供える「ぼたもち」
    牡丹の季節である春のお彼岸に供える「ぼたもち」は
    小豆の粒を春の季節にさく牡丹の花に見立ててあります。
     
    小豆は秋に収穫され、春の彼岸の時期だと
    日が経っているので固い皮は捨てられて
    こしあん」にされるのです。
     
     
    ◆秋のお彼岸で供える「おはぎ」
    萩の季節ある秋のお彼岸に供える「おはぎ」は
    小豆の粒を秋の季節にさく萩の花に見立ててあります。
     

    小豆は秋に収穫されるので、採れたてのものが
    使用できるので皮ごと使える「つぶあん」にされるのです。
     
     
    だから、春のお彼岸の時期には「ぼたもち」、
    秋のお彼岸の時期には「おはぎ」というふうに
    使い分けが必要です。
     
    しかし、近頃は一年中、おはぎと呼ぶ店が
    大半占めています。
     
     

    お彼岸とお盆の違いとは?

    hakamairi
     
    お彼岸お盆のどちらも仏壇にお供えをして、
    墓参りに行ったりしますよね。
     

    このように、どちらもご先祖様敬う行事なんですが、
    どこが違うのでしょうか?
     

    一言でいうとその違いは、
    お彼岸は仏教徒として修行する行事ですが、
    お盆はご先祖様をお迎えして供養する行事です。
     

    ◆お彼岸
    お盆はご先祖様を招いて供養しますが、
    お彼岸招くことはしません
     
    仏教には6つの修行というものがあり、
    一日ずつ実践していく期間なのです。
     
    このように、お彼岸の期間は先祖供養が主ではなく、
    修行になっているのです。
     
     
    ◆お盆
    お盆は家に精霊棚を飾り、迎え火をたいて
    ご先祖様招いて、その期間にしっかりと
    供養するのがお盆です。
     
     

    最後に

    いかがでしたでしょうか?
     

    私も調べてみるまで、あまり気にしたことは
    なかったのですが、お彼岸で食べる「おはぎ」と
    ぼたもち」はほとんど同じ食べ物だったのですね。
     
    また、おはぎなどをお供えするときには、
    ちゃんと袋からだしてお供えしなければいけない
    というマナーなどもあるようです。
     

    このように日本の文化伝統などについて
    私達が知らないことがまだまだ、たくさんあります。
     

    これからも、疑問に感じたことをいろいろ調べて、
    皆さんにも紹介していきますね。


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ