七五三とは?を子供向けに!由来や千歳飴の豆知識も!


七五三とは」を子供向け説明できますか?
 
 
sitigosantop
 
もうすぐ七五三の季節がやって参りますが、
あなたのお子さんは今年、七五三をしますか?
 

もし、今年に七五三をするなら、お子さんに
七五三って何?」って尋ねられたら、
答えることができますか?
 

頭のなかでは分かっていても、いざ七五三
子供向け説明するとちょっと難しいですよね。
 

そこで、今日は「七五三とは?」を子供向け
どうやって説明したらいいのか、また、
七五三由来千歳飴などについて紹介します。

スポンサーリンク
   
 

「七五三とは?」を子供向けに説明

「七五三って、なぁに?」って、子供から
尋ねられたら、ちょっと困ってしまいますよね。
 

簡単に説明するなら、
以下の3行だけでいいでしょう。
 

七五三とは、7歳、5歳、3歳をむかえた子どもの
成長を祝って、神社などにお参りして、
これからも元気に育つようにお祈りする行事なんだよ。

 

そして、もう少し詳しく「七五三とは?」を
子どもに教えたい場合は、下記のことを
教えてあげるといいと思います。
 

昔の七五三は、3歳のときに男女の両方、5歳で男の子、
7歳で女の子をお祝いしたこと。
 

しかし、現在では女の子3歳7歳
男の子5歳のときだけお祝いするのが
一般的になっていること。
 

また、昔は数え年という、生まれた年を1歳と数えて、
正月のたびに1歳ずつ増やしていく年の数え方の年齢で
歳を数えてお祝いしていたこと。
 

しかし、今は満年齢で歳を数えて七五三を
する家庭が多いこと。
 

お参りする日は昔、11月15日と決まっていましたが、
現在はその家の都合に合わせて七五三
する家庭が多いこと。

 

七五三の意味を子供向けに説明

七五三の意味を子供向けに説明するには、
以下のようなことを説明してあげるといいでしょう。
 

◆七五三の意味
昔は今では簡単に直せる病気も、
治し方が分からなかったので、子供が生まれても
たくさんの子供亡くなっていたこと。
 

だから、七五三というのは元気
生きていられることを神様
感謝する意味があること。
 

男の子と女の子では七五三をする歳が違い、
女の子の場合は3歳と7歳、男の子の場合は
3歳と5歳になること。
 

何故、上記の歳かというと、
それぞれの歳になると以下のような儀式
する風習があったからということ。

◆髪置(かみおき)・・・3歳の男女 
初めて髪の毛を整える儀式です。
 

昔の子どもは3歳まで髪を剃り、
3歳になって初めて髪を伸ばし始めます。
 

◆袴着(はかまぎ)・・・5歳の男の子
男の子が初めて袴(はかま)をはく儀式です。
 

◆帯解(おびとき)・・・7歳の女の子
女の子が初めて帯を結ぶ儀式です。

 

千歳飴のあれこれ

titoseame
 
七五三のお祝いに欠かせないものといえば
千歳飴です。
 

千歳飴を持った子供の着物姿は可愛くて、
微笑ましいですよね。
 

千歳飴は紅白棒状になった飴で、
子供の健やかな成長喜び作られました。
 

飴を引き伸ばして作るので、長生きするようにとの
意味が込められ、別名「千年(せんねん)飴」とも
呼ばれています。
 

この千歳飴には、どのような意味や
由来があるのでしょうか。
 

●千歳飴の由来

千歳飴は元禄時代に江戸浅草の飴屋の七兵衛が、
考案して売り始めたとされ、長生きを願って
長い袋に千歳飴と書いたのが始まりとされているようです。
 

神社に参った帰りにおみやげとして持ち帰り、
近所などに配ったのでした。
 

●千歳飴の意味

千歳飴のちとせは「千年」という意味をもっています。
 

子供の健康と健やかな成長を願って長く伸びるという
意味とともに、長寿を願うという意味も込められているのです。
 

●千歳飴の食べ方

千歳飴って長いので、そのまま食べさせても
途中で飽きてしまいますよね。
 

縁起物ですので折ったり切ったりするのは
あまりおすすめはできません。
 

では、どうして食べたらいいのでしょうか。
 

ひとつの方法として、溶かしてから牛乳
一緒にミキサーすると美味しいそうです。
 

また、ビ-フシチューなどの煮物に入れると
コクがでて美味しいらしいですよ。
 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
 

今年に七五三をする予定の子供さんが
いらっしゃる方は、七五三をする日が
とても待ち遠しいことでしょう。
 

最近は、記念撮影だけでお参りをしない方が
増えているようですが、ちゃんと神社
お参りに行くことをおすすめします。
 

そして、子供が無事に育ったことを
感謝しましょう。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ