七五三のお参りの時期はいつがいい?9月でもいいの?


七五三って、本来は11月15日の「七五三の日」に
神社へお参りするものらしいですね。
 

しかし、近頃では11月15日が平日などで都合が悪い場合、
その家族の都合良い日変更してお参りされています。
 
n1257640932
 
七五三のお参りの時期は、両方の親の都合などもあるので、
日を決めるのが難しいですよね。
 

そこで、今日は「七五三お参り時期はいつ頃がいいのか?」、
また、少し早いが「9月七五三をしてもいいのか?」などについて
調べましたので紹介します。
 

★TOPICS

  • 七五三のお参りの時期はいつからいつまで
  • 七五三のお参りの時期は9月でもいいの?
  • 七五三のお参り!午前と午後のどっちがいい?
  • 七五三のお参り!仏滅は避けたほうがいい?
  •  

    スポンサーリンク
       
     

    七五三のお参りの時期はいつからいつまで

    七五三お参りの時期ですが、
    正式には11月15日に行うものです。
     

    しかし、近頃では各家庭都合などを考慮して、
    お参りお祝いが行われることが多いようです。
     

    一般的には10月の中旬を過ぎた頃から、
    11月中旬までの時期で七五三のお参りや
    お祝いをされる家庭が多いです。
     

    だから、先述の時期の内、七五三のお参りに参加される方々の
    都合が良い日で時期を決められたら良いと思います。
     

    七五三のお参りの時期は9月でもいいの?

    なかには10月や11月が出産と重なり、
    七五三のお参りに行けない方々もいらっしゃるようです。
     

    そのような場合は9月七五三のお参りに
    行ってもいいのでしょうか?
     

    以前は数え年でお祝いするのが殆どでしたが、
    最近では満年齢でお参りするのも多いようです。
     

    また、9月はまだ暑い日も多いので、
    慣れない着物を着るのも大変だと思います。
     

    だから、その年は子供と近くの神社にでも
    賽銭をもって無事に成長できるようにお参りだけに行き、
    来年に七五三をずらせばいいでしょう。
     

    七五三のお参り!午前と午後のどっちがいい?

    753-66364_640
     
    七五三のお参りですが、午前午後
    どちらでも構わないようです。
     

    なかには、
    「神社にはお昼を過ぎてお参りするものではない」と
    おっしゃる方がいらっしゃるようです。
     

    しかし、そんなことはありません
     

    ただ、あまり遅くなると神社の祈願やお守りなど、
    全てが閉まってしまうので、何時まで受付
    してもらえるのか、前もって確認しておきましょう。
     

    七五三のお参り!仏滅は避けたほうがいい?

    七五三のお参りで家族や親戚などの都合の良い日が
    仏滅だった場合は日を変えたほうがいいのでしょうか?
     

    おめでたいことをするのに、大安の日が良いと
    思っている方が多いので、七五三大安の日
    される方が多いと思います。
     

    私も、調べるまでは「仏滅の日に七五三はダメに
    決まってる」と思っていました。
     

    しかし、大安や仏滅といった六曜人が考えた
    占いのようなものらしいです。
     

    だから、神様仏様には全く関係がありません
     

    よって、七五三のお参りは仏滅を避ける
    必要はないし、気にすることもないようです。
     

    とは言っても、ご両親など、実際は気にする方
    多いので、可能な限り仏滅を避けるほうがいいと思います。
     

     

    最後に

    いかがでしたでしょうか?
     

    七五三のお参りの時期ですが、最近は昔と違って
    結構自由になってきているようですね。
     

    でも、あまり早すぎたり、遅すぎたりすると
    人も少なく、寂しい七五三になってしまうかも
    しれません。
     

    だから、一般的に七五三でお参りする人が多い、
    10月中旬以降から11月中旬くらいがいいでしょう。
     

    楽しい七五三になるといいですね。


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    このページの先頭へ