赤ちゃんのインフルエンザ 予防接種の時期は?いつから受けられる?


今シーズンインフルエンザですが、どうでしょうか?
現段階ではまだ予想はされていないようです。
 
 
しかし、毎年流行することは間違いなさそうですね。
 
 
私の小学6年生になる娘達(双子)は昨冬、
インフルエンザのB型にかかってしまいました。

infuruenza

もし、これが「赤ちゃんの時にかかっていたら
と思うと、ちょっと怖いと思いました。
 
 
赤ちゃんがいらっしゃるお母さん方には、
インフルエンザ予防接種
気になるのではないでしょうか?
 
 
今日は赤ちゃんのインフルエンザの予防接種に
ついて詳しく紹介します。

スポンサーリンク
   
 


 
 

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種はいつから?

a0006_001870

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種ですが、
生後6カ月(満6カ月)から受けることができます。
 
 
そして、これは希望する人だけが受ける
【任意接種】で、有料になります。
 
 
外出が少ない場合や保育園に行ってない場合は、
あまり心配はいらないかも知れません。
 
 
生後6カ月までの赤ちゃんは、
仮にインフルエンザにかかっても、

お母さんからもらった抗体の効果があるので、
軽い症状で済む場合が多いからです。
 
 
しかし、保育園に行き集団生活をしている場合や、
1歳くらいになって外出が増えてきたら、
早めに接種の計画を立てましょう。
 
 
あと兄弟がいる場合で、上の子からの感染が
心配な場合は上の子と一緒に受けるといいですが、
出来れば家族全員が受けるのが好ましいです。
 
 
※インフルエンザのワクチンの効果は1シーズンしかないので、
昨年予防接種を受けていても、再度今年も受ける必要がありますよ!
 
 

インフルエンザ予防接種を受ける時期はいつがいいの?

a1180_010849

抗体が病気をブロックするのに適切な水準になり、
インフルエンザワクチンの効果が現れるのは、
接種後1カ月ほどかかります。
 
 
そして、接種してから半年くらい経つと、
抗体の効果が薄れてきます。
 
 
日本でインフルエンザが流行するのは、
だいたい1月~3月くらいなので、
この時期に効果があるように接種するようにします。
 
 
赤ちゃんの場合はインフルエンザの予防接種を、
通常1~4週間の間隔をあけて、2回接種しますが、
間隔は4週間前後が最も効果があると言われています。
 
 
何故2回接種するかというと、1回の接種では
十分な抗体効果が得られないからです。
 
 
だから、流行と予想される頃の約1カ月前までには、
1回目の予防接種を済ませておくようにします。

赤ちゃんのインフルエンザの
予防接種の2回接種の時期ですが、
1回目を11月の上旬まで
2回目を12月の上旬まで
済ませておきましょう。

 

卵アレルギー(卵を少量摂取しただけで
ショック症状や呼吸困難に陥る人)の赤ちゃんは、
インフルエンザの予防接種を受けることが出来ません。

 
 
何故かというとインフルエンザワクチンに
鶏卵の一部が使用されているためです。
 
 
心配な場合はかかりつけの医師相談しましょう。
 
 
もし、赤ちゃんが予防接種を受けられない場合は、
家族の方全員が予防接種を受けて、
インフルエンザが流行したら、
人ごみへの外出は控えましょう。
 
 

インフルエンザ 他の予防接種と一緒に受けても大丈夫?

 
子供が小さいうちは、受けるべき予防接種が
たくさんありますよね。
 
 
生ワクチンである「麻疹(はしか)」、「風疹」などは
予防接種後、4週間は他の予防接種を受けられません。
 
 
しかし、インフルエンザの予防接種は、
不活化ワクチンなので接種後1週間もたてば、
他の予防接種を受けられるのです。
 
 
赤ちゃんのインフルエンザの予防接種の時期は
地域での感染症の流行状況にもよりますし、

赤ちゃんの体調などにもよりますので、
かかりつけの医師とよく相談して決めましょう。
 
 
a0001_014063
 
 
毎年新しく作られるインフルエンザワクチンですが、
だいたい10月の中旬に医療機関に届いているようです。
 

赤ちゃんは風邪をひいたりして接種が
延期になってしまう場合が多いです。
 
早目に計画をたて、赤ちゃんを
インフルエンザから守ってあげて下さいね。

 


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ