魚の冷凍保存の期間はどれくらい?美味しく保存する方法はコレ!



いくら美味しくて好きな魚でも、続くと飽きますし、
頑張ってレシピのレパートリーを増やしたとしても、
沢山の魚を、一気に食べつくすのは至難の業です。 
 
sakanareitoutop
 
そんな時に、お役立ちの冷凍保存
 

でも、「はいったいどのくらいの期間冷凍保存出来るの?」
「美味しく食べるための解凍方法は?」
色々わからないことがいっぱいです。
 

今回は、お魚の冷凍保存について、まとめてみました。

スポンサーリンク
   
 

魚を冷凍保存するとこんなに便利

魚は特に鮮度を保つのが大変ですので、
冷凍保存するのががおすすめです。
 

新鮮な魚を冷凍すると、またいつでも
新鮮な魚を食べられます。
 

生のまま冷凍保存も勿論良いですが、
時間に余裕のある方は、下味を付けたり、
調理した後に冷凍保存しましょう。
 

煮魚冷凍は、忙しい方にはとても便利
おすすめしたい方法です。
 

タラなど、味噌漬けなどして焼くと美味しいです。
 

漬け置きだけでも、生よりは日持ちしますが、
沢山ある時は味噌漬けの魚も冷凍保存すると、
手間が省けて大変便利です。
 

美味しい冷凍保存方法とコツ

reitouko
 
冷凍保存のコツは、頭や内臓など臭み苦味出る部分
下処理してから冷凍するのがおすすめです。
 

その際水気もキッチンペーパーなどでふき取ります。
 

下処理おろそかにすると、解凍した時に
生臭くなるので少し面倒ですが、
下処理は面倒がらずに丁寧にしましょう。
 

ラップに包んで冷凍も良いですが、
フリーザーパックなどに入れて冷凍したほうが、
冷凍焼けなどを防げ、長期間の保存に適しています。
 

カレイの煮つけなど、煮魚冷ましてから冷凍します。
 

美味しく冷凍保存するポイントは余った煮汁などを
一緒にいれると解凍した時に
パサパサせず美味しく食べられます。
 

賞味期限の目安はどれくらい?

 
魚の種類にもよりますが、美味しく食べるには
1か月くらいが目安です。
 

冷凍しているので、期限が過ぎても腐敗することは無いため
食べる事はできますが、少し冷凍やけしてしまったり、
パサついたり、美味しさは損なわれます。
 

風味食感新鮮なまま感じたい方は、
冷凍保存後遅くとも3か月以内に食べるようにすると、
新鮮な魚に近いまま、美味しく食べられます。
 

美味しく解凍するには?

冷凍のまま、冷蔵庫ゆっくりと時間を
かけて解凍するのが美味しく解凍できる方法です。
 

室内で常温解凍も出よいですが、忘れて解けすぎてしまうと
鮮度が落ちてしまうので気を付けましょう。
 

電子レンジにも解凍機能があるので、
利用する事は可能ですが水っぽくなったり、
部分的に焼けてしまう事もあるため注意が必要です。
 

最後に

旬の魚は美味しいですよね。親戚や知人から
季節のお魚を頂いたり、安いからと買いすぎたり、
冷蔵庫がいっぱいになりがちです。
 

そんな時に、便利な冷凍保存の方法。
ご活用いただけましたでしょうか。
 

今年は便利な冷凍保存で、旬な魚を美味しく保存して、
美味しく食べて頂けたら嬉しいです。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ