喪中はがきの書き方とマナーや例文!出す時期はいつ?


急な不幸があった時、最愛の人を失った時、
気持ちが沈んで喪中ハガキを準備する気力も
失ってしまう事もあるかも知れません。
 
hasutop
 
何をどうしたら良いのか、
わからない事も多い事でしょう。
 

今回は、急な不幸の後にも慌てずに
対応できるよう「喪中はがき書き方マナー」や
時期例文について、をまとめました。
 

スポンサーリンク
   
 

喪中はがきとは?

身内に不幸があった場合など
「喪」に服す期間とされ一般的には1年間は、
お祝い事などは避けて過ごします。
 

年賀状も「喪中」は控えます。
 

しかし、自分が「喪中」だからと、
一方的に年賀状を送らないのは、
年賀状の交換をしていた人に失礼になります。
 

そこで、年賀状のやり取りが出来ないという事を、
前もってお伝えする年賀欠礼状
喪中はがき」というものです。
 

喪中はがきの正しいマナー

両親配偶者兄弟姉妹
配偶者の両親の場合はほぼ例外なく、
喪中ハガキを出すのが一般的でしょう。
 

以前は、一般的に「喪中ハガキ」を
出す範囲は2親等までの親族に
不幸があった場合とされていました。
 

しかし、近年では2親等では
出さない事も増えてきたそうです。
 

祖父母、兄弟姉妹の配偶者、
配偶者の兄弟姉妹が2親等になります。
 

この場合は親せき付き合いの頻度や、
同居している場合など、喪中ハガキ
出すか否かは、状況に応じて様々です。
 

迷った場合は、家族相談するか、
身内の年配の方などに相談する事をお勧めします。
 

喪中はがきはいつだすの?

喪中ハガキ」は11月中旬から12月初旬
出す事が多いようです。
 

年賀欠礼のお知らせですので、本来は
年内に届けばいいのですが、「喪中ハガキ」が
届いた場合は、年賀状は控えるのが一般的です。
 

だから、相手の方が「年賀状を書き始める前」に
お知らせすると良いでしょう。
 

年賀状の受付は12月15日からですので、
遅くとも12月10日くらいまでに届くように。
 

準備は、早けれは11月初旬には用意しておくと
良いかも知れません。
 

不幸が12月にあった場合など、
ハガキを出すのが12月中旬を
過ぎてしまっても仕方ありません。
 

焦らず、年賀欠礼のお知らせとして
「喪中ハガキ」を用意しましょう。
 

間にあわない場合は、年が明けてからで構いませんので、
欠礼状を出せなかったお詫びも添えて、
寒中見舞いなどでお知らせすると良いでしょう。
 

喪中はがきの例文

hagakiai
 
●例1

喪中のため新年のご挨拶は
謹んでご遠慮申し上げます。

亡き祖父の喪中につき、年末年始のご挨拶を失礼させて頂きます。
明年も変わらぬご交誼のほどよろしくお願いいたします。

平成  年  月

 

●例2

喪中につき年末年始のご挨拶は
失礼させて頂きます。

(父○○ 去る○月○日 ○○才にて永眠)
皆様にはどうぞよいお年をお迎えください
寒さに厳しい折からご自愛のほどお祈り申し上げます

平成  年 月

 
 

自分で書くのもいいですが、ネットショップで
喪中はがきを注文するのも
手間要らずでいいかも知れませんね。

楽天市場の「喪中はがき」 の検索結果一覧はこちら

最後に

出来れば避けて通りたい事柄ですが、
元気に生きている以上何度かは訪れてしまう、
最愛の人や、近親者とのお別れ。
 

そんな時に、少しでも故人の冥福を
お祈りできるよう少しでも
お役にたてたら幸いです。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ