会社の新年会!司会進行の使えるプログラムと例文はここ!


もうすぐ12月になりますが、これから
年末にかけて忘年会、年を明ければ新年会
会社などで飲み会が増えますね。

そんな中で、会社の忘年会や新年会の
幹事司会を頼まれる方もいらっしゃることでしょう。

sinnenkai

例えば、初出勤したら、1月半ばの会社の新年会で、
幹事司会をすることになってしまった!
さあ、どうしますか?

そこで今日は、会社新年会忘年会
幹事や司会を頼まれてしまった方のために、
司会進行プログラム例例文などについて紹介します!

スポンサーリンク
   
 

新年会の司会者の役割

まず、司会者には、どのような役割
あるのでしょうか。

新年会の司会は、当日の進行役でもあり、
タイムキーパーでもあります。

当日の予定が、すべて順調に進み、
お店の予約時間内に、終わるようにするのが、
司会の役割です。

あいさつや、乾杯の音頭をとる上司を、
上手に持ち上げるのも、司会の役割です。

さらに、スピーチや余興をする人を、
うまく紹介するのも、司会の役目。

自分が目立ちすぎないで、進行させ、
新年会を盛り上げるのは、
司会の言葉に、かかっています。

初めて、新年会の司会をする人でも、
準備をして、ちょっとだけ、予行練習すれば、
うまく司会を、務められます。

これから、うまく司会をこなすコツを
お教えしますので、ご心配なく!

会社の新年会!司会のあいさつ

sikassiyatop

新年会の開始閉宴をするのが、
司会のあいさつになります。

新年会は、司会のあいさつ、新年のあいさつ、
乾杯、飲食開始の順番で進みます。

会社の人たちは、早く飲みたい食べたいと、
思っているので、どんどん進行させます。

始めの司会のあいさつは、手短に、
こんな感じで、始めます。

新年会の始まり!司会のあいさつ例

みなさん、時間となりました。

それでは、改めまして、
あけましておめでとうございます。

本日の司会を、担当いたします、
○○(部署)の○○(自分の名前)です。
本日は、よろしく、お願いいたします。

まずは、新年の始まりを、祝しまして、
○○(部署)の、○○(苗字)○○(肩書き)に、
ごあいさつを、いただきたいと存じます。

それでは、○○(苗字)○○(肩書き)、
お願いいたします。

 

新年会をスタートする、司会のあいさつは、
この程度でよいのです。

新年会の閉会!司会のあいさつ

終わりのあいさつは、締めの後ですから、
短くしましょう。

たいへん楽しい新年会となりました。
これでお開きとなります。

忘れ物に注意して、お帰りください。
本日は、ありがとうございました。

 

会社の新年会!司会進行のプログラム例

新年会の幹事が、
あいさつ、乾杯、スピーチ、余興など、
担当者と、持ち時間を、決めています。

司会に、その内容を、メールなどで、
伝えてきますから、すぐに、プログラムを作ります。

新年会の司会進行プログラムは下記の例のように、
時間担当者内容などを当てはめて作成していきます。

■新年会司会進行プログラム(例)

時間 内容 担当者 肩書 具体案
5:50 受付準備
受付開始
○○男
○○子
経理
受付
参加費を受け取り、名簿にチェック
6:00 開催 ○○介 営業 司会挨拶・進行
6:02 新年挨拶 ○○斗 A部長 挨拶3分
6:05 乾杯 ○○朗 B部長 2分
司会一言 どうぞ飲んで食べてください
飲食開始 30分くらい
6:35 司会 食事に区切りを入れる
次のスピーチ指名
6:38 スピーチ ○○良 A部 スピーチ
6:43 司会 次のスピーチ指名
7:00 司会 新しい料理が出てきたので、食べましょう
7:11 司会 では、これから○○(余興)をいたします。まずは・・・
7:12 ものまね ○○香 ○課
7:16 司会 コメント
7:20 漫談 ○○雄
○○太
7:40 司会 サプライズのお年玉ゲットゲームの説明
7:42 司会 ゲーム開始
7:48 司会 ゲーム終了お年玉プレゼント授与
7:50 司会 終宴のナビ
挨拶者紹介
7:51 閉会挨拶 ○○恵 ○○部代
7:54 司会 締めの指名
7:55 締め ○○大 ○部 3本締めか1本締めか
7:57 司会 閉会
8:00 幹事 忘れ物チェック
清算、領収書確認

進行進行表の更新のたびに、
第1(案)H○年○月○日・・・、
最終案H○年○月○日と書き込みます。

司会の、閉会のあいさつまで、
新年会プログラムに、書き込みます。

会社の新年会の流れが、具体的になりました。
これで、当日がより明確にイメージできます。

当日、小さく印字して、持っていれば、
名前、肩書き、内容を間違えずに、
時間通りに、進行できます。

司会進行で気をつけるべきポイントとは?

司会進行で気をつけるべきポイント
下記にまとめました。

名前を間違えない

司会進行で、一番まずいのは、紹介する人の
名前や肩書きを、間違えることです。

名前を間違えないようにする為には、
以下のようにしましょう。

  • 会社内で、名前の読み方、肩書きを、確認する
  • 新年会プログラムの名前に、フリガナを書く
  • また、紹介する時、名前は、苗字だけでいいですが、
    同じ部署に、同じ苗字の人がいれば、
    下の名前まで、紹介しましょう。

    時間が予定より遅れてきたら

    時間が、予定より、遅れたら、
    3分のところを、2分でお願いします」と、
    紹介の時に、お願いします。

    新年会プログラムの後半は、
    持ち時間に、余裕を持たせておけば、
    1、2分ずつ、遅れを取り戻せます。

    閉宴時間を、予約時間より
    5分短く、新年会プログラムを作れば、
    ここでも、調整がききます。

    これを、しっかり実行すれば、
    初めての人でも、新年会の司会が、
    卒なくこなせます。

    プログラムがあれば、大丈夫です。
    司会も、しっかり食べて
    新年会を楽しみましょう。

    司会をスムーズにこなすには?

    当日、司会でスムーズに話すために、司会の話す内容を、
    できるだけ短い言葉で書いて台本をつくります。

    書けたら、に出して、読みましょう

    同僚や友人に、聞いてもらうと、
    自分で気付かない、間違いも見つけられます。

    えー、」「あのですね、」などの、
    癖が出ないようにします。

    また、語尾伸ばす癖にも、気を付けましょう。

    最後に

    いかがでしたでしょうか?

    司会って、初めてする方にとって、
    なかなか難しいと思います。

    緊張もするでしょう。

    しかし、新年会や忘年会の盛り上がり
    司会者にかかっていると言っても過言ではありません。

    場を盛り上げるために、明るく大きな声
    司会を頑張りましょう!


    スポンサーリンク

     

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    Current ye@r *

    このページの先頭へ