プレゼンテーションで人を惹きつける話し方のコツとは?


最近、プレゼンテーションは営業の人だけではなく、
一般の社会人にとっても身近な存在になり、
必要なスキルになっているようです。

purezentop

あなたは、プレゼンテーションする時に、
失敗せずに、印象に残るように、
話すコツを知っていますか?

プレゼンテーションのスキルを
学ぶ機会は少なく、苦手な方は多いようですね。

そこで、今日はプレゼンテーションで人を
惹きつけるコツ話し方をご紹介します。

スポンサーリンク
   
 

人を惹きつけるプレゼンテーション

プレゼンテーションは仕事だけでなく、
様々な機会においてとても大切な役割になっています。

伝える人は聞き手にどのような説得力のある話し方で、
どう伝えるかによって伝わり方違ってきます。

また、話し方次第で相手に対してのインパクトが
全然違ってくるのです。

では早速、人を惹きつけるプレゼンテーションに
ついて紹介していきましょう。

資料作成は準備にすぎない

プレゼンテーションは、資料作成をして、
それを、当日説明することだと、思っていませんか?

資料作成は、プレゼンテーションの目的ではありません。

プレゼンテーションの時も、会議でも、
資料を棒読みしたり、スライドを読んで聞かせたり、
資料やスライド説明に、終始してはいけません。

資料は、読めばわかりますから、渡せば良いのです。
プレゼンテーションを聞いて、重要だと納得すれば、
聞き手は、必ず後で、念入りに資料を読みます。

プレゼンテーションの目的は、聞き手に、
テーマの重要性提案結論を、熱意をもって伝え、
同感させ、納得させ、深く関心を持たせることです。

話し方のコツは、テーマについて、どんな結論に導き、
相手に、なるほど、その通りだ、それで行こうと、
同意させるように、話すことなのです。

メモと台本を作る

資料とスライドができたら、
プレゼンテーション用の台本メモを作ります。

失敗しないコツは、
台本とメモ作りにあります。

始めのあいさつは、自分のフルネームと、
資料のテーマ目的を、手短に話し、
これを、台本の初めに、書き込みます。

1枚のスライドにつき、説明1~3分です。
これを意識して、スライドの画面ごとに、
話す内容を、書き起こします。

スライドが、文字だけの構成なら、上から、
そのページのテーマ、説明や理由、結論を、
読み上げるのではなく、説明します。

スライドに関連する重要なところが資料の中にあれば、
ページを台本の横か下に書き、メモにします。

スライドごとに、説明した時、資料の何ページに、
詳しく書いてありますと、付け加えるのです。

うまく話すのではなく、簡潔な言葉で、
わかりやすい説明の台本作っておくことが、
話し方のコツなのです。

練習が決めて

台本ができたら、出して読んでみます。
時間を計りながら、スライドごとに読みます。
時間オーバーなら、説明を短く書き換えます。

時間を計って、読んで直せば、台本も洗練されます。
リハーサルを繰り返すつもりで、大きな声で読みます。
すらすら話せるまで、声を出して練習します。

えー」「あのー」「それでですねー」などの言葉は、
1回たりとも、使わないでください

録音して、自分の話し方を、チェックして、
話し方の悪い癖を、これをチャンスに治しましょう。

練習の繰り返しこそが、失敗しないコツです。

印象づけが、成功のカギ

話す順序構成と、言葉の上手な選び方も、
プレゼンテーションでの、話し方のコツです。

始まりの言葉は、「本日お話しするのは・・・です
今回の提案は・・・です。」と、
テーマをはっきり話すのが、コツです。

説明つなぎには「次に」「では」「加えまして」
「さらに申しますと」「なぜかと言いますと」
「以上の理由により」と、短い言葉を使用します。

話の中で、他人の失敗の話をしてはいけません。
批判的な言葉も避け、自分の意見を言う時は、
様々なご意見もありますが」と前置きします。

聞き手が聞きたい情報を出す
タイミングも大切です。

新しい情報、商品、困りごとの解決策などは、
聞き手が、身を乗り出して聞きたいと思うことです。

プレゼンテーションが始まってから、早い段階で、
このような、結論を匂わせる言葉を使っても良く、
始めから、聞きたがる結論を話しても構いません。

情報を早く知らせることにより、
話に集中し、プレゼンテーションの内容が、
結果的に聞き手に、強く印象付けられるからです。

■服装をきちんとすることも忘れずに!

当日の服装をきちんとすることも重要です。

プレゼンテーションの前に、鏡を見て、
にっこりした顔を作ってみましょう。

見た目は、成功の50%を握っています。

最後に

プレゼンテーションで人を惹きつけるのは、
そんなに難しいことではないことが
お分かりいただけましたでしょうか?

本番では、できるだけ、聞き手の顔見ながら
見るのは最低、メモだけにし、にこやかな顔で話します。

必ず、うまく話せますから、コツをおさえて、
プレゼンテーション準備練習をしてくださいね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ