女性の結婚式の服装マナー!意外と気づかない注意するべきことは?


結婚式は、新郎新婦の晴れの日。

fukusoutop

招待された女性も、おしゃれができる日ですね!

しかし、忘れてはいけないのが、
主役は新郎新婦」であるということです。

だから、女性が結婚式披露宴に参加するときには、
派手なパーティードレスなどは避けるべきなのです。

あなたは結婚式で気を付けなければいけない
服装のマナーをご存知ですか?

そこで、今日は女性結婚式披露宴に参加するときの
服装マナーについて紹介します。

スポンサーリンク
   
 

女性の結婚式や披露宴の服装!白や薄い色はNGの代表

結婚式披露宴と招待された女性は何を着ていくか
髪型やアクセサリーはどうするか、結構悩みます

せっかくだから、普段着ない服や着物を着たいと、
そう思うのが女性の心理ですね。

でも、結婚式の服装にはマナーがあり、NGもあります。

結婚式の白いドレスは、花嫁だけの特権ですので、
白い服装や白いショールはNG

薄い色で、会場の強い光で、白く見えてしまうものも、
結婚式では、服装のマナー違反です。

だから、薄いピンク、薄い黄色、薄い水色、ベージュ
などもNGですね。

結婚式の式場や披露宴の会場では、
招待された人は、座っている時間長くなりますね。

だから、薄い色の服やショールは、
上半身が白っぽく見えてしまうのです。

もちろん、自然の白髪ではない、
派手染めた髪、白いウィッグもマナー違反ですよ。

黒い服装はOK?NG?

黒いドレスを持っているので着たいとか、
新しく買うなら今は持っていない黒にしたい、
体が細く見える黒い服装にしたいという人もいますね。

黒い服装でも、光沢のある生地、ラメが入っている生地で、
喪服イメージされないデザインならOKです。

喪服ではないけれど、真っ黒なドレスの場合には、
キラキラ系の、ゴールドやラメ、カラーストーンをあしらった、
アクセサリー、ベルト、バッグ、靴を身に着けます。

新郎新婦のご家族ご親族であれば、女性は、
黒いドレス黒留袖を着ることも多いですね。

黒を選ぶときは、葬式イメージさせるような、
黒い靴黒いバッグ身に着けないようにしましょう。

また、黒ではなくても、毛皮ファー革製品は、
殺生をイメージするものとして普通はNGです。

露出度に注意

rosytu

結婚式では、新婦より目立つような、
露出度の高い服装は、NGです!

基本は、膝が隠れるか、それより長い丈の服装です。

肩や胸元を、露出するような服装や
ボディラインを強調するような服装もやめましょう。

また、着物の着付けでも、襟足あけ過ぎないように、
気を付けて、着付けてもらいましょう。

当然なのですが、夜のお仕事を思わせるような服装や、
派手な網タイツ風のストッキングはやめましょう。

ただし、夜の披露宴や2次会は、服装のマナー異なります。

高級ホテルで行われる披露宴は正装である、
イブニングドレスを意識した服装でロング丈が基本です。

2次会は、気楽に参加できる服装でも、
一般的には、白でなければ、参加した女性同士で、
楽しめる服装で構いません。

また、2次会では、新婦が全く別の色のドレスに着替え、
これから結婚したい女性が、白い服装司会をつとめる、
といった演出をする場合もあります。

近年では、夏の結婚式で、胸元の露出をあまりしない、
肩出しドレスは、NGでは、なくなりつつあります。
ただし結婚式の式場内では、肩にショールを羽織りましょう。

式場の格式によりますが、若い人集まる結婚式なら、
新婦を引き立てるように、色やデザインに気を付ければ、
肩を出すタイプの服装も、良いかもしれませんね。

洋装で気を付けたいこと

■20代、30代の女性の服装
20代、30代の女性なら、明るい色のドレスを選びましょう。
基本は無地ですから、柄物選ばないでください。

結婚式で、あまり貧相な服装をしているのは、
招待してくれた方に対して、失礼なことなのです。

ですから、スーツやパンツスーツなどのビジネス着
普段着のようなデザイン、綿やフリース素材の服装、
ブーツや布製のバッグなどは、結婚式ではNGです。

妊娠中や乳児連れ、怪我などでパンツスーツを選ぶ時は、
ラインが緩やかで、優雅デザインの服装にしましょう。

光沢のある生地や織のものなら、マナー違反なりません
結婚式の服装は正装ですから、パンツ丈はロングです。

パンツスーツでも、アクセサリーやバッグに、
光沢があり、高級感のあるものにすれば、
結婚式でも大丈夫な服装です。

髪型も、ほかの人と比べて、貧相にならないように、
ボリュームを付けたり、エクステンションを付けたり、
光沢のある素材ヘアアクセサリーをつけましょう。

■40代以上の女性の服装
40代以上の女性ならば、明るい派手なドレスでは、
かえって、結婚式で浮いてしまいますね。

落ち着いた色合いのドレスや、ドレススーツで、
少し高級感のある、シルク、サテン、ベルベットなど、
厚みのある生地服装にすると良いですね。

バッグやアクセサリー、靴などの小物も、
服に合わせた、高級感のあるデザインを選びましょう。

バッグは、パーティー用の小さなものにして、
着替えやメイクの道具はすべて預けましょう。

ブランド物大きなバッグは、フォーマルではないので、
結婚式の場には不向きでNGです。

アクセサリーですが、指輪はたくさんつけません。
ネックレスや、イアリングまたはピアスは、
色や素材を、指輪合わせるのが、マナーです。

着物のマナー

kimono

結婚式の服装に、着物を選ぶ場合には、
着物の種類や色袖の長さなどに注意が必要です。

独身女性は、袖の長い振袖が礼装ですが、
結婚式でも、袖丈が85cmの中振袖ならOKです。

20代後半を過ぎ、振袖はもう着たくないという女性には、
結婚式で、訪問着を着ることを、お勧めします。
訪問着は、既婚未婚を問わず、着られる服装です。

また、既婚の女性なら、訪問着以外にも、
結婚式で色留袖を着るのも、良いですね。
最近は、色留袖が、女性に好まれているようです。

黒留袖は、親族の女性が着る服装です。
親族や友人で、年齢の高い既婚未婚の女性が、
色留袖を着ても良いのです。

色留袖を着る場合、親族の結婚式なら、紋が5つ
友人の結婚式なら、紋が3つというのが、
恥をかかない選び方となります。

レンタル着物の店は、和装マナーを知らないこともあります。

結婚式の服装で、色留袖や訪問着を選ぶ際には、
呉服屋さんのホームページで、質問すると良いでしょう。

着物の色ですが、新婦が和装で、打掛を着る時には、
赤、オレンジ、ピンク、金色が入った柄が多いので、
これらの色が目立たない色や柄の着物を着ましょう。

着物と帯の素材は、厚みのある絹製にします。
バッグと草履は同じ柄のものにします。

最近は、ピアスをつけっぱなしの女性も多いのですが、
着物の時アクセサリーは、基本的に指輪以外NGです。

髪型は、着物のボリューム感合わせて、セットします。
ボリューム感を出し、ヘアアクセサリーで、
上手にコーディネートしましょう。

民族衣装はNGですか?

結婚式の服装マナーで、洋装と着物については、
ご理解いただけたと思うのですが、
チャイナドレスなど、民族衣装はどうでしょうか。

普通の友人の結婚式ならば、親族に配慮して、
着ていかないほうが良いですね。
丈の短い、化繊のチャイナドレスNGです。

上海、香港、台湾で購入した、チャイナ柄の刺繍入りの、
スーツやドレススーツなども、気を付けましょう。
着て行っても大丈夫かどうかは招待者によります。

例えば、結婚式をする新郎新婦、ご親族、友人が、
あなたの仕事の関係や家庭の事情で、
外国との交流が盛んだと理解しているなら大丈夫です。

今は結婚式の様式も、友人関係もさまざまなので、
一概に、民族衣装が、絶対ダメとは言えません。
外国人女性なら、自国の正装で来るかもしれません。

新郎新婦と友人とで企画した、人前結婚式なら、受付で、
インドに行った友人が、サリーを着て、自分を目立たせ、
案内係として、友人達を席に案内するのも良いですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

結婚式に招待された女性は、新郎新婦の家柄や、
式場と披露宴会場の格式理解して、
結婚式に着ていく服装を選びましょう。

そうすれば、新郎新婦もご親族も、自分自身も、
マナー違反で、恥ずかしい思いをしないですみますね。
おしゃれをして、結婚式を盛り上げてきましょう。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ