今しか体験できない冬のアクティビティー!スノーカイトの予約はココ!


今話題のアクティビティー
スノーカイト』ってご存知ですか?

スノーカイトはgoogleのテレビCMに
ほんの少し映っているのでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

googleのテレビCM(最後のほうにスノーカイトがでてきます)

スノーカイトはここ最近、うなぎのぼりに注目度が
高まっており、Yahoo!トラベルではレジャーランキング1位
なるほど人気のアクティビティーなんですよ!

日本でも注目が高まりつつあるスノーカイト
いち早くチャレンジし、マスターして
皆の前でカッコ良く滑ってみませんか?

そこで、今日はそんな話題のアクティビティー「スノーカイト」に
ついて、『スノーカイトとは?』や『どこで予約できるのか?
などについて紹介していきますのでお楽しみに!

sunowkitetop

★TOPICS

今話題の冬のアクティビティ、スノーカイトとは?
上達すればどんなことができるの?
どれくらいで練習すれば滑られる?
スノーカイトに必要な道具は何?
スノーカイトはどこで体験予約できるの?

 

スポンサーリンク
   
 


 

今話題の冬のアクティビティ、スノーカイトとは?

今しか体験できない、話題の冬のアクティビティー、
スノーカイトとは、パラグライダーのような形をした
大きなカイト(凧)を操りながら、雪上をスノーボード
スキー滑走するウィンタースポーツです。

風力を利用するために、リフトなどは必要なく、
雪原を走ることができたり、緩斜面なども
上っていくこともできます。

カイトボードに比べると、小さな力滑走できるので、
スノーボードやスキーが滑れれば上達早いようですよ。

最新のスノーカイトは安全に造られていて、講習を受ければ
手軽に滑れることから、近頃はヨーロッパやアメリカ、カナダで
人気は急上昇中!

そして、日本でも人口が着実に増えている、
今注目のウィンタースポーツです。

上達すればどんなことができるの?

スノーカイトで上達すれば、スキー場だけでなく、
自然の雪原思うよう滑ることができるようになります。

スノーカイトがパラシュートのような役割をするので、
高いジャンプをしても、滞空時間が長く、
ゆっくり着地をするので安全ですね。

また、慣れれば、風下だけでなく風上方向滑れたり
風向きが合えば、斜面だって登ることもできるんですよ!

さらに条件が合えばリフトがないところでも登っていけるので、
スノーカイトで登っていき、そこから滑って降りると
いう楽しみもあるようです。

どれくらい練習すれば滑られる?

sunowkite2

まずは、ボードやスキーを履かずに
カイト操作練習から行います。

天気さえ良ければ、カイトの上げ下ろしなどの
手元操作技術は、半日もあればマスターできます。

そして、慣れてきたらスノーボードやスキーを履いて
滑り出しの練習をします。

パートごとに区切り練習をするために、
初めての方でも安心して行えます。

個人差はありますが、自分一人練習できるようになるまで、
スキーの場合1~2日スノーボードだったら、
2~3日程度で滑走できるようになるそうです。

スノーカイトに必要な道具は何?

スノーカイトに必要な道具はスノーボードや
スキーの他に以下のものが必要です。

カイト(一式で10~20万円くらい)

ハーネス(1万5千円~3万円くらい)

ヘルメット(2千円~5万円くらい)

 

■スノーカイトに適しているスノーボードとスキー
スノーボードはだいたいどんな種類のものでも使用できますが、
おすすめはフリースタイル用フリーライド用軽いボードです。

アルペン・タイプのスノーボードは方向性があるため、
初心者にとって反対向きに進むことが難しいので適しません。

スキーは長さ150cmくらいの幅が広い板が適しています。

スノーカイトはどこで体験予約できるの?

スノーカイトができるゲレンデは障害物のない
のある雪原です。

現在、日本全国でスノーカイトに適したゲレンデを
開拓されているようですが、現在スノーカイトが
可能な場所は函館、岩手、新潟、長野、福井などにあります。

しかし、初めてスノーカイトを始めるには、
スクールに入らないと不安ですよね。

スクールがあるゲレンデは函館、岩手、長野にありますが、
そのうち長野県には3ヶ所もあるのでオススメです。

スノーカイトのアクティビティーの予約はこちら

長野県のスノーカイトスクール1日(5時間)と
2日のコースがあり、菅平高原ゲレンデ白樺湖上
白樺湖周辺の霧ヶ峰、美ヶ原、長門牧場などで開催されています。

長野のスノーカイトスクールの予約2日前の20:00まで
受付されていますが、定員になると受付終了になるので、
日が決まれば、早めの予約をおすすめします。

1日でマスター出来るかどうか不安な方は、2日コースの予約を!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ