フライボードとジェットレブの違いとは?体験できる場所はどこ?


ちょっと古い話になりますが、以前に有吉さんが
夏休み密着100時間でジェットレブフライヤー
乗っていたのを覚えてらっしゃいますか?

水圧水上を自由自在に飛びまわれるので、
病み付きになる方も多いようです。

ジェットレブ JetLev Flyer

有吉さんが体験されていたのは、ジェットレブフライヤー
いうのですが、似たようなマリンスポーツにGoogleのCMで
やっていた「フライボード」というのがあります。

どちらも、水圧で空を飛ぶことができるアクティビティ
なのですが、どこが違うのでしょうか?

そこで今日は
フライボードジェットレブフライヤー違い」や、
体験できる場所」などを紹介しますのでお楽しみに!

★TOPICS

・フライボードとは?
・ジェットレブフライヤーとは?
・フライボードとジェットレブフライヤーの違い
・フライボードが体験できる場所は?
・フライボードが体験できる期間は?
・ジェットレブフライヤーが体験できる場所は?

 

スポンサーリンク
   
 


 

フライボードとは?

フライボードとは噴射装置をに装着し、
その水圧の力で水上を飛び回ることのできる
マリンスポーツです。

ここ最近はGoogleのCMなどで話題が沸騰し、
人気急上昇中アクティビティー

バランスを取るために両手ノズル
両足からのウォータージェットは水上オートバイの
噴射口を利用していて、自分で噴射を操作できます。

フライボードは見た目的には難しそうですが、
思ったより簡単で、個人差もありますが、
10分~15分くらいで空を飛ぶ体験ができるようです。

フライボードは水上で飛び回っていることから、
危険そうに感じる方が多いかも知れません。

しかし、協会が安全規定設定しており、
現地のインストラクターもこの規定に沿った範囲
体験を提供しています。

だから、インストラクターの教えを守ることで、
安全性確保することができるでしょう。

後ほど紹介しますが、フライボードは
日本体験できるところがあります。

ジェットレブフライヤーとは?

ジェットレブフライヤーとは背中に背負った
バックパックに取り付けられたノズルからの噴射の力
水上を飛び回ることのできるマリンスポーツです。

このジェットレブフライヤーのジェット噴射は
インストラクター水圧操作しますので、
自分はノズルの操作をする必要はありません。

体験した方の口コミによると、装備がかなり重いそうで、
ジェットで浮力をかせげないと、沈んでしまったり、
顔から水面に落ちることがよくあったそうです。

また、インストラクターがジェット噴射の操作をするために、
インスタラクターによっては茶目っ気を発揮し、
わざと着水」ということもあるようですね。

このジェットレブフライヤーは世界でもあまり台数が
ないらしく、沖縄でもまだ体験できないようです。

フライボードとジェットレブフライヤーの違い

フライボードジェットレブフライヤー違い
簡単な表にまとめました。

フライボードとジェットレブフライヤーの違い

比較項目 フライボード ジェットレブフライヤー
噴射口の場所 足元 背中
装備の重さ 普通 思い
噴射の操作 自分 インストラクター
体験の価格 安価 高価
上達の早さ 早い 遅い
日本で体験 可能 不可

 

フライボードはジェットレブフライヤーに比べて、
装備も軽く、自分で水圧を操作するので、
扱いやすいようですね。

また、日本体験できるところが、
あるので体験しやすいようです。

フライボードが体験できる場所は?

furaibodotigaitop

日本国内でフライボードが体験できる場所は
まだ、あまり多くはありません。

体験できる場所が多いのは、やはり沖縄県ですね。

体験できるプランですが、大半が初心者用ですが、
なかには中級や上級のプランがあります。

◆フライボードが体験ができる場所

山梨県南都留郡(山中湖)
神奈川県逗子市(逗子マリーナ)
千葉県市川市(市川マリーナ)
静岡県湖西市(浜名湖)
愛知県西尾市(マリンヤード幡豆)
大阪府泉南郡(淡輪海水浴場)
兵庫県たつの市(AQUARIZ)
愛媛県今治市(しまなみ海道大島南)
愛媛県南宇和郡(愛南町) 上級 中級
愛媛県松山市(相子の浜)
熊本県上天草市(樋合海水浴場)
長崎県西彼杵郡(琴ノ海海水浴場)
沖縄県名護市(カヌチャリゾート ビーチサイドカフェラナイ)
沖縄県中頭郡(アラハビーチ)
沖縄県うるま市(トンナハビーチ)
沖縄県うるま市(うけんビーチ)

 

フライボード体験プランの詳細はこちら

フライボードが体験できる期間は?

フライボードマリンスポーツなので多くの場合、
3月や4月から11月くらいまでの期間にしか、
体験できる場所が多いようです。

しかし、場所によっては通年体験できるところもあります。

◆フライボードが通年体験できる場所

・沖縄県中頭郡(アラハビーチ)
・沖縄県名護市(カヌチャリゾート ビーチサイドカフェラナイ)
・沖縄県うるま市(トンナハビーチ)
・長崎県西彼杵郡(琴ノ海海水浴場)
・兵庫県たつの市(AQUARIZ)

 

体験を申し込む時に注意するべきこと

フライボード体験予約申し込むときに
気を付けなければいけないことが少しあります。

●年齢や身長制限などについて
例えば、10歳以上12歳以下保護者同伴が必要だったり、
中学生以上でないと体験ができなかったり、
身長制限があるなど場所によって様々なのです。

だから、フライボードを子供も一緒に体験する場合は、
よく対象年齢などや身長制限などがないか、
よく確認して体験予約しましょう。

ジェットレブフライヤーが体験できる場所は?

現在ジェットレブフライヤーが体験できる場所は、
日本にはないようです。

体験しようと思えば、ハワイなどに行くしかないようです。

ハワイのオアフ島で現地オプショナルツアーとして
開催されているようです。

ツアー予約はJTBハワイの予約販売専門サイトから
申し込みができるようです。

JTBハワイの予約販売専門サイト
 https://www.hawaiioption.com/item/1803/

最後に

いかがでしたでしょうか?

フライボードとジェットレブの違いは
分ったと思います。

ジェットレブフライヤーが日本で体験できないので
残念に思った方もいらっしゃることでしょう。

しかし、最近、急上昇中の話題のマリンスポーツである
フライボードなら日本体験できる場所があります。

通常の方なら10分~15分程度練習
飛行することができるようです。

慣れてくれば自由自在に飛びまわれるように
なるので楽しさ倍増しますよ!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ