相生かきまつり2015に行っていろいろ食べてきました!



昨年に食べたあの牡蠣の味が忘れられなくて、
今年も相生かきまつり2015に行ってきました。

3sute-ji

昨年は一番下の娘と2人だったのですが、今年は
もう一人増えて、双子の娘達と計3人です。

昨年の相生かきまつりでは、「殻付焼ガキ」や
「相生 牡蠣 レシピコンテストのグランプリ受賞作品」を
食べることが出来なかったので2015年は食べようと思いました。

そこで、今回は短い時間で効率よく目当ての牡蠣料理を
食べることに重点をおいて、自分なりに戦略をたてました。

今日はその相生かきまつり2015様子やどんな順番で、
牡蠣料理の料理屋台をまわっていったか、また、
協賛会場の相生市立水産物市場にも行ってきたので、
そちらの様子も合わせて紹介します。

スポンサーリンク
   
 

相生かきまつり2015の詳細

まずは相生かきまつり2015の
日時や場所などの詳細を紹介します。

1kakimaturitop

◆相生かきまつり2015

日時:2015年2月8日(日曜日)9:00~15:00
場所:IHIふれあい広場(兵庫県相生市相生5292付近)

●チラシ
表⇒イベント内容や駐車場など

裏⇒屋台一覧や会場図

●主な催し

相生牡蠣の販売
市内飲食店による牡蠣料理屋台
ステージで催し物
相生市立水産物市場(協賛会場)でも催し!

 

①相生牡蠣の販売
2kakihikikae
引換券の販売:8:30~売り切れ
カキの引換え:9:30~

むき身(約500g):1,000円
殻付(約1.5kg) :1,000円

②市内飲食店による牡蠣料理屋台
3bazahanbai
店オリジナルのメニューから定番メニューまで、
とっても美味しいカキ料理が勢ぞろいしていました。

③ステージで催し物
・レシピコンテストの表彰式
・双葉中学校演奏学部の演奏
・神戸大学JUG穴(ジャグリング)
・相生産業高校軽音楽部の演奏
・相生みなとの女王も登場など

④相生市立水産物市場(協賛会場)でも催し!
カキ以外の水産物やカキのムキ身や殻付が
購入できますし、カキ料理が楽しめます。

後で、ちょっとお得な情報もありますので、
お楽しみに!

相生かきまつり2015の駐車場&シャトルバス

◆駐車場
相生かきまつり2015の駐車場は
以下の4箇所です。

那波小学校、那波中学校
相生市役所、青葉台小学校

昨年は相生産業高校に駐車できたのですが、
今年はパンフレットに記載されていませんでした。

駐車場では青葉台小学校だけシャトルバス
送迎がありましたが、他は徒歩で相生かきまつりの
会場へ行くことになります。

私が今回に駐車場として利用したのは那波中学校で、
徒歩で会場まで約10分くらいでした。

那波中学校に到着したのが8時15分くらいだったと思いますが、
すでに数十台の車が駐車していました。
5tyuusilyajyou

那波小学校相生市役所はもう少し遠いので、
会場までは15分以上かかるのではないでしょうか。

歩くのがイヤな方などは青葉台小学校に駐車して、
シャトルバスを利用するといいでしょう。

とは言っても、シャトルバスの乗り場から
相生かきまつりの会場までは数百メートルあるので、
2~3分は歩く必要があります。

一番近い駐車場から順に並べると
那波中学校(会場まで徒歩)
那波小学校(会場まで徒歩)
相生市役所(会場まで徒歩)
青葉台小学校(会場までシャトルバス)

◆シャトルバスについて
6silyatorubasu

シャトルバスですが、2系統運行されています。

JR相生駅⇔会場(有料:大人100円、小学生以下50円)
時間:8:30~15:30

青葉台小学校⇔会場⇔水産物市場前(無料)
時間:9:00~15:30

私は会場から水産物市場前まで利用しましたが、
最大5分も待てばバスが到着しました。

かきまつりに持って行った物

相生かきまつり2015当日に持っていった物や、
持っていったら良かったと思うものや不要だと
思ったものをちょっと紹介します。

当日は昼から予報だったのですが、
傘を用意するのを忘れていました。

だから、車の中にいつも積んでいる傘を
持っていったのですが、普通の傘だったので、
持ち運びが少し面倒で邪魔になりました。

やはり、こういう時には折りたたみ傘
便利だと思います。

常識ですよね!

◆持っていったもの

・リュックサック
・携帯用イス2
・お盆
・水筒(温かいお茶)
・ペットボトル(冷たいお茶)
・クーラーボックス(中に畜冷剤を入れて)
・カメラ

 

以上のなかで持っていって使用したものは
リュックサック、水筒、ペットボトル、
クーラーボックス、カメラです。

美味しいカキ料理をたくさん食べるので、
渇きますし、大変寒いので、
温かいお茶は大変美味しかったです。

ただ、娘達はペットボトルの冷たいお茶を
飲んでいました・・・。

やはり、若い子は元気ですね!

あと、クーラーボックスは購入したカキのむき身
殻付カキを持って帰るのに利用しました。

◆持っていったが不要だったもの
・携帯用イス2
・お盆

購入した料理を座って食べようと思い、携帯用のイスを
持っていったのですが、ちょっと行儀が悪いかもしれませんが、
並んでいるときに立って食べたので不要でした。

他にも列に並びながら、立って食べている方を多数見かけました。

そして、今回はどんぶり形状の料理(カキ汁、うどんなど)を
複数購入しなかったのでお盆使用しませんでした。

しかし、お盆は持っていっても殆ど邪魔にならないし、
購入する料理によって必要な場合も
あるかも知れないので持っていってもいいでしょう。

あと、2015年の相生かきまつりから料理を食べるときに
便利なようにテーブルが用意されていました。

私達は利用しなかったのですが、たくさん買って
ゆっくりと食べるにはテーブルはあると便利ですね。

相生かきまつり2015年の戦略

戦略というのはちょっと大げさですが、
いかに効率よく短時間で相生かきまつりの料理を
楽しむために屋台をまわる順番を考えました。

牡蠣の購入は後からでもできると思い、料理を優先に
考えたのが以下の順番です。

①殻付焼ガキ販売(9:00~)
②カキの大ちゃん包み揚げ(9:00~)
③相生牡蠣レシピコンテストグランプリ作品(10:00~)
④ここからは二つに分かれて順次食べたい料理の屋台をまわる

 

実際にバザーコーナーをまわってみて

11時30分頃でもカキの引換券はあったので
最後に引換券を買うつもりで、先に料理のブースを
まわることにします。

昨年の相生かきまつりでは殻付焼ガキと
相生牡蠣レシピコンテストグランプリ作品が
長蛇の列で食べることができませんでした。

だから、以上の二つは絶対食べるぞ!ということで、
一番に並んだのは「殻付焼ガキ(2個300円)」です。

確か、8時35分くらいだと思うのですが、すでに10人ほどが
並んでいたので、慌てて列に並びました。
7karatukinarabi

9時から「殻付焼ガキ」の販売が始まり、
すぐに購入することができ、美味しくいただきました。
7karatuki

次に並ぼうとしていたのは「カキの大ちゃん包み揚げ」という
毎年大人気でカキに大根の千切りを衣にして揚げた料理です。
11daititan

この料理は昨年食べた中でも1、2位を争うくらい人気で、
30分くらい並んでようやくGETできた料理なので、
今年も是非食べたかったのです。

どんな料理かは、「相生牡蠣祭り2014に行ってきた感想」で
紹介していますのでご覧くださいね。

殻付焼ガキを食べ終わり、いざ並ぼうとすると
「カキの大ちゃん包み揚げ」の列にはすでに長蛇の列が・・・。
11daitilyanretu

時間は9時10分くらいで、まだ、
バザー開始から10分ほどしか経っていません。

この列の人数だと購入できるまでは1時間以上かかりそうです。
「こりゃ駄目だ!今年は諦めるしかないな」

「最初から二手に分かれて並んでおけば良かった」

結局、「カキの大ちゃん包み揚げ」は諦めました。

「相生牡蠣レシピコンテストグランプリ作品」の
販売10時からなので、まだ40分以上あり、
次に食べる料理を物色することになりました。

私と娘2人は食べたい料理が違うので、
それぞれ二手に分かれて食べることにしました。

その時に娘達には食べ終わったら、先に
「相生牡蠣レシピコンテストグランプリ作品」のブースに
並んでいる列に集合することを伝えました。

私はそれまでに食べれそうな比較的、
並んでいる人数の少ないブースで
カキ入り煮込みホルモンうどん」にしました。

娘達は「カキ入りお好み焼き」が食べたいそうです。

9時20分頃は「カキ入り煮込みホルモンうどん」は
そんなに行列もなく、3分くらい待てば
購入することができました。

食べてみるとなかなかホルモンの味がよく効いた
濃厚な味のうどんで、濃い味の好きな私は
とても美味しく感じました。
8nikomihorumon

ただ、カキは主役ではなく脇役的な存在でした。

でも「美味しかったなぁ!

食べ終わって「相生牡蠣レシピコンテストグランプリ作品」販売の
ブースを見るとすでに10人くらい並んでおられました。

時間は9時30分を少し過ぎていました。

あわてて私はその列の最後尾に並びました。

その後、時間が経つにつれて私の後ろには長蛇の列ができ、
最終的には会場中心部くらいまで伸びていました。
10resipiretu

そして時間は9時50分頃になり、ようやく娘達が
戻ってきました。

今年の「相生牡蠣レシピコンテストグランプリ作品」は
「愛オイスター・ライスコロッケ」という料理です。

一人2個までの購入なので、各2個づつ購入して
食べました。
10resipi

中にカキが入っていてなかなか美味しかったですね。

その後に食べたカキ料理は以下のとおりです。

・カキのタレ焼き
10taretuki
甘辛いタレがかかっていてまあまあおいしかったですね。

・カキフライ
11kakifurai
衣に少し味が付けてあり、その味とカキの味の
ハーモニーが素晴らしく、今までに食べたことのない
カキフライの美味しさでした。

・カキ入りお好み焼き
9kakioko
このカキ入りお好み焼きにはソースがたっぷり
かかっていて美味しそうでした。

・カキピロ(カキ入りピロシキ)
12pirosiki
この「カキピロ」にはカレー味と和風味があったのですが、
娘と私もカレーが好きなのでカレー味を「ピロシキ」を
2個購入しました。

カレー味のピロシキの中にはカキや春雨や他に
いろいろな具材が入っていて美味しかったですよ。
12pirosikikaki

時間は11時を少し過ぎ、そろそろ満腹になってきたので、
牡蠣の料理を購入するのは終わりにして、
牡蠣の引換券購入しようと思いました。

すると娘が「牡蠣の引換券の販売は終わったと放送しとったで」と
言うではありませんか。

昨年は11時過ぎでも全然余裕で買えたのに、
2015年は10時30分くらいに売り切れになっていたようです。

どうりで並んでいる人の人数が多いような気がすると
思ったら、本当に今年は来場者の数が昨年よりも
大分多かったようですね。

仕方がないので相生かきまつりの会場で買えなかったカキ
購入する為に水産物市場へシャトルバスで行くことにしました。

相生市立水産物市場に行きました

DSCF2596

相生市立水産物市場でもカキのむき身殻付カキが売られていて、
価格も内容量も本会場と同じのようでした。

むき身は建物の中で、殻付は外のテントで販売されていました。

とりあえず、むき身と殻付を一つずつ購入してから、
まわりを見ると、何かの行列がありました。
13yakigakiretu
 
13suisanyakyaite

何かと思えば、焼ガキ1個ずつ
無料で配っているではありませんか!

これは頂かなければと思い、早速列に並んで
美味しい焼ガキを頂きました。
13suisanyakigaki

ご馳走様でした。

今回、カキ以外は興味がなかったのですが、
市場ではいろいろとカキ以外の水産物
売っていたようです。

あと、市場ではカキのバーベキュー
楽しむことができます。

市場で買ったカキをそのまま網に乗せて焼くことができ、
獲れたての新鮮なカキの味は格別だと思います。

機会があれば、利用してみたいですね。

最後に

今回の相生かきまつり2015ですが、昨年よりも
多くの来場者があり大変盛況だったようです。

今回も食べようと思っていた「カキの大ちゃん包み揚げ」を
食べることが出来なかったのでちょっと残念です。

やはり、最初から「殻付焼きガキ」と「カキの大ちゃん包み揚げ」の
二手分かれて並んでおくべきでした。

しかし、いろいろなカキ料理を食べることができました。

そして、カキの引き換え券が売り切れになったこともあり、
水産物市場に行くことができ、嬉しい誤算というか、
焼きガキを無料で味わうことができて満足しています。

また、持ち帰ったカキのむき身入りのお好み焼きや
殻付カキは大変美味しかったです。

出来ればまた、来年も行きたいですね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ