大根の袋栽培の育て方!ベランダでも育てられる方法とは?



よく味が染みた、おでんの大根
とても美味しいですよね。

そんな大根ですが、がないと
育てられないと思っていませんか?

5syukaku

実は、大根はベランダ家の庭でも
育てることができるのです。

そこで今日は大根袋栽培育て方
紹介しますので参考にして下さいね。

スポンサーリンク
   
 

大根の袋栽培で必要なもの

大根の袋栽培で必要なものは、
主に肥料です。

●種
大根は品種が多く、青首大根もあれば、
煮物に最適な三浦大根、そばの薬味にする辛味大根、
酢漬けにすると綺麗な赤大根などがあります。

そして、大根には、春蒔き秋蒔きなど、
蒔く時期が異なる品種があります。

蒔き時を間違えてしまうと、
大根にならないうちに、花が咲いてしまいます。

買う時は、蒔き時がいつかを、
必ずチェックしてから、購入してください。

また、大根の種はとても小さくて、ひと袋にたくさん
入っていますが、袋で栽培する時に使うのは、
ひと袋あたり6~12粒です。

蒔き時期が長いものはビニール袋に入れて、
冷蔵庫保存すれば次に使えます。

ただし、1年以上たってしまうと
発芽しにくくなります。

だから、残った大根の種はプランター
浅く土を入れ、ばら撒きしておけば
間引き菜として食べることが出来ます。

●袋

1fukuro

この袋が大根畑代わりになります。

用意する袋は、お米の袋肥料袋漬物袋など、
大きくて丈夫な袋です。

お米の袋なら、5㎏や10㎏用の、厚いもの、
お米の紙袋もガムテープで補強すれば使えますし、
防水コーティングしてある宅配便の袋も使えます。

縦の長さが40cm以上の袋を用意してください。

袋は袋が立ち、水はけを良くするために、
補強をして下の両側切り落とします。

薄い袋は、2重に重ねて使いましょう。

レジ袋やごみ袋などは薄くて切れやすく、
太陽の光で劣化するので使えません。

●土
土はホームセンターなどで売っている
培養土を使います。

野菜用のを購入すれば大丈夫です。

●肥料
肥料は苦土石灰、有機配合肥料、油かすなどが
入った野菜用の肥料を用意します。

 

大根の種まきの時期はいつ?

大根の種まきの時期ですが、
春蒔き秋蒔きの二つの時期があります。

春蒔き:3月上旬~6月下旬
収穫 :5月下旬~7月下旬

秋蒔き:8月中旬~10月上旬
収穫 :10月中旬~12月中旬

 

大根の袋栽培の育て方

①土に肥料を混ぜます
土は、野菜の土や畑の土が適しています。

肥料は化学肥料を大さじ2杯ぐらい入れます。

肥料を入れ過ぎないようにしてください

化学肥料の代わりに、発酵鶏糞、油粕、米ぬかを、
1つかみずつ入れても良いです。

②肥料を混ぜた土を袋に入れます
袋を立てた状態で切ったところから
土が出ないように時々、手のひらで
押しながら詰めます。

土を袋の8割ぐらいまで入れ、大根が
育ち始めたら土を足します。

最初から土を入れ過ぎないでください

③土に穴を開ける
土を入れたらボールペンの先で、
深さ5mmぐらいの小さな穴を4~5個開けます。

穴は深すぎると芽が出ません

④種を入れる
先ほど開けた穴に3~4粒ずつ入れます。

種を蒔いたら穴を土でふさぎます。

⑤水を撒く
土が動かないようにじょうろで静かに
たっぷり水を撒きます。

袋はあまり雨の当たらない、
日当たりの良い場所に置いておきます。

水は3~5日1度くらいの頻度で撒きます。

大根の芽が出てからの世話

種を蒔いてから数日すると、
大根の芽(小さな双葉)が出てきます。

2futaba

毎日、が付いていないか、
気を付けて観察してください。

が開いていると小さなイモ虫
大根の葉についていると思いますので
すぐに割り箸でつまんで取ってください。

土の表面が乾いたら、
じょうろで静かに水を撒きます。

ぎざぎざの大根の本葉の長さが、
5cm以上になったら間引きします。

3gizagiza

間引きはの方法は一番元気
1株だけ残し他を抜きます。

4mabiki

 

残した一株の根元に周りの土を寄せ、
大根の根が出ていたら土をかぶせ、
葉の付け根土につくようにします。

間引きした大根の葉は、
刻んでお味噌汁に入れると良いですよ。

間引後の大根の世話

虫が付かないように注意し、
土の表面が乾いた時には、
水をじょうろでたっぷり撒きます。

根が腐ったり、病気になったりしますので
撒き過ぎは良くありません。

大根が育ってくると、大根の根は上にも育ちます。

袋の土の表面から大根せりあがりますので、
その時には大根の根の周り土を足します。

大根の芽が出てから1か月後に、
袋の表面追肥を撒きます。

大根から、5cm以上離して大さじ1杯の化学肥料を
輪を描くように撒いてから水をかけます。

また、化学肥料の代わりに油粕を、
ひとつかみ撒いても良いですよ。

こんなときは

【大根の葉に茶色い斑点が出たら】
病気ですので、スプレー容器に酢を入れ、
3日おきにスプレーしましょう。

【秋遅くに種まきして育ちが悪い時は】
黒いビニール袋の底の中央をくりぬき、
上から大根を植えた袋にかぶせます。

くりぬいた穴から大根の葉を外に出します。

風で飛ばないように黒い袋をひもで縛るか、
ガムテープで固定します。

大根の収穫時期

5syukaku

大根の収穫時期は芽が出てからおよそ
2カ月後ですが、大根の育ちが遅い場合は
3カ月かかることもあります。

大根の収穫があまり遅くなると、
大きく育っていなくても、
塔がたって花が咲いてしまいます。

このような場合にはもったいないと思わずに、
袋から大根を引き抜いて収穫しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

この袋を使用して栽培する方法ならベランダで
しかも簡単に大根を栽培できるとは思いませんか?

最後に普通なら要らないと思って捨ててしまう
大根の葉利用法を少し紹介しておきますね。

大根の葉は美味しくて栄養があり、
お味噌汁に入れても良いです。

また、大根の葉の糠漬けにしても美味しいです。

その他に大根の葉を細かく刻んで刻んだベーコンと、
ゴマ油で炒め、醤油とコショウで味をつけますと
簡単なふりかけができます。

ベーコンの代わりにジャコ鰹節を、
一緒に炒めても美味しいですよ
この場合は、コショウを入れません。

その他には大根の葉を天日でカラカラに干し、
それを洗濯ネットに入れて湯船に入れると
体を温める入浴剤代わりになりますよ。

いろいろな使い方があるので、
大根の葉も捨てないで利用して下さいね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ