簡単な落花生栽培!発泡スチロール箱を使用した育て方はコレ!



そろそろ気候も暖かくなってきて、
ビールの美味しい季節がやってきましたね!

ビールのおつまみといえば、ピーナッツ
連想する方も多いと思います。

ピーナッツは英語名で日本名は
落花生」と言うのをご存知ですよね。

raltukaseisaibaitop

この落花生は、夏に涼しくない地域なら、
ベランダでも、とっても簡単
育てられるんですよ!

あなたもビールのお供に美味しい、
落花生を育ててみませんか?

とっても簡単なので初めての方でも
美味しい落花生が出来るでしょう!

そこで今日は簡単な落花生栽培の方法として、
発泡スチロール箱を使用した育て方と、
美味しい食べ方も紹介しますのでお楽しみに!

スポンサーリンク
   
 

落花生の種まきの時期

落花生は地温が20℃以上に
ならないと発芽しません。

外気温にして25℃を超えることの
ある時期に種まきをします。

従って落花生栽培の一般的な種まき時期
5月中旬~5月下旬になります。

しかし、暖かい地域では5月初旬頃で、
寒冷地では6月初旬頃を目安にするといいでしょう。

落花生の栽培で用意するもの

発泡スチロール箱を使用した落花生の栽培には、
だいたい以下の物が必要になります。

・発泡スチロール箱 40cm×60cm×深さ20cmぐらい
 (大き過ぎると多くの土が必要になります)
・生ごみ用の水切りネット 1枚
・土(野菜の土、細かい赤玉土、畑の土など)
・肥料 化学肥料ひとにぎり、
    または、発行鶏糞と油粕、あれば米ぬか 各1/2カップ
・ピクニックシート、または大きめのバケツ
・カッター、はさみ、スティックのり
・移植ごて、じょうろ

 

落花生の種

落花生の種は、産直センターや道の駅で、
食用に販売されているので見つけることができます。

生落花生という名前で、売られています。

殻つきのものと殻から出して、小豆色の皮
ついている、すぐ使えるものがあります。

必ず、「」を購入してください!

遠赤外焙煎など、火を通したものは芽が出ません。

余談ですが、種まきの残りは美味しく食べてくださいね。

フライパンで炒って塩を振り、または、
中火の油で3分揚げて塩を振って食べます。

手づくり好きな人はミルサーで砕いてすり鉢ですり、
温めながらバターと砂糖を加えて練り、
手作りピーナッツバターを作っても良いですよ。

落花生栽培に必要な発泡スチロール箱の作成

まずは発泡スチロール箱でプランターを作りましょう。

2haltupou

普通のプランターでは幅が狭すぎたり、
あまり大きなものにすると土がたくさん必要になります。

発泡スチロール箱なら、ちょうど一株落花生を、
育てるのにちょうど良いプランターができますよ。

大きめの発泡スチロール箱を用意したら、
底に、カッターで穴をあけます。

穴はカッターを刺して切り抜いて、
1cm×2cmくらいの穴を10個以上あけましょう。

この大きさの穴だとそのままでは土がこぼれますので、
生ごみ用の水切りネットを切ってスティックのりで貼ります。

あけた穴の周りにのりを塗って貼ってもいいですし、
カットしたネットを穴にあて上から、のりを塗ると、
簡単に貼り付けられますよ。

落花生栽培の種まきの準備

種まきの前にまず、発泡スチロール箱を
置く場所を決めましょう。

土を入れ、水を撒くと重くなり移動すると、
発泡スチロール箱が壊れることがあります。

ですから、はじめに日当たりの良い場所に、
発泡スチロール箱を置く場所を決めて
そのあとを入れます。

ベランダなどで、水はけ悪ければ
あらかじめ、発泡スチロール箱の下に
レンガブロックを置いておきましょう。

発泡スチロール箱に半分くらい入れます。

残りの土をピクニックシートに広げて、
肥料を加えてから混ぜます。

ピクニックシートがなければ、2、3回に分けて、
バケツで土と肥料を混ぜても良いです。

この土を、発泡スチロール箱に入れましょう。

土がふわふわしていたら、軽く手のひら押して
土を落ち着かせましょう。

土を入れる量は、発泡スチロール箱のふちから
3~4cmほど下の位置までです。

入れ過ぎると後で土寄せが
できなくなるので注意して下さいね。

落花生栽培の種の蒔き方

落花生栽培の種の蒔き方は
とっても簡単です。

まずは、真ん中に4cmくらいのをあけます。

その穴に3~4粒入れて、土をかぶせます。

じょうろで、たっぷり水をまいて、
種まきは終了です。

もし、カラスやハトがいたずらに来る心配があったら、
発泡スチロール箱の上に大きめの透明なビニール袋を、
切って広げて被せてセロテープでとめましょう。

芽が出てきたら、ビニールの覆いをはがしても、
もう、いたずらされないので大丈夫ですよ。

葉っぱが丸く、3枚付いた芽が2つ伸びてきます。

落花生の世話

2raltukasei

種まきから先は3日に1回の頻度で水やりだけをすれば、
落花生を育てるのには、まったく手がかかりません。

水は1度にたっぷり撒きます。

土が乾かなければ、3~4日間は
水を撒かなくて大丈夫です。

発泡スチロール箱の土が湿っていれば心配ないので、
水をやりすぎないでくださいね。

7月、8月暑い日が続く時には、
土が乾いていないか気を付けましょう。

落花生を育てる時は、肥料入れ過ぎていなければ
病気も、ほとんど心配ありません

もし、落花生の葉っぱに茶色い斑点が出たら、
これは病気なのでスプレー容器にお酢を入れ、
葉の表面に、3日に1回、スプレーしましょう。

7月になると、黄色い小さな花がつきます。

発泡スチロール箱の中の株の葉を持ち上げて、
土から少し上の茎を見てみましょう。

この花が咲き終わると、花がついていたところから、
土に向かって、まっすぐな白っぽいつるが伸びて、
まるで新しい根のように土の中に入っていきます。

この先端に落花生の実ができるのですが、
これが、落花生という名前の由来です。

つる伸びはじめたら、発泡スチロール箱の、
ちの方の土落花生の根元かき寄せます

新しい土を、根元を覆うようにかけても良いです。

3raltukasei

落花生の収穫時期と方法

6raltukasei

■収穫の時期
落花生の収穫の時期は種を蒔いてから
130日くらい、花が咲いてから約90日くらいです。

一般的には9月下旬~10月上旬で、
葉が黄ばんできて下枝が少し枯れ始めた頃
収穫の目安となります。

実がたくさんついているか、楽しみですね!

■収穫の方法
ピクニックシートか新聞紙を
発泡スチロール箱の横に広げておきましょう。

落花生の株の周りの株から15~20cm離れたところに、
移植ごてを刺して、根ごと土持ち上げます。

発泡スチロール箱の土を落花生の周囲をぐるりと、
移植ごてで持ち上げていきます。

これが終わったら、ゆっくり、落花生の株もとを持って、
真上にゆっくり持ち上げましょう。

広げておいたピクニックシートの上で、
土をふるい落とします。

その後、発泡スチロール箱の中の土落花生
残っていないか、移植ごてで土をすくって確認しましょう。

残ってないのを確認したら、
落花生の実をつるからちぎります。

あまり小さなものは、実が入っていません

ちぎった実はすぐに水で洗い、ざるで水を切ります。

4raltukaseisyukaku

落花生の美味しい食べ方

採れたてをすぐに食べるのには塩ゆでが一番です!

鍋にたっぷりの水を入れ、海水ぐらいの濃さに
塩をたっぷり入れて落花生を40~60分茹でます。

茹でたてを、殻をむきながら食べるのが、
一番、おいしい食べ方だという人も多いです。

また、茹でた落花生は、冷凍保存ができます。

そのまま保存する場合は、天日に干して、
からからに乾いたらネットに入れて、
日が当たらない場所に保管しましょう。

保管した種は、食べることもできますし、
翌年の種としても使えますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?

実際に栽培してみる分ると思うのですが、
意外簡単に落花生ができることを
体験できると思います。

ビールのつまみには最適で、
結構美味しいのでオススメです。

落花生の栽培は発泡スチロール箱を
使用することでベランダなどの
狭い場所でも育てることができます

一度、挑戦してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ