焼き魚のきれいな食べ方のコツ!上手に食べる方法はこれ!


焼き魚を食べる時、上手くきれいに食べられる人と、
あまり、上手に食べられない人がいますね。

1atamahidari

食べ方が汚いと食べ終わった後の
汚くて目だってしまいます。

あなたは焼き魚をきれいに食べられますか?

焼き魚を見てもどこから入れていいのか
分らない方も多いのではないでしょうか。

実を言うと、私もその内の一人なのですが・・・。

そこで今日は焼き魚きれい食べ方コツ
上手食べる方法を調べてみたので紹介しますね。

★TOPICS

魚のきれいな食べ方のコツ
焼き魚のきれいな食べ方
魚を食べる時に注意すること

 

スポンサーリンク
   
 


 

魚のきれいな食べ方のコツ

魚を上手にきれい食べる人は、
食べ終わった後にお皿の片隅に、
しか残っていませんね。

一方、へたな人が魚を食べた後は、
お皿のあちこちに魚の頭や骨が、
バラバラ散らかっています。

焼き魚や煮魚を食べる時のコツは、
頭や骨を外したらお皿の
左上にまとめて置くことなのです。

また、箸の使い方が下手ですと、
骨をうまく外すことが出来ません。

普段から、家庭で焼き魚上手
食べる練習をしておくと外食時に、
恥ずかしい思いをしないで済みますよ。

焼き魚のきれいな食べ方

魚の食べ方にも和食のマナーがあります。

意外と知らない人が多いのですが、
知っていると魚をきれいに食べることが出来ます。

魚の身を食べる順番は魚の面の背側左から右
腹側左から右が最初です。

皿に接している面はひっくり返さず
骨を除いて背側左から右腹側左から右です。

これが、焼き魚食べるときの基本になります。

では、早速焼き魚をきれいに食べる方法を
紹介していきましょう。

■焼き魚のきれいな食べ方

①頭を左にしておく
焼き魚は、頭を左にしてお皿に置きます。

②魚に切れ目を入れる

2jyougesaku
※画像はクリックで拡大します

始めにすることは魚の中央部分、
背骨に沿って切れ目を入れることです。

多くの魚には、側面に点線の模様があり、
この下に背骨が通っています。

魚のえら骨のすぐ右に箸の先端を刺し、
しっぽの付け根まで、箸で線を
入れるように魚の身を割きます。

③背側左から食べる

3segawahidari

魚の頭を押さえ、箸の先を背側の左の方へ入れ、
少し、身を持ち上げるようにします。

すると、簡単に魚の上側の身が外れます。

この時、背側の身をひっくり返さないで、
魚の形のまま外れたところから食べます。

魚の背側の身を一口分、箸で持ち上げて、
落とさないよう口に運びます。

先述のようにして魚の背側の身を、
左から右に食べていきます。

④しっぽと身を分ける

4situpomiwakere

しっぽの付け根の身は外れにくいので、
右端を食べる前にしっぽのそばの身を外します。

魚のしっぽの付け根には細い骨がありますが、
魚のしっぽの付け根の身が硬ければ、
外せる部分でしっぽと身を割き分けます。

5made

⑤腹側の身をはがす

6erasitehasi

7erasitahagasu

魚の背側を食べたら、腹側の身をはがします。
上から、腹側の身と背骨の間に、箸を入れ、
魚の腹側の身を開くようにします。

この時は、魚の腹側の身が完全に開いて、
腹側の皮がお皿に接した状態で、
お皿の上に身を広げてもかまいません。

また、魚の腹側の身がしっぽの付け根まで、
全部開かなくてもかまいません。

開いた魚の腹側の身に骨が付いていたら、
箸で外してお皿の左上に置きます。

その部分を食べたら、そのすぐ右側の身を、
下に開いて骨を取り食べていきます。

魚の骨があったら、食べる前に外して、
お皿の左上に置きます。

魚の腹びれの部分にも、とがった骨があるので、
箸で外してお皿の左上に置きます。

魚のしっぽの付け根の身は、背側の身と同様、
箸でしっぽの部分と離してから食べます。

10sipohazusu

⑥魚の頭と背骨を外していく

魚の上の面の身を食べ終わったら、
魚の頭と背骨を外していきます。

魚のしっぽを箸で上に持ち上げます。

11motiageru

左手で、箸で持ち上げたしっぽを受け取り、
骨の下に箸の先端を入れ下の身を抑えます。

左手で、しっぽを左に引っ張り、
背骨の下の箸を少しずつ左に移動させ、
魚の背骨をゆっくり外します。

13sebonehazusu

14sabone2

15atamahazusu

背骨が外れたら、いったん、
しっぽを元に位置にもどし、
背骨を魚の上に置きます。

左手で魚の頭を持ち、
箸でしっぽをつまんで、
頭からしっぽまでを持ち上げます。

魚の頭をお皿の左上に置きます。

17hidariuenioku

⑦魚の背骨を折りたたむ

魚のしっぽを箸から左手で受け取ります。

背骨の中央を、箸で抑え、左手で、
しっぽを左に引っ張り、
魚の背骨を、折りたたみます。

18sebonetatamu

19seoritatamu

20seboneoritta

⑧背びれ側の小骨を取る

次に、魚の背びれ側にある小骨を、
箸で取り除いて、お皿の左上に置きます。

21senokobonetoru

23senokobone3

23senokobone3

魚の腹側に小骨があるときは、
小骨を箸でつまんで、お皿の左上に置きます。

⑨下側の魚の身を分けて食べる

下側の魚の身を箸で背側と腹側に分けます。

25jyougenisaku

背側の左から、一口ずつ食べます。

26hidarisagawatabe

次に腹側の骨を取り除きながら、
左から食べます。

28harakobone1

29harakobone2

頭が大きな魚は、頭や骨、皮、内臓が、
お皿の左上に収まりません。

左上に頭を置き、上にまとめて置きます。

31tabeowari

魚を食べ終わったら、取り除いた頭や骨を、
お皿の中央に移動するという人もいますが、
かえって汚くなるので、そのままで構いません。

このようにして、食べると、焼き魚を
きれいに上手に食べることが出来ます。

魚を食べる時に注意すること

魚を食べる時に、を食べたくない人や、
内臓食べたくない人もいます。

魚のを食べたくない人は、背側の上の身を、
外した時に食べる部分ごとに、
取ってお皿の左上に置きます。

内臓を食べたくない人は魚の腹側の身を、
下に開いてから内臓を取り除き
お皿の左上に置きます。

この時、魚の内臓の下に箸を入れ、
形を崩さないようにお皿の左上に、
箸の先乗せて、移動させます。

魚の内臓を箸でつまんでしまうと、
柔らかいためにつぶれてしまい、
お皿が汚れて見た目が汚くなります。

魚の血合いも食べないなら、
集めて箸の先に乗せ、お皿左上に置きます。

内臓食べないのであれば魚を焼く前に、
下処理して取り除いておくと、
魚をきれいに食べることが出来ます。

口に入ってしまった場合は、
手で取り出さず、つまんで口から取り、
お皿の左上に置きます。

焼き魚を食べる時には、外すのに、
左手を使うので、あらかじめテーブルに、
ティッシュペーパーおしぼりを用意します。

魚が冷えてしまうと、しっぽの近くの身が硬くなり、
魚の身が、外しにくくなります。
焼きたての魚を食べるようにしましょう。

お皿冷たい時は、お皿にお湯をかけて温め
水をふき取ってから魚を盛りつけます。

以下の動画も参考にするといいですよ。

 
●魚を上手に食べるコツ!焼き魚のきれいな食べ方

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

焼き魚にも、ちゃんとした食べ方
あったのですね。

先述の方法のようにして食べることで、
焼き魚をきれいに食べることができました。

家族で、魚の食べ方を練習しておくのも、
いいかも知れませんね。

子供達は一回できれいに食べるのは
難しいと思うので、何回か練習するといいでしょう。

そうすることで、子どもでも、外食時やお友達の家で、
きれいに魚を食べることが出来て、
マナーに自信が持てますよ。


スポンサーリンク

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

Current ye@r *

このページの先頭へ