大曲花火大会2015年日程と穴場!おすすめ宿泊プランは?


夏と言えば真っ先に思い浮かぶのが「花火大会」ですよね!

oomagarihanabitop

8月には多くの花火大会が開催されますが、
中でもとっておきの花火大会があります。

それが、「大曲花火大会」です!

この花火大会には「内閣総理大臣賞」という最優秀賞が
あるんですが、これがあるのは2つの花火大会だけ!

土浦花火大会大曲花火大会だけなんです!

正式名称は「全国花火競技大会」と言って、
全国から選りすぐりの花火師さんたちが2つとない花火を
造り、その技術を競い合う大会です。

そのため、とても権威ある花火大会として
位置付けられています。

是非とも見てみたいですよね?

そこで今日は、大曲花火大会2015年の日程穴場スポット
また、おすすめの宿泊プランについて紹介しますね。

スポンサーリンク
   
 


 

大曲花火大会2015年の日程

さて、そんな権威ある花火大会「大曲花火大会」の
2015年の日程ですが既に公表されています。

【第89回全国花火競技大会(大曲花火大会)】

日程:2015年8月22日(土)
→ 昼花火:17:30 ~ 18:15
→ 夜花火:18:50 ~ 21:30

会場:雄物川河川敷運動公園、秋田県大仙市大曲西根

花火数:約18,000発(5号玉、10号玉、創造花火など)

 

 

開催日1日だけですが、2部に分かれているのが
ちょっと珍しい印象を受けました。

昼花火では「花火の形」や「色彩」で競い合い、
夜花火では「10号玉」と「創造花火」で競い合うそうです。

◆昼花火
hiruhanabi
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/konchojohn

◆夜花火
yoruhanabi
出典:http://blog.livedoor.jp/y_localgap/

特に「創造花火」は花火師さん1人1人の独創性が
目に見えて分かるので、それぞれの違いを
意識してみるとより一層楽しめるかもしれませんね!

夕方以降はずっと花火を楽しめる!という感じです。

打ち上げ数もかなり多いので、
ド迫力な花火を楽しめそうですね!

大曲花火大会の穴場スポット

昼花火から併せると約4時間という長丁場の
大曲花火大会ですが、長時間だからこそゆっくりと
見れる場所が知りたいですよね!

もちろん、有料席もあるんですが
とっても人気で抽選となっています。

なので、ここではあえてそこには触れずにいきます!

調べてみればあるある穴場スポットを
以下に簡単にまとめてみました。

◆大曲花火大会の穴場スポット

①雄物川河川敷(キャンプ場)
ここは花火の打ち上げ場所よりも上流にあるため、
かなり近くから花火を見ることが出来ます。

キャンプ場のため、車で行くことが前提になります。

車で行けば、あとはテントを用意してゆったりと
花火観賞ができ、かなり有意義な時間を過ごせるはずです。

ただし、“予約エリア”“先着エリア”とあるので、
行こう!と決めた人は早めに予約を
取っておくことをおすすめします。

 

②大曲ファミリーキャンプ場
こちらも同じくキャンプ場ですが、高台があるため
花火を綺麗に見ることが出来ます。

ただし、会場からは離れているので
音楽などは聞こえず・・・臨場感たっぷり!とは
言えませんが静かに観賞できる場所です。

 

③大曲中学校周辺
ここはいわずと知れた穴場スポットで、
仕掛け花火は見えないものの打ち上げ花火は
全て網羅できるポイントです。

人も少なめなのでゆっくりと見ることが出来ます。

ただし周辺には、私有地である畑や農道があるので、
間違っても入らないように気をつけましょう!

 

キャンプ場が結構人気のようですね。

車で行って、準備をすればそのままゆったり見れますし、
見終われば後はそのままそこで宿泊も出来ます。

夏なので虫対策必須ですが、準備を
しっかりして行けば良い穴場スポットですよね!

大曲花火大会の近場のおすすめ宿泊プランは?

長い時間、花火を楽しめるのは嬉しいですが、
正直ちょっと疲れちゃいますよね・・・。

そんなあなたにおすすめしたいのが、
お泊り観賞」です!

大曲花火大会はとっても人気のため、
宿泊ツアーなどが多く組まれているんです。

  • バスツアー
  • 新幹線ツアー
  • キャンプ場ツアー
  •  

    一番便利で楽なのは「新幹線」です。

    席は指定席なので焦ることなく座れますし、
    往復確保されているので安心できるのがポイントです。

    なので今回は「新幹線付きプラン」をご紹介しますね!

    【おすすめ宿泊プラン ~新幹線編~】

    ●フォルクローロ角館
    大曲花火大会会場近くの「大曲駅」からは
    ちょっと離れていますが、ホテル自体は「角館駅」の
    隣なのでとってもアクセスが良いです。

    なので、チェックインして荷物を置いてから会場に
    向かうとしても、全く問題ないのでおすすめです!

    【新幹線付プラン】フォルクローロ角館<JR東日本ホテルズ>

    「大宮駅発」「上野発」「東京発」があるので、
    関東圏からも行きやすいのが嬉しいプランです。

    他にも「ホテルメトロポリタン秋田」など、
    ネットで口コミ評判が高いところもあります。

    最後に

    いかがでしたでしょうか?

    この大曲花火大会では「内閣総理大臣賞」という
    名誉ある賞を得るために、多くの花火師さんたちが競い合います。

    そんな熱いたたかいを目の前で見ることが出来たなら、
    一生記憶に残ること間違いなしです!

    普通の花火大会とはまた違った空気感があると思うので、
    是非とも一度は見に行ってみたいものですね。

    8月は夏真っ盛り!日が落ちた夕方以降がメインとは言っても、
    熱気などで暑いことも考えられるので、
    暑さ対策・虫対策はしっかりして行きましょう!

    ひと夏の思い出に、大曲花火大会のお泊り観賞プランを
    ご検討下さいね。

    アツい夏が、きっとあなたを待っています!


    スポンサーリンク

     
     
    関連コンテンツ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントを残す

    *

    このページの先頭へ