看護師が転職するには?病院以外にも働く場は無限大!



看護師が仕事を辞めたいと思う理由

看護師の全体約8割が「仕事を辞めたい」と思っているといい、その理由はやはりその激務にあるといわれています。

具体的には、人手不足による激務、給与と仕事量の不釣合い、休みがない、そして病院勤務特有の夜勤がつらいというものだとか。

rirekisyo

賃金に対しては誰もが一度は思う不満の1つですが、一般企業の方からすれば看護師の賃金は高いもの。

それでもその1人1人に対する仕事量を考えると、残念ながら不満に感じるのかもしれないですね。

そこで今回は、看護師転職できる病院以外の活躍できる場や
上手な看護師の転職方法についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク
   
 

病院以外に看護師が求められる現場とは?

看護師を求めている現場は、なにも病院だけではありません。

特に現在は、国の政策によって入院期間を短くして自宅に帰って通院する事や施設での療養を勧めていますから、それに伴って福祉介護に力が入れられてきました。

福祉介護という部分では、看護師は訪問看護センターや在宅と老人ホームのような場所が複合した施設に所属する事が一般的です。

これに伴って地域密着型のクリニック診療所に勤めるという方も多いですね。

施設では病院と違い医師がいませんから、看護師の迅速で正しい判断、処置が求められます。

また、訪問看護の場合は基本的に1人でそれを決められた時間内に行いますから、そのスピード正確さが求められます。

施設や在宅介護サービスでは、入所者の健康管理や処置をするだけではないので、体位交換や着脱、入浴補助といった生活支援面での介護技術必要となります。

その為、病院勤務が長ければ長いほどそういった面で遅れをとるだけでなく、中には経歴の長さからあるプライドによって周囲や介護者家族などと折が会わないという方も少なくありません。

それだけ患者1人1人と時間かけて関われるというメリットもあるので、そういった面で魅力を感じて勤める方も多いようです。

全国の私立認可保育所を中心とした専属看護師も注目を受けています。

突発的な事故、アレルギーや障害といった問題に過敏になってきている現代にはもってこいの職場ですが、大人と違って素直に症状いえない子供の相手をするのは大変です。

また、一般企業に勤め、社員の健康促進や環境衛生に勤める産業看護師や、旅行会社の企画したツアーに同行する添乗員的なケースも増えていますし、資格を取得して保健師助産師として働くという方が一般的の様です。

中には、海外派遣看護師に登録するという兵もいますから、まさにそのフィールドは無限大であるといえそうですね。

転職を考える前にしたいこと

先輩と合わない…。

給料が安い…。

子供と遊ぶ時間がない…。

自分の実力を発揮できない…。

転職を考えるきっかけは人それぞれです。

きっと、そのきっかけのほとんどは上記のような不満からくるものなのではないでしょうか?

そこでまずしたいのは、優先順位を決める事です。

自分が仕事を優先したいのか、家庭を優先したいのか、それともプライベートを優先したいのか…優先順位を付け、項目化する事で、自身が転職に何を求めているのか分かります。

また、これを基に過去の失敗や後悔を振り返ることで、自身の弱みを知る事が出来ます。

転職してからどんな風に進みたいのかが分かるので、ライフプランを1年後3年後・・・10年後と思い浮かべるのに役が立ちますよ。

その後は、実際に転職をするに当たっての実際スケジュールを立てていきます。

sukejyurutyou

上司に離職の旨を伝える前に、自身の仕事を誰に振るべきか、引継ぎはどう行うべきかを考えた上でのスケジュール計画

そして次の仕事が決まってから上司に離職を申し出ます。

もちろん、すぐにその場で辞めますというのは失礼ですから、面接の時点で次の職場には「入社時期は○月を前提に上司と話し合います」と伝えておく事が大切です。

辞める職場には退職理由次の職場は決まっている事退職の時期を明確にし、転職の意志が固いことを表しましょう。

きっと病院としては辞められるのは(現場の人事補充的に)困りますから何かと理由をつけて説得してくるでしょうが、そこで負けないためにもそこまで考えた計画が役立つのです。

漫画やドラマのようにただ退職届を出すのは基本ありえません。

きちんと発つ鳥跡を濁さないことが大切です。

失敗しない求人情報の探し方

看護師が求人情報を探す上で失敗しない為には、看護師専門の求人情報サイト派遣サイトに登録するのが一番だと思います。

どちらのサイトにしても、看護師専門に求人情報をくれるので、自分に合った職場を探せるだけでなく、自分の要望を聞き入れてくれるスカウトという方法も探せる事が強みとなります。

特に今は、ネット上で公開出来る履歴書(エントリー)が多いです。

その為、雇う側も面接前にその人の情報をある程度知る事が出来るというメリットがあります。

エントリーシートには、今までの職場経歴やスキル、自己PRといったものを中心に、この科で、こんな事を頑張りたいといった意気込みなどを書くとより良いですね。

転職成功で「最大10万円」のHAPPYボーナス♪【ナースではたらこ】

また、通称「転職エージェント」と呼ばれる職業斡旋所に登録すると、非公開求人情報の提供を受けられるだけでなく、面接日時採用条件の調整・提示が可能に。

専属のキャリアコンサルタントがついてくれますから、転職を決めてから入職までサポートしてくれる事はもちろんの事、採用されてからの契約相違点などについても第三者目線で見てアドバイスもしてくれます。

どんな風に探せば良いか分からない、面接に自信がないなんて方もアドバイスを受ける事が出来るので、こういった面で転職初心者にはとても力強い存在になることでしょう。

まとめ

転職活動を考えているあなたへ

看護師に限らず、転職はかなりの労力を使いますし、今までの職場に対する思いや次の職場への不安なんかもありますよね。

それでも転職をしたいと思ったのには、きっと何か強い一念があったのでしょう。

転職を決めたからには、その思いを大切に最後まで諦めずにすすめていってくださいね。

もちろん色んな職場がありますから、もしかしたら転職活動を進めていく中で「今の職場の方が実は良いかも」と思うこともあります。

その後の人生を決めかねない大切なターニングポイントですから、その時はその時で良いのではないでしょうか?

もしかしたら時期ではなかったのかもしれません。

大切なのは転職するあなた自身が後悔しない事ですから、そのためには充分な下調べをし、頼りにしている方に相談してみるのが一番ベストな方法だと思います。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ